71件中 41 - 50件表示
  • J1昇格プレーオフ

    J1昇格プレーオフから見たセルジオ越後セルジオ越後

    プレーオフ制度の導入については賛否両論がある。スポーツライターの戸塚啓は、自身のコラムで「J2の昇格争いはサッカー界だけの注目にとどまっているのが現状」と指摘した上で、「プレーオフ進出をかけた争いという新たな興味は、J2の中位争いに目を向けさせることになる」「(昇格争いでホームタウンが盛り上がれば)クラブの経営が少しでも上向いたり、スタジアムなどの環境整備に勢いが出てくれば、プレーオフ導入のメリットはある」と肯定的な意見を述べている。一方、サッカー解説者のセルジオ越後は、自身のコラムの中で「普段、J2は見向きもされないのに、プレーオフだけ騒がれても、Jリーグ全体のレベルアップ、盛り上がりにはつながらない」「(仮に6位のチームが昇格しても)本来、シーズンを通して6番目の力しかなかったのだから、J1で通用するはずがないし、だからといって無理して補強などすれば、財政的に逼迫する可能性もある」と述べ、J2の活性化より前にJ1のレベルアップが必要だと否定的な意見を述べている。J1昇格プレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たセルジオ越後セルジオ越後

    2002年、AFCユース選手権に出場するU-19日本代表に選出され、不動のレギュラーとして活躍。特に準決勝のウズベキスタン戦ではPK戦で2本止めるなど、獅子奮迅の活躍を見せた。2003年12月に行われたFIFAワールドユース選手権でも、イングランド戦、エジプト戦で数々のスーパーセーブを見せ、チームのベスト8進出に貢献した。この時の活躍はサッカー解説者のセルジオ越後、ジャーナリストの金子達仁といった辛口の論客たちをして「GKに関しては次世代のタレントは見つかった。川島君の存在は光でした」「川口能活以来じゃないの? ここまでGKがクローズアップされたのは」と言わしめた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • SHELLY

    SHELLYから見たセルジオ越後セルジオ越後

    キリンビバレッジ FIRE neo(2012年4月 - )岡田准一、バナナマン、ナイツ、ケーシー高峰、セルジオ越後、デーブ・スペクターらと共演SHELLY フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン翼 (ゲーム)

    キャプテン翼 (ゲーム)から見たセルジオ越後セルジオ越後

    KLabから提供されたサービスは以下の通り。いずれもソーシャルゲーム。2012年に松木安太郎・セルジオ越後を起用したコマーシャルも放映されている。キャプテン翼 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 特に負けても構わない戦いがそこにはある〜サレジオ落穂によろしく(仮題)〜

    特に負けても構わない戦いがそこにはある〜サレジオ落穂によろしく(仮題)〜から見たセルジオ越後セルジオ越後

    仮題(サブタイトル)の「サレジオ落穂」は、『かってに改蔵』でサッカーネタを取り扱った時に数度登場した、セルジオ越後に似せたパロディキャラである。特に負けても構わない戦いがそこにはある〜サレジオ落穂によろしく(仮題)〜 フレッシュアイペディアより)

  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見たセルジオ越後セルジオ越後

    2000年ごろからセルジオ越後が解説を務めていたが、仙台放送と同じく単発契約で固定されていない。実況はブランメルのジャパンフットボールリーグ(JFL)昇格決定試合(愛知県刈谷市で行われ系列の中京テレビが技術協力した)を竹鼻純が、ブランメル時代から2006年まで三雲茂晴が担当していた。2007年は柳瀬洋平が実況を務めていたが、2008年より夕方のニュースキャスター就任に伴い再び三雲が担当。しかし2009年は外賀幸一が担当した。(2010年シーズンからは中継なし)2001年J1昇格を決めた京都戦(西京極)は同局で放送され岩瀬裕子がリポーターで乗り込みKBS京都の製作で放送された、なおテロップはミヤギテレビ独自のものを使用。2002年はアウェーの東京V戦を日本テレビの製作で生中継、(日テレは深夜録画放送)こちらも岩瀬がリポーターとして登場した。2008年途中から字幕テロップが日テレとほぼ同形となった(当局初お目見えは9月の仙台カップ国際ユース大会)。因みにリポーターは相手地域に放送されるされないに関わらず相手チームにも配するケースが多い。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たセルジオ越後セルジオ越後

    また選手の中ではロナウジーニョ、ロベルト・カルロス、ウィントン・ルーファー、、セルジオ越後、吉村大志郎、与那城ジョージ、それ以外の分野ではゴレオ6世(ドイツ、マスコット)、ブランドン・ラウス(アメリカ合衆国、俳優)、、チュニジア、歌手)、、チュニジア、ウード奏者)、デフ・レパード(イギリス、ロックバンド)、ジャイモン・フンスー(アメリカ合衆国、俳優)、ミハイル・ゴルバチョフ(ロシア、政治家)、、コートジボワール、歌手)らがペレのファン、あるいはペレに影響を受けた事を公言している。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見たセルジオ越後セルジオ越後

    木梨JAPAN(木梨・松木・セルジオ越後・名波浩)がサッカー日本代表チーム(遠藤・松井・田中マルクス闘莉王・岡崎慎司・槙野智章)とサッカーボウリングで対戦。108-100で木梨JAPANが勝利。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • ラモス 瑠偉

    ラモス瑠偉から見たセルジオ越後セルジオ越後

    この頃より日系ブラジル人の元選手であるセルジオ越後らと共に全国で少年サッカー教室を開き、後のJリーグ世代となる多くの子供たちの憧れの選手となる。日本サッカーが低迷する時代、読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ)対日産自動車サッカー部(現横浜F・マリノス)だけはラモスの活躍もあり「黄金カード」として注目の的であり続けた。敵チームながら木村和司らと不遇の日本リーグ時代を支え、Jリーグ開幕、W杯出場へと日本サッカーを発展させた功労者の一人。当時のラモスを木村和司は「非常に汚い選手だった…うまいけどね」と振り返る。ラモス瑠偉 フレッシュアイペディアより)

  • 平田生雄

    平田生雄から見たセルジオ越後セルジオ越後

    1978年、永大産業コーチだったセルジオ越後と共に「さわやかサッカー教室」(日本サッカー協会公認・日本コカ・コーラ後援、現在のアクエリアスサッカークリニック)を開設する。越後と共に日本中を指導・普及して周り、2004年までで延べ人数約45万人の指導をしてきた。この間、1996年にJFA 公認S級コーチライセンスを取得する。また関西地方のサッカー発展にも貢献した。平田生雄 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示