41件中 21 - 30件表示
  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たブラジル

    セルジオ越後(セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身の元プロサッカー選手。ポジションは右ウイング。日系ブラジル人二世。サンパウロの名門クラブ・コリンチャンス(11試合出場0得点)でプレイしていたが一身上の都合で23歳の時一度引退その後1972年に来日。現在はサッカー評論家・指導者。株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役。ネルソン吉村や与那城ジョージと同じく、日系二世である。娘のエチゴ由衣はタレントとして活動していた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たサッカー

    セルジオ越後(セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身の元プロサッカー選手。ポジションは右ウイング。日系ブラジル人二世。サンパウロの名門クラブ・コリンチャンス(11試合出場0得点)でプレイしていたが一身上の都合で23歳の時一度引退その後1972年に来日。現在はサッカー評論家・指導者。株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役。ネルソン吉村や与那城ジョージと同じく、日系二世である。娘のエチゴ由衣はタレントとして活動していた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たサンパウロ

    セルジオ越後(セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身の元プロサッカー選手。ポジションは右ウイング。日系ブラジル人二世。サンパウロの名門クラブ・コリンチャンス(11試合出場0得点)でプレイしていたが一身上の都合で23歳の時一度引退その後1972年に来日。現在はサッカー評論家・指導者。株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役。ネルソン吉村や与那城ジョージと同じく、日系二世である。娘のエチゴ由衣はタレントとして活動していた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たコリンチャンス

    セルジオ越後(セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身の元プロサッカー選手。ポジションは右ウイング。日系ブラジル人二世。サンパウロの名門クラブ・コリンチャンス(11試合出場0得点)でプレイしていたが一身上の都合で23歳の時一度引退その後1972年に来日。現在はサッカー評論家・指導者。株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役。ネルソン吉村や与那城ジョージと同じく、日系二世である。娘のエチゴ由衣はタレントとして活動していた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たフォワード (サッカー)

    セルジオ越後(セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身の元プロサッカー選手。ポジションは右ウイング。日系ブラジル人二世。サンパウロの名門クラブ・コリンチャンス(11試合出場0得点)でプレイしていたが一身上の都合で23歳の時一度引退その後1972年に来日。現在はサッカー評論家・指導者。株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役。ネルソン吉村や与那城ジョージと同じく、日系二世である。娘のエチゴ由衣はタレントとして活動していた。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た藤和不動産サッカー部

    1972年に日本サッカーリーグ(JSL)1部の藤和不動産サッカー部(湘南ベルマーレの前身)に入り、1974年までプレー。セルジオは当初、あくまでもアマチュア選手として仕事の余暇にサッカーをプレーするものだと考えていたが、実際には藤和不動産はほぼ一年中合宿生活を送っており、プロ時代以上の練習量に驚かされることになる。日本人の監督・コーチの非合理的な指導に対し、セルジオが戸惑わうこともしばしばあった。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た東京オリンピック

    1964年の東京オリンピックでは、ブラジル代表に内定していたが、コリンチャンスの会長とCBF役員のあいだに諍いがあったために実現しなかった。セルジオ本人は「あれがワールドカップだったら立ち直れないくらいショックを受けただろうね。でも五輪には両親の母国で開催されるということしか興味がなかった。プロ契約を済ませたら、そっちの方がずっとステータスも高いし、五輪代表を逃したことなんてどうでも良くなった」と語っている。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た日光神戸アイスバックス

    2006年8月よりアジアリーグアイスホッケーチーム日光神戸アイスバックスのシニアディレクターに就任。まったく畑違いの競技であるが、「選手たちにプロの心構えを教えてやってほしい」の一言がきっかけだった。試合では自身もベンチに入り、ハーフタイムに選手たちを鼓舞するほか、TV出演の際にはアイスバックスの宣伝を欠かさないなど精力的に活動している。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見た清水市

    来日当時日本サッカーの故郷ブラジルとのレベルの差とサッカー人気の低さに大きな失望と戸惑いを感じたが、サッカー教室を清水で開いた際子供たちのレベルの高さとサッカー熱を見て「日本にもブラジルがあった」と感激したと語っている(静岡県は出稼ぎに来る日系ブラジル人の影響もあり全国的にもサッカーが盛んな地域として知られている)。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ越後

    セルジオ越後から見たサンパウロ州

    ブラジル・サンパウロ州サンパウロで日本からの移民の両親の元に生まれる。17歳のときにサンパウロの名門コリンチャンスのジュニオール(ユース)のテストに合格する。本人によれば、テストを受けた際に皆がミッドフィルダーに手を挙げたため、気圧されてつい手を挙げそびれた結果、あまった右ウイングとしてプレーすることになった。しかしライバルが少なかったのが功を奏し、ミッドフィルダー志望者が5分ごとに交代させられる一方、セルジオは20分間もプレーすることができた。同期は元ブラジル代表のロベルト・リベリーノで、今でもブラジルに帰った際は旧交を暖めている。セルジオ越後 フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示