235件中 41 - 50件表示
  • アンチフットボール

    アンチフットボールから見たセルティックFCセルティックFC

    2003年のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でスペインのバレンシアCFがイタリアのインテルと対戦して敗れた際、バレンシアCFを率いていたラファエル・ベニテス監督は相手のプレーをアンチフットボールだと非難した。2004年、FCバルセロナのフランク・ライカールト監督は、マーティン・オニール監督率いるセルティックFCの戦術をアンチフットボールと呼んだ。ライカールトは「(1-1で引き分けたため)私は観客に申し訳なく感じたが、セルティックFCのプレーはアンチフットボールだ。彼らは5人が横に並んだラインを2列も形成した。統計が語ってくれるが、我々は約70%のボール支配率を記録した」と述べた。2006年11月、アーセナルFCのセスク・ファブレガスはウェストハム・ユナイテッドFCに0-1で敗れた後に「両チームは守って守って守るばかりで時間を浪費しようとした。僕はこの試合をアンチフットボールと呼ぶ。我々はこの出来事を受け入れ、やめなければならない」と発言した。アンチフットボール フレッシュアイペディアより)

  • マルク・クロサス

    マルク・クロサスから見たセルティックFCセルティックFC

    移籍期間の終了後もバルセロナには復帰せず、スコティッシュ・プレミアリーグのセルティックFCに140万ユーロで移籍した。なお保有権の25%は現在もバルセロナが保持したままである。2011年2月19日、ロシア・プレミアリーグに昇格を果たしたFCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロドへ移籍することが決まった。2012年1月にメキシコのサントス・ラグナへ移籍した。マルク・クロサス フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・モレノ (サッカー選手)

    ホセ・モレノ (サッカー選手)から見たセルティックFCセルティックFC

    2002年夏、15位でセグンダ・ディビシオン降格を逃れたビジャレアルCFに移籍した。2004年4月14日、UEFAカップ・準々決勝セルティックFC戦ファーストレグでは貴重なアウェーゴールを奪い、同大会での準決勝進出に貢献した。2004-05シーズンはフアン・ロマン・リケルメやディエゴ・フォルランなどの強力な攻撃陣を背後から支え、3位に躍進してクラブ初のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2005-06シーズンの同大会予選3回戦のエヴァートンFC戦ではアウェーゴールを挙げて本選出場に貢献し、本選グループリーグではマンチェスター・ユナイテッドFCなどと同組になりながら首位で決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメントではインテルなどを下し、準決勝でアーセナルFCに敗れるまで快進撃は続いた。ホセ・モレノ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • サイパン事件

    サイパン事件から見たセルティックセルティックFC

    キーンは2005年にセルティックに移籍して1シーズンを過ごし、2006年3月に現役を引退。この年の8月、ナイアル・クインを代表とする共同事業体に買収されたサンダーランドAFCの監督にマッカーシーの後任として就任。チャンピオンシップ優勝を果たし、プレミアシップ昇格を果たした。また翌シーズンもプレミアシップ残留を実現している。一方のマッカーシーはサンダーランドAFC監督辞任後、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ監督に就任。2シーズンともチャンピオンシップ上位の成績を収めている。サイパン事件 フレッシュアイペディアより)

  • ヨルグ・アルベルツ

    ヨルグ・アルベルツから見たセルティックFCセルティックFC

    ウォルター・スミス監督率いるグラスゴー・レンジャーズに1996年に移籍。1996年のレンジャーズは昨シーズンまでに8連覇を達成し、1966-1977年にセルティックが成し遂げた前人未到の9連覇に肩を並べるかいなかの一世一代のシーズンであったことから、アルベルツへの期待の高さが伺える。加入後直ぐにレギュラーを獲得。ブライアン・ラウドルップ・バリー・ファーガソン・ポール・ガスコインらと共に見事9連覇に貢献。また、1997年1月のオールドファームと呼称される宿敵セルティックとの大一番で記憶に残るFKを直接ゴールに叩き込むなどファンからの人気を不動のものにした。スミス氏の後任ディック・アドフォカート監督時代はしばしばベンチを暖める試合もあったが、2001年5月には月間MVPに選出される活躍をしている。ヨルグ・アルベルツ フレッシュアイペディアより)

  • オリビエ・カポ

    オリビエ・カポから見たセルティックFCセルティックFC

    AJオセールの躍進と共に名が知られるようになり、2002年にはフランス代表に初招集を受ける。さらに2004年には名門ユヴェントスFCからオファーを受けるなど、順風満帆かと思われたが、ユヴェントスでは充分なプレー機会が与えられず、わずか1年でフランスに帰国することとなる。レンタル移籍先のASモナコでは復活の予兆をみせていたものの、翌年にはレバンテUDへ再びレンタルされ、再びベンチ生活を余儀なくされた。2007年6月、ユヴェントスとの契約を解除し、バーミンガム・シティFCと契約した。2010年、ウィガン・アスレティックFCとの契約が切れ、無所属となっていたが、2010年11月4日、セルティックFCと契約した。2試合に出場したのみで、2011年1月に放出された。同年2月より、アル・アハリ・ドーハでプレーしたが、2012年1月にオセールに復帰した。オリビエ・カポ フレッシュアイペディアより)

  • フィル・オドネル

    フィル・オドネルから見たセルティックFCセルティックFC

    ビッグクラブから注目され、1994年9月にマザーウェルからセルティックFCへ移籍。移籍金はマザーウェルとして史上最高額だった。その後、イングランドのシェフィールド・ウェンズデイFCを経て、2004年にマザーウェルに復帰し主将を務めた。フィル・オドネル フレッシュアイペディアより)

  • 杜威

    杜威から見たグラスゴー・セルティックセルティックFC

    2000年、上海申花の前身である上海有綫02のセンターバックまた守備的ミッドフィールダーとしてサッカーを始めた。すぐにチーム内でレギュラーの座を獲得し、上海申花の2シーズン目には甲級A組でリーグタイトルを獲得する。中国のユース代表ではキャプテンを務めた他、2002年のFIFAワールドカップのメンバーに20歳の若さで選出され、2試合に出場するなど、代表としても存在感を見せる。また、アテネオリンピックの予選などでも活躍した。上海申花では目覚ましい活躍を見せたため、スコットランドのセルティックが関心を寄せ、代理のRAMPマネージメント・グループを通じて、2005年8月から半年間の期限付きで移籍。ベンチ入りはしたものの、出場機会に恵まれず、初めて出場した2006年1月の対クライドFC戦ではプレーに精彩を欠き、45分間の出場でトム・ブライトンと交代する。このゲームは2-1でクライドFCが勝利した。 同月、出場した試合で活躍を見せられなかったことも影響し、セルティックとの契約期間満了に伴い、上海申花に復帰した。レギュラーの座でプレーしながら、2008年には同チームのキャプテンになる。2010年、上海申花と同じ背番号5番で杭州緑城に移籍し、キャプテンに選任された。この年、チームは最後に超級4位まで上昇し、初のAFCチャンピオンズリーグ出場を果たした。2011年のシーズン終了後、杭州緑城から他のクラブへ移籍する予定であったが、2012年から指揮を執る契約を結んだ岡田武史がそれを阻止した。2010年東アジア選手権の対日本代表戦で中国代表として見せたプレーや、2011年AFCチャンピオンズリーグの対名古屋グランパス戦で杭州緑城のメンバーとして見せたプレーを、岡田が評価したことがその理由であった。2012年7月、シーズン中盤の移籍市場で山東魯能に移籍した。杜威 フレッシュアイペディアより)

  • 杜威

    杜威から見たセルティックセルティックFC

    グラスゴー・セルティック(レンタル移籍) 2005-2006杜威 フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・バー

    ダレン・バーから見たセルティックFCセルティックFC

    バーは、2007-2008シーズンに2度退場の処分を受けている。1度目はハイバーニアン戦でボールをピッチに叩き付けたことによるもので、2度目はセルティック戦で2枚目のイエローカードを受けたことによるものである。2006-2007シーズンにもハーツ戦でハーツのアンドリウス・ヴェリツカに立ち向かったため、レッドカードを受けている。しかしこれは抗議により取り消され、代わりにイエローカードの処分となった。バーはその体格から、2009-10シーズンはライトバックで起用されることが多い。ダレン・バー フレッシュアイペディアより)

235件中 41 - 50件表示

「セルティック」のニューストピックワード