41件中 11 - 20件表示
  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たジョアン・ディクソン・カルバリオ

    1974年に藤和不動産の新外国人選手としてセルジオ自らブラジルで探し当てたカルバリオは、その後2度のJSL1部得点王に輝いた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たパウロ・ロベルト・ファルカン

    ファルカン監督時代にスタッフの一員となっている。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た吉村大志郎

    セルジオ越後(セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身の元プロサッカー選手。ポジションは右ウイング。日系ブラジル人二世。サンパウロの名門クラブ・コリンチャンス(11試合出場0得点)でプレイしていたが一身上の都合で23歳の時一度引退その後1972年に来日。現在はサッカー評論家・指導者。株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役。ネルソン吉村や与那城ジョージと同じく、日系二世である。娘のエチゴ由衣はタレントとして活動していた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たトレイ・ヒルマン

    2006-7シーズン、ファンの募金によって辛くも参戦にこぎつけたプレーオフで、バックスは強豪王子製紙を3勝1敗で破り、チーム創設以来初のベスト4へ進出する。 日本のアイスホッケー史上、前身の古河電工アイスホッケー部時代を含めシーズン成績で王子製紙を上回ったことは一度としてなく、まさに歴史的なアップセットだったが、セルジオはその立役者の1人と言える。その際の勝利インタビューで「あるプロ野球の監督が『信ジラレナ?イ』と言いましたが、私は選手のみんなを信じています!」という、日本ハム・ヒルマン監督を引き合いに出したコメントで会場を大いに沸かせた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た移民

    ブラジル・サンパウロ州サンパウロで日本からの移民の両親の元に生まれる。17歳のときにサンパウロの名門コリンチャンスのジュニオール(ユース)のテストに合格する。本人によれば、テストを受けた際に皆がミッドフィルダーに手を挙げたため、気圧されてつい手を挙げそびれた結果、あまった右ウイングとしてプレーすることになった。しかしライバルが少なかったのが功を奏し、ミッドフィルダー志望者が5分ごとに交代させられる一方、セルジオは20分間もプレーすることができた。同期は元ブラジル代表のロベルト・リベリーノで、今でもブラジルに帰った際は旧交を暖めている。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た文部科学省

    引退後は一旦ブラジルに帰国したが、1975年からは新興チームの永大産業サッカー部でコーチになった。しかし永大産業は本業の不振の煽りで1977年シーズンを前に活動を停止してしまう。1978年からはコカ・コーラの後援のもと、日本サッカー協会公認の「さわやかサッカー教室」(後の「アクエリアス・サッカークリニック」)を開き、平田生雄とともに北は北海道から南は沖縄まで全国津々浦々を回り少年サッカーの指導普及に努めセルジオ越後杯を開催。延べ50万人以上の少年少女を直接指導する。これが評価され文部科学省の2006年生涯スポーツ功労者に表彰された。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た日本サッカー協会

    JSL初の「元プロ選手」の加入は大きな話題となり、日本デビュー戦となった1972年開幕戦の三菱重工戦には、同年のJSLの1試合平均観客動員数の4倍となる2万人の観客が国立競技場に集まった。日本サッカー協会では元プロ選手のプレーの是非を巡って議論が起き、その後、外国人選手の試合出場は来日・登録から半年間は認めないとする新たな制限が設けられた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た湘南ベルマーレ

    1972年に日本サッカーリーグ(JSL)1部の藤和不動産サッカー部(湘南ベルマーレの前身)に入り、1974年までプレー。セルジオは当初、あくまでもアマチュア選手として仕事の余暇にサッカーをプレーするものだと考えていたが、実際には藤和不動産はほぼ一年中合宿生活を送っており、プロ時代以上の練習量に驚かされることになる。日本人の監督・コーチの非合理的な指導に対し、セルジオが戸惑わうこともしばしばあった。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た北海道日本ハムファイターズ

    2006-7シーズン、ファンの募金によって辛くも参戦にこぎつけたプレーオフで、バックスは強豪王子製紙を3勝1敗で破り、チーム創設以来初のベスト4へ進出する。 日本のアイスホッケー史上、前身の古河電工アイスホッケー部時代を含めシーズン成績で王子製紙を上回ったことは一度としてなく、まさに歴史的なアップセットだったが、セルジオはその立役者の1人と言える。その際の勝利インタビューで「あるプロ野球の監督が『信ジラレナ?イ』と言いましたが、私は選手のみんなを信じています!」という、日本ハム・ヒルマン監督を引き合いに出したコメントで会場を大いに沸かせた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た浦和レッズ

    セルジオは「近々日光に住む」と公言し、また雑誌のインタビューで「(サッカー)日本代表より先に結果を出す」「人気で浦和レッズを越える」と自らにプレッシャーをかけている。2007年-8シーズンより、新たなる運営会社(株)栃木ユナイテッドの代表取締役として経営に携わり、2007年7月1日には公約通り大阪府豊中市から栃木県日光市に移住。引っ越し第一声で「次に引っ越すのはお墓」と不退転の覚悟を披露した。2009年からは日光市内にオープンしたチームの公式カフェにおいて、セルジオさん家のカレーという、セルジオ家のレシピによるカレーが食べられるようになった。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示