前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たフィリップ・トルシエ

    イビチャ・オシム、フィリップ・トルシエ同様に日本のマスメディアのありかたには苦言を呈している一人である。日本のサッカーが世界の強豪に名を連ねるには、マスコミの追及能力が高まらないと不可能だと指摘している。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たロナウジーニョ

    ロナウジーニョやリベリーノがドリブル時に使い有名な「エラシコ(Elastico)」という、外に行く振りをして内に進み相手を置き去りにする(ボールを素早く外に叩く振りをし、内に叩き進む)フェイントを考案し、リベリーノに伝授したといわれている。本人によれば、ペレやガリンシャの技を真似して、自分流にアレンジしてやっていたところ、当時のチームメートであったリベリーノが面白がって自分でもやるようになったということである。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たコカ・コーラ

    引退後は一旦ブラジルに帰国したが、1975年からは新興チームの永大産業サッカー部でコーチになった。しかし永大産業は本業の不振の煽りで1977年シーズンを前に活動を停止してしまう。1978年からはコカ・コーラの後援のもと、日本サッカー協会公認の「さわやかサッカー教室」(後の「アクエリアス・サッカークリニック」)を開き、平田生雄とともに北は北海道から南は沖縄まで全国津々浦々を回り少年サッカーの指導普及に努めセルジオ越後杯を開催。延べ50万人以上の少年少女を直接指導する。これが評価され文部科学省の2006年生涯スポーツ功労者に表彰された。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たロベルト・リベリーノ

    ブラジル・サンパウロ州サンパウロで日本からの移民の両親の元に生まれる。17歳のときにサンパウロの名門コリンチャンスのジュニオール(ユース)のテストに合格する。本人によれば、テストを受けた際に皆がミッドフィルダーに手を挙げたため、気圧されてつい手を挙げそびれた結果、あまった右ウイングとしてプレーすることになった。しかしライバルが少なかったのが功を奏し、ミッドフィルダー志望者が5分ごとに交代させられる一方、セルジオは20分間もプレーすることができた。同期は元ブラジル代表のロベルト・リベリーノで、今でもブラジルに帰った際は旧交を暖めている。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た平田生雄

    引退後は一旦ブラジルに帰国したが、1975年からは新興チームの永大産業サッカー部でコーチになった。しかし永大産業は本業の不振の煽りで1977年シーズンを前に活動を停止してしまう。1978年からはコカ・コーラの後援のもと、日本サッカー協会公認の「さわやかサッカー教室」(後の「アクエリアス・サッカークリニック」)を開き、平田生雄とともに北は北海道から南は沖縄まで全国津々浦々を回り少年サッカーの指導普及に努めセルジオ越後杯を開催。延べ50万人以上の少年少女を直接指導する。これが評価され文部科学省の2006年生涯スポーツ功労者に表彰された。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た与那城ジョージ

    セルジオ越後(セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身の元プロサッカー選手。ポジションは右ウイング。日系ブラジル人二世。サンパウロの名門クラブ・コリンチャンス(11試合出場0得点)でプレイしていたが一身上の都合で23歳の時一度引退その後1972年に来日。現在はサッカー評論家・指導者。株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役。ネルソン吉村や与那城ジョージと同じく、日系二世である。娘のエチゴ由衣はタレントとして活動していた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た凛として時雨

    凛として時雨(『Sergio Echigo』(自主製作盤では『セルジオ越後』)という曲を製作している)セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たペレ

    ロナウジーニョやリベリーノがドリブル時に使い有名な「エラシコ(Elastico)」という、外に行く振りをして内に進み相手を置き去りにする(ボールを素早く外に叩く振りをし、内に叩き進む)フェイントを考案し、リベリーノに伝授したといわれている。本人によれば、ペレやガリンシャの技を真似して、自分流にアレンジしてやっていたところ、当時のチームメートであったリベリーノが面白がって自分でもやるようになったということである。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たガリンシャ

    ロナウジーニョやリベリーノがドリブル時に使い有名な「エラシコ(Elastico)」という、外に行く振りをして内に進み相手を置き去りにする(ボールを素早く外に叩く振りをし、内に叩き進む)フェイントを考案し、リベリーノに伝授したといわれている。本人によれば、ペレやガリンシャの技を真似して、自分流にアレンジしてやっていたところ、当時のチームメートであったリベリーノが面白がって自分でもやるようになったということである。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たイビチャ・オシム

    イビチャ・オシム、フィリップ・トルシエ同様に日本のマスメディアのありかたには苦言を呈している一人である。日本のサッカーが世界の強豪に名を連ねるには、マスコミの追及能力が高まらないと不可能だと指摘している。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示