1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
88件中 81 - 88件表示
  • セルティックFC

    セルティックFCから見たノッティンガム・フォレストFC

    ノッティンガム・フォレストでヨーロピアン・カップを制したマーティン・オニールが2000年6月にクラブを引き継いだ。オニールのリーダーシップの下、セルティックは5年間でスコティッシュ・プレミアリーグを3度制覇した。オニールの初年度には国内三冠を達成し、ジョック・ステイン以来三冠を達成した2人目の監督となった。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たミレニアム・スタジアム

    セルティックのスタジアムは、グラスゴーのパークヘッドにあるセルティック・パークである。セルティック・パークは収容人員6万832人の全席座席付きのスタジアムであり、スコットランドで最大、イギリスではマレーフィールド、オールド・トラッフォード、トゥイッケナム、ウェンブリー、オリンピックスタジアム、ミレニアム・スタジアムに次いで7番目に大きなスタジアムである。セルティック・パークはパークヘッド(Parkhead)あるいはパラダイス(Paradise)として一般的に知られている。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たUEFAチャンピオンズカップ 1969-70

    セルティックはスコティッシュ・プレミアリーグを44度、スコティッシュカップを36度、スコティッシュリーグカップを14度制覇している。1967年に史上初の五冠を達成した。この年はイギリスのクラブとして初めてヨーロピアンカップを制覇しただけでなく、スコティッシュリーグ、スコティッシュカップ、スコティッシュリーグカップ、グラスゴーカップを制した。また、1970年ヨーロピアンカップ決勝と2003年UEFAカップ決勝にも進出した。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たシャムロック

    名称のセルティックとは「ケルト人」あるいは「ケルトの、ケルトに属する」を意味する。ケルト系のアイルランドと同じく、チームカラーに緑と白、エンブレムにあしらわれたシャムロックとケルト色を打ち出している。ホームスタジアムはセルティック・パーク。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たマンチェスター・ユナイテッド

    2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグではマンチェスター・ユナイテッドをホームゲームで破るなどして、クラブ史上初の決勝トーナメント進出を決めた。その一方でアウェーゲームが完全な鬼門となっており、大会名が改称された1992年から一度も勝てずにいた。2012年10月2日、グループリーグ第2戦のスパルタク・モスクワ戦に3-2で勝利し、UEFAチャンピオンズリーグのアウェーゲーム初勝利をあげた。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たアバーディーン

    ゴードン・ストラカンは2005年6月にオニールの後を継ぐことが発表された。就任初年度にSPLのタイトルを手にした後、ストラカンはリーグ3連覇を果たしたセルティック3人目の監督となった。また、ストラカンはセルティックを初となるUEFAチャンピオンズリーグノックアウトステージ(2006-07)に導き、次の2007-08も2年連続でノックアウトステージに進んだ。ストラカンはSPLのタイトルを逃した後、2009年5月にクラブを去った。2009年6月にトニー・モウブレイが監督に就任し、1年後にニール・レノンが後を継いだ。2010年11月、セルティックはセルティック・パークでアバーディーンを9対0で破り、スコッティッシュプレミアリーグの最多得点差記録を更新した。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たセビリア

    2003年、UEFAカップ決勝を観戦するために80,000人あまりのセルティックファンがセビリアへ旅した。ヘンリク・ラーションが90分以内に2得点をあげたにもかかわらず、セルティックは延長戦の後FCポルトに3対2で破れた。数多くのセルティックサポーターの立派な振舞いはセビリアの人々から幅広い賞賛を受け(一人のサポーターも逮捕されなかった)、セルティックファンはFIFAとUEFAのフェアプレー賞を受賞した。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

  • セルティックFC

    セルティックFCから見たヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ

    ジョック・ステイン監督に率いられた1966-1967シーズンにはUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)を優勝。これはイギリス勢初のビッグイヤー獲得で、セルティックサポーターにとって大いなる誇りとなっている。しかし、その後イギリス経済が不況に陥りその影響がスコットランドに及ぶと、財政難に陥り運営が難しくなった。そして有名選手を集められない、質の高いサッカーを行なえないなどの結果を招き、スコティッシュ・プレミアリーグの人気が低迷することとなった。その後不況から脱出したとはいえ、例年の優勝争いの固定化や他国リーグの人気向上といった他の要因も絡んで、スコティッシュ・プレミアリーグはかつてのような人気はもはや見られなくなった。そのため、セルティックはヘンリク・ラーションなどの有力選手を集めてかつてのように復活しようとしたのである。セルティックFC フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
88件中 81 - 88件表示

「セルティック」のニューストピックワード