前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
235件中 1 - 10件表示
  • 中村俊輔

    中村俊輔から見たセルティックFCセルティックFC

    セリエA3年目となる2004-2005シーズンは、終盤数戦こそ恥骨炎や膝の負傷などで途中出場があったがほぼスターティングメンバーとして戦いクラブ創設以来の最高順位に貢献。2005年6月、コンフェデレーションズカップドイツ大会で、1得点2アシストをあげベストイレブンに選出。セルティックの監督、ストラカンにプレーを高く評価されセルティックに移籍することとなった。中村俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・グラヴェセン

    トーマス・グラヴェセンから見たセルティックFCセルティックFC

    ドイツのハンブルガーSV、イングランドのエヴァートンFCなどを経て、2005年にはスペインのレアル・マドリードに移籍した。スコットランドのセルティックFCに所属していた2008年に現役引退した。1998年8月にデンマーク代表デビューし、2006年9月までに66試合に出場して5得点を挙げた。UEFA欧州選手権2000、2002 FIFAワールドカップ、UEFA欧州選手権2004に出場している。テクニックがあり、優れたパス能力を持っているにもかかわらず、気性の荒さや激しいタックルで知られている。トーマス・グラヴェセン フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ダルグリッシュ

    ケニー・ダルグリッシュから見たセルティックFCセルティックFC

    1970年代-1980年代にセルティックとリヴァプールで活躍。イングランドとスコットランドの両リーグで100ゴールを挙げた最初の選手となった。ケニー・ダルグリッシュ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ボスニッチ

    マーク・ボスニッチから見たセルティックFCセルティックFC

    1999年、アストン・ヴィラFCでの活躍からピーター・シュマイケルの後釜としてマンチェスター・ユナイテッドFCへフリー移籍で復帰。同年のインターコンチネンタルカップではSEパルメイラスを破る原動力となり、リーグ優勝にも貢献した。しかし、その後は安泰とは言えず、翌2000-01シーズンにフランス代表のファビアン・バルテズが加入。セルティックFCへ一年間レンタルの話があったがこれを拒否、正GK争いするために残ることを決意したもの正GK争いに敗れただけではなく、第2GK争いでレイモンド・ファン・デル・ホウにも破れ出場機会がなかった。また、代表でもマーク・シュワルツァーの後塵を拝しクラブ・代表共に居場所を失った。マーク・ボスニッチ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ブラウン (サッカー選手)

    スコット・ブラウン (サッカー選手)から見たセルティックFCセルティックFC

    スコット・ブラウン(Scott Brown, 1985年6月25日 - )は、スコットランド・ダンファームリン出身のサッカー選手である。スコットランド代表。スコティッシュ・プレミアリーグ・セルティックFC所属。ポジションはMF(オフェンシブハーフ)。スコット・ブラウン (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・バーリー

    クレイグ・バーリーから見たセルティックFCセルティックFC

    現役時代は、チェルシー、セルティック、ダービー・カウンティ、ダンディー、プレストン・ノースエンド、ウォルソールでプレーした。クレイグ・バーリー フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のサッカー

    2006年のサッカーから見たセルティックFCセルティックFC

    6月12日 - FIFAワールドカップ ドイツ大会、日本代表のグループリーグ初戦、オーストラリア戦が行われ、前半に中村俊輔(セルティックFC)のゴールで先制するものの、終了間際に逆転され1-3で敗れる。2006年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 車ドゥリ

    車ドゥリから見たセルティックFCセルティックFC

    ワールドカップ終了後、アルミニア・ビーレフェルトとプロ選手契約。1年間プレーした後、2003年に生まれ故郷でありかつて父が所属していたアイントラハト・フランクフルトに移籍した。また2005年の2月に中田英寿、ジネディーヌ・ジダンらが参加して行われた『スマトラ沖地震被災者支援チャリティーマッチ』では、親善試合ながら強烈なミドルシュートも決めている。2006-07シーズンは1.FSVマインツ05でプレーしていたが出場機会に恵まれず2007年6月に2部リーグのTuSコブレンツに移籍。2009-2010シーズンからは、1部に昇格したばかりのSCフライブルクに移籍。2009年10月14日のセネガル戦では、3年ぶりとなる代表復帰を果たし、2010 FIFAワールドカップにも出場した。2010年7月、英国の労働ビザ取得を前提としてセルティックFCと2年契約(1年の延長オプション付き)を結んだ。AFCアジアカップ2011のウズベキスタンとの3位決定戦では欠場したパク・チソンに代わり、初めてキャプテンを務めた。車ドゥリ フレッシュアイペディアより)

  • イグナシオ・ノボ

    イグナシオ・ノボから見たセルティックFCセルティックFC

    2003-04シーズンのUEFAカップでは、イタリアのペルージャ・カルチョ(1-2)から決めた得点を含む4得点を挙げた。リーグ戦では19得点し、公式戦通算では計25得点を決めた。この活躍によってセルティックFCやレンジャーズFCがノボの獲得に興味を示し、セルティックFCは50万ポンドの移籍金を提示したが、選手本人との契約合意に失敗した。イグナシオ・ノボ フレッシュアイペディアより)

  • 水野晃樹

    水野晃樹から見たセルティックFCセルティックFC

    2008年1月、セルティックFCへの移籍が決定し、3年半の契約を結んだ。しかし、2007-2008シーズンは1度もトップチームでプレーできず、ジェフ時代の恩師であるイビチャ・オシムに電話で叱られたという。先輩である巻誠一郎にも何度か叱られたことがある。一年後の12月21日、スコティッシュ・プレミアリーグ第19節 対フォルカーク戦に初先発しフル出場。後半44分、中村俊輔からのパスをセンターサークル付近で受けると、約40m独走して初ゴールを決めた。なお、このゴールの際に過剰なゴールパフォーマンスとして、初のイエローカードも受けている。2009-2010シーズンにおいては、「今後の人生がかかっている」と語っていたが公式戦は2試合のみの出場に止まった。セルティック在籍期間の2年半で公式戦出場はわずか12試合。移籍前にはレギュラーを務めていた北京五輪代表から落選するなど、海外への挑戦は厳しい結果に終わった。水野晃樹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
235件中 1 - 10件表示

「セルティック」のニューストピックワード