88件中 31 - 40件表示
  • 2009年のJリーグカップ

    2009年のJリーグカップから見たセルジオ越後セルジオ越後

    この行為について、日本サッカー協会(JFA)名誉会長の川淵三郎は「表彰式に臨む態度が非常に悪い。ワーストルーザー(最悪な敗者)だ」、Jリーグチェアマンの鬼武健二は「負けたのは己の責任だ。きちんとした態度で表彰式に臨まないと全ての人に対し、失礼。賞金を返還してほしいぐらいだ」、JFA会長の犬飼基昭は「スポーツ界の恥だ」と批判した一方、サッカー解説者のセルジオ越後は選手の行為に苦言を呈しつつ、その行為については「一生懸命戦って負けた悔しさが発露してしまったもの」とコメントしている。また、協会幹部らの選手に対する批判についても、スポンサーの立場を忖度し、また選手に罪を押し付けて責任を逃れるために行ったに過ぎないと批判している。2009年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 橋本光夫 (経営者)

    橋本光夫 (経営者)から見たセルジオ越後セルジオ越後

    同年9月11日、モンテディオ山形戦後にGMの柱谷を解任し、総務部長の山道守彦を強化本部長代行兼GM代行として迎えることを発表した。この解任について橋本は「選手とのコミュニケーション不足」を第一に挙げ、「S級ライセンスを所持する柱谷が存在する事で、(ペトロビッチは)遣り難い部分があった。その点、新任の山道はS級ライセンスを所持していないので安心出来る」と解任の理由を語った。その一方で、現場で指揮を執る監督ではなくGMだけを解任した点、2週間のリーグ戦中断期間が明けた直後の解任である点、同月7日のサポーターとの意見交換会の場で橋本、柱谷、ペトロビッチの三者が協力することで成績不振から脱却すると公言したばかりであった点 などから、「異例の人事」「不可解な解任劇」と見做されている。また柱谷GMは元々、橋本自らが招聘した人物であることから自身への任命責任を追及されると、橋本は「責任は私にある。この厳しい状況を改善する」と主張した。この人事について評論家のセルジオ越後は次のように評している。橋本光夫 (経営者) フレッシュアイペディアより)

  • J1昇格プレーオフ

    J1昇格プレーオフから見たセルジオ越後セルジオ越後

    一方、サッカー解説者のセルジオ越後は、自身のコラム の中で「普段、J2は見向きもされないのに、プレーオフだけ騒がれても、Jリーグ全体のレベルアップ、盛り上がりにはつながらない」「(仮に6位のチームが昇格しても)本来、シーズンを通して6番目の力しかなかったのだから、J1で通用するはずがないし、だからといって無理して補強などすれば、財政的に逼迫する可能性もある」と述べ、J2の活性化より前にJ1のレベルアップが必要だと否定的な意見を述べている。2012年・2013年にJ1昇格プレーオフを勝ち抜いた大分・徳島はいずれも翌年J1最下位でJ2に降格しており、2014年12月7日付のデイリースポーツは「来季の山形の成績次第では、大会のあり方を見直す必要があるだろう」と記している。なお、その山形も、さらには翌年プレーオフで昇格した福岡もJ1最下位でJ2に降格している。しかし、2016年に昇格プレーオフを勝ち抜いたC大阪はリーグ戦3位となり、ルヴァンカップ・天皇杯の二冠を達成している。J1昇格プレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・リベリーノ

    ロベルト・リベリーノから見たセルジオ越後セルジオ越後

    リベリーノがエラシコの発明者と広くいわれているが、リベリーノは後にコリンチャンスのチームメイトであったセルジオ越後が教えたと語っている。リベリーノが、テストマッチで初めて越後のエラシコを見た時、フルバックのエドアルドがピッチ外に出されそうになるほどのフェイントになった。リベリーノは見たものが信じられず、越後に何をしたか問うと、越後はリベリーノにやり方を教えた。越後はリベリーノに「僕が発明し、君が完璧にした」と言っている。今ではC.ロナウドやイブラヒモビッチが度々使用していることでも有名である。ロベルト・リベリーノ フレッシュアイペディアより)

  • 土肥洋一

    土肥洋一から見たセルジオ越後セルジオ越後

    プロ選手への夢を諦めきれず、日本テレビ『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の番組内企画「GENKI FC」(コーチはセルジオ越後)に出演。Jリーグクラブへのアピールを行い、ジャパンフットボールリーグ・日立製作所本社サッカー部(後の柏レイソル) との契約を果たした。土肥洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 日系人

    日系人から見たセルジオ越後セルジオ越後

    セルジオ越後 - サッカー解説者、プロサッカー選手日系人 フレッシュアイペディアより)

  • Yes!Japan

    Yes!Japanから見たセルジオ越後セルジオ越後

    セルジオ越後 (日光アイスバックシシニアディレクター サッカー評論家)Yes!Japan フレッシュアイペディアより)

  • 村上龍

    村上龍から見たセルジオ越後セルジオ越後

    2006年、自らのサイトRVR Ryu's Video Reportにおいて「ジーコジャパンを振り返る」と題して、セルジオ越後、金子達仁と共に日本のサッカー社会、スポーツ社会の問題点について議論し、日本スポーツ界があまりにもビジネス優先になりすぎている状況が語られた。村上龍 フレッシュアイペディアより)

  • 山下 大輔

    山下大輔から見たセルジオ越後セルジオ越後

    、生え抜きOBとして満を持して横浜監督に就任する。シーズン前、友人のセルジオ越後の発案で、かつての「マシンガン打線」に代わる愛称としてチームの打線に「大ちゃんス打線」という名前が付けられる。コーチ陣はヘッドコーチに江藤省三、投手コーチに小谷正勝、バッテリーコーチに福田功を招き、打撃コーチは2軍から高木由一を昇格させ、前任の森祇晶時代投手コーチの森繁和、内野守備走塁コーチの辻発彦は留任した。現役メジャーリーガーのスティーブ・コックスを移籍金100万ドル、年俸275万ドルの3年契約で獲得し、さらにFAで若田部健一、トレードで中嶋聡を獲得するなど、球団からは手厚い支援を受けたが、新加入選手は故障や不調などでことごとく戦力にならず、石井琢朗をはじめ主力選手も不振にあえいだ。森時代に4番を任されて打撃を狂わされた鈴木尚典が打率.311と完全復活、同じく森時代不振だった金城龍彦も.302打ち、多村仁、古木克明、村田修一も本塁打20本以上打ったが、投手陣が早々に崩壊し、チーム防御率4・80はリーグ最下位、失策114個はリーグ最低の守備率、三振数1110もリーグワーストだった。チームは開幕早々に最下位に沈み、同年のセントラル・リーグを制した阪神タイガースには16連敗も喫するなど、閉幕まで最下位を独走した。成績は45勝94敗で勝率.324と、ドラフト制度導入後の横浜球団史上最低勝率を記録した。監督2年目のも4月に単独首位に立つなど健闘したものの、徐々に調子を落とす。シーズン最終戦まで広島東洋カープと5位を争ったが、最終戦で最下位が決定した。同年オフ、任期満了で監督を退任した。山下大輔 フレッシュアイペディアより)

  • ツムラ

    ツムラから見たセルジオ越後セルジオ越後

    セルジオ越後 - きき湯(ナレーター)ツムラ フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示

「セルジオ越後」のニューストピックワード