88件中 51 - 60件表示
  • セルティックFC

    セルティックFCから見た民族浄化

    UEFA広報委員長William Gaillardは、2006年の事例について話した時、IRAチャントは民族主義者問題であり、それぞれの国の民族主義運動を支持しているバルセロナやアスレティック・ビルバオといった他クラブのファンと似ている、と述べた。またGaillardは、一部のファンが民族浄化に従事した機関への支持を示したバルカン諸国の事例とは状況が異なる、とも述べた。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たフェアプレー賞

    2003年、UEFAカップ決勝を観戦するために80,000人あまりのセルティックファンがセビリアへ旅した。ヘンリク・ラーションが90分以内に2得点をあげたにもかかわらず、セルティックは延長戦の後FCポルトに3対2で破れた。数多くのセルティックサポーターの立派な振舞いはセビリアの人々から幅広い賞賛を受け(一人のサポーターも逮捕されなかった)、セルティックファンはFIFAとUEFAのフェアプレー賞を受賞した。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たジャガイモ飢饉

    1888年に創立され、スコティッシュ・プレミアリーグに所属。同じグラスゴーを本拠地とするレンジャーズと2強を形成し、この2強は「オールドファーム」(Old Firm)と呼ばれている。レンジャーズは16世紀のスコットランドで起こった宗教改革によって多数派となった長老派(プロテスタント系)の支持が多く、セルティックはカトリック系で19世紀にアイルランドからジャガイモ飢饉を逃れ渡ってきたアイルランド移民の子孫の支持が多い。また、同じ背景を持つアイルランドや北アイルランドにも根強い人気を誇る。このようにレンジャーズとセルティックの関係は宗教的なもののみならず、英国連合の政治的、民族的な関係をも含む複雑な背景がある。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たカンプ・ノウ

    セルティックのサポーターがYou'll Never Walk Aloneを歌うことは世界的に知られておりクラブも公式に曲の使用を認めスタジアムで使用している。セルティックパークでは選手の入場前にこの曲が流れサポーターが曲に合わせて熱唱する、やがて曲が消えサポーターの声だけがスタジアムに響くという演出が毎試合行われるほか、この曲はセルティックサポーターの代名詞のようになっており2007-2008シーズンのチャンピオンズリーグベスト16のセカンドレグではアウエーの カンプ・ノウでバルセロナの手によりこの曲が流されるという粋な計らいがあった。また中村俊輔の退団時には彼に対してのメッセージとしても使用された。意味は「あなた(達)は一人ではない(私たちも一緒だ)」である。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たオリンピックスタジアム (ロンドン)

    セルティックのスタジアムは、グラスゴーのパークヘッドにあるセルティック・パークである。セルティック・パークは収容人員6万832人の全席座席付きのスタジアムであり、スコットランドで最大、イギリスではマレーフィールド、オールド・トラッフォード、トゥイッケナム、ウェンブリー、オリンピックスタジアム、ミレニアム・スタジアムに次いで7番目に大きなスタジアムである。セルティック・パークはパークヘッド(Parkhead)あるいはパラダイス(Paradise)として一般的に知られている。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たマレーフィールド

    セルティックのスタジアムは、グラスゴーのパークヘッドにあるセルティック・パークである。セルティック・パークは収容人員6万832人の全席座席付きのスタジアムであり、スコットランドで最大、イギリスではマレーフィールド、オールド・トラッフォード、トゥイッケナム、ウェンブリー、オリンピックスタジアム、ミレニアム・スタジアムに次いで7番目に大きなスタジアムである。セルティック・パークはパークヘッド(Parkhead)あるいはパラダイス(Paradise)として一般的に知られている。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たプレミアリーグ

    2002-03シーズンのUEFAカップでは決勝に進出したが、ポルトに敗れ準優勝に終わった。現在イングランドプレミアリーグへの参加を希望しており、今後の動向に注目が集まっている。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たサッカー

    セルティック・フットボール・クラブ(, )は、スコットランド南西部の都市グラスゴーを本拠地とするサッカークラブチーム。クラブは1887年に創設され、1888年に初試合を行った。セルティックは同じグラスゴーを本拠地とするレンジャーズとライバル関係にあり、これら2つのクラブはまとめてオールドファームとして知られている。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見た絵はがき

    セルティック・フットボール・クラブは1887年11月6日、グラスゴー、カルトン、イースト・ローズ・ストリート(現在のフォーブス・ストリート)にあるセント・メアリー教会ホールにおける会合で、アイルランド人マリスト会修道士ウォルフリッドによって正式に結成された。結成の目的はウォルフリッドが始めた慈善事業「Poor Children's Dinner Table」のための募金を集めるためであった。募金を集める手段としてクラブを結成するウォルフリッドの動きは、これより数年前にエディンバラにおいて移民アイルランド集団のために結成されたハイバーニアンの例に大きく発想を得ていた。ウォルフリッドはクラブのアイルランドならびにスコットランド系であることを反映するよう意図した「セルティック celtic」という名称を提案し、同会合で採用された。クラブには公式の愛称「The Bhoys」がある。しかし、セルティック広報部によれば、新たに設立されたクラブは「the bold boys」として多くの人々に知られていたという。チームが描かれ「The Bould Bhoys」と呼ばれている20世紀初頭の絵はがきは、この特有のつづりの知られている初めての例である。この余分なhの起源は定かではないが、アイルランド訛りによる発音を模していると考えられている。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たアーセナルFC

    元選手でキャプテンのジミー・マクグローリーは1945年にチームを引き継いだ。マクグローリーの下、セルティックは女王エリザベス2世の戴冠を記念して1953年5月に開催された一度限りの大会であるコロネーションカップにおいて、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、ハイバーニアンを破り優勝した。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示

「セルティック」のニューストピックワード