347件中 11 - 20件表示
  • ジェームズ・フォレスト

    ジェームズ・フォレストから見たセルティックFCセルティックFC

    ジェームズ・フォレスト(James Forrest, 1991年7月7日 - )は、スコットランド・プレストウィック出身の同国代表サッカー選手。スコティッシュ・プレミアシップのセルティックFC所属。ポジションはミッドフィールダー。ジェームズ・フォレスト フレッシュアイペディアより)

  • 中村俊輔

    中村俊輔から見たセルティックFCセルティックFC

    セリエA3年目となる2004-2005シーズンは、終盤数戦こそ恥骨炎や膝の負傷などで途中出場があったがほぼスターティングメンバーとして戦いクラブ創設以来の最高順位に貢献。2005年3月にはガゼッタ・デロ・スポルトからレジーナの歴代ベストイレブンに選出された。同年6月、FIFAコンフェデレーションズカップ2005で、1得点2アシストをあげベストイレブンに選出。セルティックFCの監督、ストラカンにプレーを高く評価されセルティックに移籍することとなった。中村俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • リヴァプールFC

    リヴァプールFCから見たセルティックFCセルティックFC

    1974年にシャンクリーが辞任すると、後任にはアシスタントコーチを務めていたボブ・ペイズリーが就任した。シャンクリーからチームを引き継いだペイズリーのもと、リヴァプールは国内、ヨーロッパを席巻し、絶頂期を迎える。ペイズリー体制下初めて迎えた1974-75シーズン、テリー・マクダーモットとフィル・ニールを獲得、国内リーグは2位、カップウィナーズカップは2回戦敗退で、初年度は無冠に終わったが、翌75-76シーズンはリーグ戦とUEFAカップの2冠を達成、さらに翌76-77シーズンは国内リーグ戦を連覇したほか、クラブ史上初となるUEFAチャンピオンズカップ制覇を達成。しかしこのシーズン限りでエースのケビン・キーガンが退団してしまう。クラブはキーガンの後釜にスコットランドのセルティックからケニー・ダルグリッシュを獲得した。1977-78シーズンはリーグ戦は2位止まりも、UEFAチャンピオンズカップ連覇を達成。また、1978年1月にはグレアム・スーネスを獲得している。翌78-79シーズン、アラン・ケネディを獲得し、再び国内リーグを優勝した。続く79-80シーズンは再びリーグ戦連覇を達成。オフシーズンにイアン・ラッシュを獲得し、迎えた80-81シーズンには3度目となるUEFAチャンピオンズカップ制覇を達成したほか、リーグカップを優勝し、カップ戦2冠を達成。また、シーズン中にブルース・グロベラーを獲得している。翌81-82シーズン、マーク・ローレンソン、スティーブ・ニコルを獲得し、リーグ戦を優勝し、リーグカップ連覇を達成。なお、1978年から1981年までの3年間、ホームスタジアムであるアンフィールドにて全てのリーグ戦・カップ戦含めて85試合連続で無敗だった。85試合中63試合はリーグ戦であり、63試合連続リーグ戦ホーム無敗記録を樹立した(このリーグ戦ホーム無敗記録は2007年にチェルシーによって破られている)。82-83シーズンにもリーグ戦とリーグカップを連覇したが、これを置き土産にボブ・ペイズリーは監督を辞任することを発表した。後任にはアシスタントコーチを務めていたジョー・フェイガンが就任。リーグ連覇中の絶頂期のチームを引き継いだフェイガンだったが、フェイガン体制でもリヴァプールの強さが揺らぐことはなく1983-84シーズンもリーグ戦とリーグカップの連覇を達成し、リーグ戦はクラブ史上初となる3連覇、リーグカップは4連覇となっていた。しかし、1984-85シーズンでのチャンピオンズカップの決勝ユヴェントス戦で『ヘイゼルの悲劇』(1985年) が起きる。これによりイングランドのクラブは国際試合から無期限に締め出され(後にリヴァプールは7年、他クラブは5年となる)、リーグの力の相対的な地盤沈下をもたらした。この事件の責任を感じたフェイガンは監督を辞任、後任には選手兼任監督としてケニー・ダルグリッシュが急遽後を引き継いだ。ダルグリッシュ体制でも3度のリーグ優勝、2度のFAカップ優勝を果たしたとはいえ、1988-89シーズンに起きた『ヒルズボロの悲劇』 (1989年) によってリヴァプールの勢いは大きく落ち込むこととなった。90年代に入るとやや低迷した。処分が解けた後も国際タイトルには手が届かずリーグでは依然として上位の常連であり続けたが、優勝から遠ざかった。現在に至るまで1989-90シーズンのディヴィジョン1制覇が最後のリーグ制覇であり、プレミアリーグ移行後は優勝経験がない。リヴァプールFC フレッシュアイペディアより)

  • スコティッシュ・プレミアシップ 2014-15

    スコティッシュ・プレミアシップ 2014-15から見たセルティックFCセルティックFC

    スコティッシュ・プレミアシップ 2014-15は、2013年にスコティッシュ・プレミアリーグ(SPL)とスコティッシュ・フットボールリーグ(SFL)が統合された後の2013-14シーズンに創設されてから2シーズン目のスコティッシュ・プレミアシップ(スコットランドサッカー1部リーグ)である。2014年8月9日から2015年5月31日まで実施された。セルティックがプレミアリーグ時代から数えて4連覇を達成した。スコティッシュ・プレミアシップ 2014-15 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・マルグルー

    チャールズ・マルグルーから見たセルティックFCセルティックFC

    スコティッシュ・プレミアシップ (1部) の名門セルティックFCの下部組織を経て、2002年7月にプロ生活を開始する。元来、センターバックとしてプレーしていたが、人数不足のクラブ事情を理由に左サイドバックへの転向を勧められた。チャールズ・マルグルー フレッシュアイペディアより)

  • ランドリー・エングエモ

    ランドリー・エングエモから見たセルティックFCセルティックFC

    2009年7月16日にスコットランドのセルティックFCへ買取りオプション付き1年間のレンタル移籍することが決まり、背番号はボボ・バルデのを引き継ぎ6番となった。カーディフ・シティFC戦 (0-0) でデビューし、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。また、7月29日のUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10予選3回戦・FCディナモ・モスクワ戦との第1戦 (0-1) で公式戦デビューを飾った。第2戦を2-0で勝利しプレーオフに進出するもアーセナルFCに1-5で敗れ、本大会出場は逃した。8月15日の開幕戦アバディーンFC戦 (3-1) でリーグ戦デビュー以降、得点を挙げることはなかったが公式戦に35試合出場とレギュラーでプレーしたことから、シーズン終了後にセルティックとナンシーが完全移籍のため交渉したが、両チームが臨む移籍金の差を埋めることは出来ずナンシーに復帰することになった。ランドリー・エングエモ フレッシュアイペディアより)

  • スティリアン・ペトロフ

    スティリアン・ペトロフから見たセルティックFCセルティックFC

    セルティックFCでプレーしていた2003年にはブルガリア最優秀選手賞を受賞した。2000年、2001年、2005年、2009年には次点となり、2002年と2006年には3位にランクインしている。2005年にはスコットランドのサンデー・メイル紙のジャーナリストのマーク・グイディの力を借り、You Can Call Me Stanというタイトルの自伝を出版した。スティリアン・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・オニール

    マーティン・オニールから見たセルティックFCセルティックFC

    マーティン・ヒュー・マイクル・オニール OBE(Martin Hugh Michael O'Neill OBE, 1952年3月1日 - )は、アイルランド出身の元サッカー選手、監督 。北アイルランド代表ではキャプテンを務め、監督としては、セルティックを率いて3度のリーグ優勝を果たすなどの実績を残している。マーティン・オニール フレッシュアイペディアより)

  • 車ドゥリ

    車ドゥリから見たセルティックFCセルティックFC

    2010年7月、英国の労働ビザ取得を前提としてセルティックFCと2年契約(1年の延長オプション付き)を結んだ。車ドゥリ フレッシュアイペディアより)

  • ダリオ・シミッチ

    ダリオ・シミッチから見たセルティックFCセルティックFC

    しかし、翌1993-94シーズンから出場機会を増やしていき、リーグ戦とカップ戦をそれぞれ4度制し、クラブの黄金期を中心選手として支えた。1994年9月29日にUEFAカップウィナーズカップ 1994-95のAJオセールとの1回戦(ホーム3-0勝利)で欧州カップ戦初出場を飾って以降、4季に渡る欧州カップ戦で全試合に出場し、UEFAカップ1997-98ではベスト16(アトレティコ・マドリードに2試合合計1-2敗北)、UEFAチャンピオンズリーグ 1998-99では予選2回戦でセルティックFCを破り(2試合合計3-1勝利)本大会のグループステージまで進出と近年で最大の成果をあげた一員だった。この時代のクラブにはシルヴィオ・マリッチ(en)、ドラジェン・ラディッチ(en)、イゴール・ツビタノヴィッチ、マーク・ヴィドゥカ、ロベルト・プロシネチキ等が在籍しており、その中でシミッチはクルノスラヴ・ユルチッチ(en)やゴラン・ユーリッチと共に守備を構築した。在籍6季半にリーグ戦で140試合14得点を記録した。ダリオ・シミッチ フレッシュアイペディアより)

347件中 11 - 20件表示

「セルティック」のニューストピックワード