347件中 81 - 90件表示
  • ナショナルスタジアム (シンガポール)

    ナショナルスタジアム (シンガポール)から見たセルティックFCセルティックFC

    7月13日: スコットランドのセルティック がシンガポールを5-0で下した。ナショナルスタジアム (シンガポール) フレッシュアイペディアより)

  • フェニアン

    フェニアンから見たセルティックFCセルティックFC

    スコットランドでサッカーの試合が行われる場合、セルティックFCのサポーターに対して「フェニアン」の語が用いられることが多い。というのも、セルティックFCはグラスゴーのカトリック系アイルランド人移民に起源を持っており、アイルランド民族主義と関係が深いためである。フェニアン フレッシュアイペディアより)

  • ブライム・アムダニ

    ブライム・アムダニから見たセルティック・グラスゴーセルティックFC

    2001年からはオリンピック・マルセイユに在籍した。2005年からはスコティッシュ・プレミアリーグのレンジャーズへ移籍し、ポール・ル・グエン監督やウォルター・スミス監督の下でプレーした。2006-07シーズンはオールドファームのセルティック戦で初ゴールをあげる等し、サポーター投票によるクラブのプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞した1。ブライム・アムダニ フレッシュアイペディアより)

  • スタディオン・カラジョルジェ

    スタディオン・カラジョルジェから見たセルティックFCセルティックFC

    2007年5月、シニシャ・ミハイロヴィチの引退試合が行われた。2009年には、新しい陸上競技のトラックが完成、スタンドの南東側にはフィリップス製のスコアボードが導入された。2009年の改修後は、や、UEFA U-17欧州選手権2011の会場として用いられた。 2011年、FKヴォイヴォディナによって1,400ルクスの投光照明が導入された。最多観客動員記録は、1967年3月1日に行われたUEFAチャンピオンズカップ 1966-67準々決勝・セルティック戦で、その時は30,000人が詰めかけた。スタディオン・カラジョルジェ フレッシュアイペディアより)

  • アンチフットボール

    アンチフットボールから見たセルティックFCセルティックFC

    2003年のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でスペインのバレンシアCFがイタリアのインテルと対戦して敗れた際、バレンシアCFを率いていたラファエル・ベニテス監督は相手のプレーをアンチフットボールだと非難した。2004年、FCバルセロナのフランク・ライカールト監督は、マーティン・オニール監督率いるセルティックFCの戦術をアンチフットボールと呼んだ。ライカールトは「(1-1で引き分けたため)私は観客に申し訳なく感じたが、セルティックFCのプレーはアンチフットボールだ。彼らは5人が横に並んだラインを2列も形成した。統計が語ってくれるが、我々は約70%のボール支配率を記録した」と述べた。2006年11月、アーセナルFCのセスク・ファブレガスはウェストハム・ユナイテッドFCに0-1で敗れた後に「両チームは守って守って守るばかりで時間を浪費しようとした。僕はこの試合をアンチフットボールと呼ぶ。我々はこの出来事を受け入れ、やめなければならない」と発言した。アンチフットボール フレッシュアイペディアより)

  • スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス

    スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスから見たセルティックFCセルティックFC

    2000年、英国の新聞社ザ・サンは、有名なスコットランド・カップにおける大逆転劇を報じる見出しとして、この語の発音にかけて "Super Caley go Ballistic, Celtic are Atrocious" といった見出しを書いている。Caley は ケイリー・シッスルFC、Celtic はセルティックFCを指し、大まかには「スーパー・ケイリー急上昇、セルティックはひどい様」との意味になる。スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・リード (イギリスの政治家)

    ジョン・リード (イギリスの政治家)から見たセルティックFCセルティックFC

    2007年より、スコティッシュ・プレミアリーグのセルティックFCの会長を務めている。ジョン・リード (イギリスの政治家) フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズカップ 1966-67

    UEFAチャンピオンズカップ 1966-67から見たセルティックFCセルティックFC

    UEFAチャンピオンズカップ 1966-67 (UEFA Champions Cup 1966-67, European Cup 1966-67) は、12回目のUEFAチャンピオンズカップである。セルティックがインテルを破って初優勝した。UEFAチャンピオンズカップ 1966-67 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ボイド

    クリス・ボイドから見たセルティックFCセルティックFC

    ボイドは、スコットランドのキルマーノックFCでプロのサッカー選手としてデビューした。彼のデビュー戦は、2000-01シーズンの最後の試合で、対戦相手はセルティックだった。次のシーズンでは、アリー・マッコイストとクリストファー・コウカードがクラブから離脱したことによって、ボイドにレギュラー出場のチャンスが巡ってきた。彼はこのシーズンを通じて5得点を挙げた。クリス・ボイド フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ハートソン

    ジョン・ハートソンから見たセルティックFCセルティックFC

    1992年にキャリアをスタートし、翌1993年プロデビュー。1995年にはアーセナルに移籍するもなかなか満足のいく成績をおさめられず、各チームを転々とする。2001年、スコティッシュ・プレミアリーグのセルティックに移籍すると、リーグ得点王に輝くほどの大活躍でチームの主力として活躍。宿敵レンジャーズとの優勝争いを演じるようになる。2006年2月6日、代表引退を表明。ジョン・ハートソン フレッシュアイペディアより)

347件中 81 - 90件表示

「セルティック」のニューストピックワード