235件中 81 - 90件表示
  • コロネーションカップ (サッカー)

    コロネーションカップ (サッカー)から見たセルティックセルティックFC

    1回戦は基本としてスコットランド対イングランドのクラブ同士の対戦で、セルティックが優勝をあげた。コロネーションカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・モイーズ

    デイヴィッド・モイーズから見たセルティックFCセルティックFC

    モイーズの選手としてのキャリアはセルティックで始まったが、それほど目立った活躍をすることなく、プレストン・ノース・エンドでキャリアを終えた。セルティックではリーグ優勝を経験している。プレストンでは、コーチからアシスタントコーチになり、1998年から監督となった。デイヴィッド・モイーズ フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリー・ハーリン

    ドミトリー・ハーリンから見たセルティックFCセルティックFC

    1968年、現ロシアの首都モスクワで生まれる。FC FShMトルペド・モスクワのアカデミーで育つ。1983年、FCトルペド・モスクワに入団をして、1984年11月21日、FC SKAロストフ・ナ・ドヌとの試合でソビエト連邦サッカーリーグデビューを果たした。16歳97日間の出場で最年少出場記録の塗り替えたが、2011年現在、新らしく生まれ変わったロシア・プレミアリーグにおいても、この記録は破られていない。1988年、FCディナモ・モスクワに移籍をして、1991年にPFC CSKAモスクワに移籍をした。1992年12月、ロンドンに本拠地を置くチェルシーFCに移籍金40万ポンドで移籍。1993年から1996年まではレギュラーであったが、負傷をしたために、オランダ人GKのエト・デ・フーイにポジションを奪われた。1999年、スコティッシュ・プレミアリーグの強豪セルティックFCにフリートランスファーで移籍した。セルティック3年間の在籍時にはジョン・バーンズ、ケニー・ダルグリッシュ、マーティン・オニールら3人の監督と巡り合ったが、何れも負傷によるパフォーマンスの低下でレギュラー奪取まではいく事は無く、マーティン・オニールには個人的な会話の中で「怠け者」と罵られるなどした。2002年、イングランドのホアンチュアチFCに移籍をして、そこで現役引退をした。ドミトリー・ハーリン フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・セナ

    マルコス・セナから見たセルティックFCセルティックFC

    2008-09シーズン、3シーズンぶりに出場したUEFAチャンピオンズリーグでは、2008年9月30日に行われたグループリーグのセルティックFC戦で22分にフリーキックを決め、ベスト8進出に貢献した。11月25日のホームでのマンチェスター・ユナイテッドFC戦では違和感を持ったためにみずから交代を要求し、ハーフタイムにブルーノ・ソリアーノと交代した。準々決勝のアーセナルFC戦では10分にミドルシュートで先制点を挙げた。しかし、2009年4月11日のマラガCF戦で左足のハムストリングを負傷したために準々決勝セカンドレグには出場できなかった。怪我から2週間後に同箇所を再度痛め、残りのシーズンで試合に出場することはなかった。7月30日、約3ヵ月半ぶりにチーム練習に復帰した。9月、11月にも同じ個所を痛め、2009-10シーズン前半戦は試合を欠場することが多かった。マルコス・セナ フレッシュアイペディアより)

  • 鄭智

    鄭智から見たセルティックFCセルティックFC

    その後、自由契約となっていたが、2009-2010シーズンは、スコティッシュ・プレミアリーグのセルティックFCでプレーすることとなった。グラスゴー・レンジャーズFCとのオールドファームで、デビューを果たしPKを獲得するなど順調なデビューを果たすが、セルティックでのシーズンは難しいシーズンとなった。鄭智 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・クエジャル

    カルロス・クエジャルから見たグラスゴー・セルティックセルティックFC

    そして2007年にはスペインを飛び出しスコットランドの強豪グラスゴー・レンジャーズへと加入、やはり守備の要としてチームに貢献する。日本では2008年4月17日のセルティックとのダービーにおいて中村俊輔のシュートを手で止めて退場処分を受けたことで知られているが、チーム内では1シーズンの所属ながらも絶対的な存在となり、2008年のスコットランド・サッカー記者協会年間最優秀選手賞を受賞している。カルロス・クエジャル フレッシュアイペディアより)

  • トム・ボイド

    トム・ボイドから見たセルティックFCセルティックFC

    1983年にマザーウェルFCに入団する。1990-1991シーズンのスコティッシュカップ優勝に貢献した。1991年にイングランドのチェルシーに移籍するが、1年でセルティックに移籍する。セルティックでは安定したプレーでクラブを支え、1997年から2002年までキャプテンを務め、1997-98シーズンにはクラブの9シーズンぶりのスコティッシュ・プレミアリーグ制覇に貢献すると共に、ライバルであるレンジャーズの10連覇を阻止した。2000年から監督に就任したマーティン・オニールの元でクラブの黄金期を経験し、2000-01シーズンの国内三冠にも貢献した。トム・ボイド フレッシュアイペディアより)

  • スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス

    スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスから見たセルティックFCセルティックFC

    2000年、英国の新聞社ザ・サンは、有名なスコットランド・カップにおける大逆転劇を報じる見出しとして、この語の発音にかけて "Super Caley go Ballistic, Celtic are Atrocious" といった見出しを書いている。Caley は ケイリー・シッスルFC、Celtic はセルティックFCを指し、大まかには「スーパー・ケイリー急上昇、セルティックはひどい様」との意味になる。スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008

    ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008から見たセルティックFCセルティックFC

    セルティックFC、グラスゴー・レンジャーズFCが実名で登場ワールドサッカー ウイニングイレブン 2008 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009

    ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009から見たセルティックFCセルティックFC

    セルティックFC、グラスゴー・レンジャーズFCが実名で登場ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009 フレッシュアイペディアより)

235件中 81 - 90件表示

「セルティック」のニューストピックワード