1378件中 91 - 100件表示
  • ルカシュ・クボット

    ルカシュ・クボットから見たセルビアセルビア

    2009年、クボットはオーストリア人選手のオリバー・マラチとペアを組み、ダブルスの分野で著しい躍進を見せた。全豪オープンの男子ダブルスで、2人は第3シードのマヘシュ・ブパシ(インド)&マーク・ノールズ(バハマ)組との準決勝まで勝ち進む。4月12日、2人のペアはモロッコ・カサブランカ開催の「ハサン2世グランプリ」ダブルス決勝でシーモン・アスペリン(スウェーデン)&ポール・ハンリー(オーストラリア)組を破り、クボットはここで男子ツアー大会のダブルス初優勝を決めた。クボットとマラチは2009年度の男子ツアーダブルスで年間3勝を挙げ、ツアー年間最終戦「ATPワールドツアー・ファイナル」のダブルス部門にも出場資格を獲得した。シングルスでは、5月初頭のセルビア・ベオグラード大会でノバク・ジョコビッチに挑み(同大会はマラチとのダブルス優勝により、単複両部門の決勝進出)、全仏オープンで久々にシングルスの予選会を通過した。これはポーランドの男子選手として1995年のコヴァルスキ以来14年ぶりの全仏本戦出場であり、1回戦でビクトル・トロイツキ(セルビア)に 6-3, 3-6, 4-6, 7-6(7-4), 3-6 で敗れた。ルカシュ・クボット フレッシュアイペディアより)

  • ロマ音楽

    ロマ音楽から見たセルビアセルビア

    ロマは各地を放浪し、音楽の演奏やダンスなどを行う旅芸人として生計を立ててきた。彼らによってもたらされた音楽は、現地の音楽に影響を与え、また影響を受け、相互に発展してきた歴史がある。ロマは北インドをたった後、イラン、イラク、アルメニア、その他中近東に現れるようになった。西暦1050年頃には既に、コンスタンティノポリスで音楽の演奏をしていたと考えられている。15世紀ごろにはエジプト、スーダン、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、ギリシャ、クロアチア、マケドニア、セルビアなどへと居住地を拡大、やがてヨーロッパ全域へと広がっていった。スペインのフラメンコの原型もロマの音楽とダンスであったと考えられるなど、彼らは放浪先の中近東やヨーロッパ各地の音楽文化に強い影響を与えてきた。ロマ音楽 フレッシュアイペディアより)

  • サシャ・イリッチ

    サシャ・イリッチから見たセルビアセルビア

    サシャ・イリッチ(Saša Ilić, 1977年12月30日 - )はセルビア出身の同国代表サッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー。サシャ・イリッチ フレッシュアイペディアより)

  • アナスタシア・パブリュチェンコワ

    アナスタシア・パブリュチェンコワから見たセルビアセルビア

    2008年5月、パブリュチェンコワはモロッコ・フェズ大会のダブルスでソラナ・チルステア(ルーマニア)と組んで優勝し、ここで初めての女子ツアータイトルを獲得した。この後全仏オープンで一般の部にデビューする。10月にジャパン・オープンで来日し、シングルス・ダブルスともベスト8に入った。2009年3月のインディアンウェルズ・マスターズ準々決勝で、パブリュチェンコワはジュニア時代からのライバルであるアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)を 7-6, 6-4 で破る勝利を挙げ、アナ・イバノビッチ(セルビア)との準決勝まで進出した。この大規模なトーナメントでのベスト4進出により、彼女は初めて世界トップ30に入る。4月には女子テニス国別対抗戦・フェドカップ準決勝のイタリア戦で2試合に起用され、団体戦デビューも果たした。全仏オープンにおいて、パブリュチェンコワは17歳10か月で「第27シード」に選ばれ、大会最年少のシード選手になった。全仏では3回戦で第1シードのディナラ・サフィナに 2-6, 0-6 で完敗した。アナスタシア・パブリュチェンコワ フレッシュアイペディアより)

  • ヴラフ人

    ヴラフ人から見たセルビアセルビア

    中央ヨーロッパや南東ヨーロッパのほぼ全ての国にヴラフ人は少数民族として暮らしており、ハンガリー、ウクライナ、セルビア、クロアチア、マケドニア共和国、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ギリシャ、ブルガリアなどがこれに含まれる。これ以外に、ポーランドやチェコ、スロバキア、モンテネグロでは周辺のスラヴ人に同化してヴラフ人は見られなくなった。ルーマニアとモルドバでは、(「ダコ=ルーマニア人」、あるいは単に「ルーマニア人」と呼ばれる)ヴラフ人が民族的に多数派を形成している。ヴラフ人 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィディン州

    ヴィディン州から見たセルビアセルビア

    ヴィディン州(-しゅう、ブルガリア語:Област Видин、ラテン文字転写Oblast Vidin)はブルガリアの北西端に位置するブルガリアの州。セルビア、ルーマニアと国境を接している。州都のヴィディンはドナウ川に面している。ヴィディン州 フレッシュアイペディアより)

  • セルビアの音楽

    セルビアの音楽から見たセルビアセルビア

    セルビアの音楽(セルビアのおんがく、)では、セルビア、および同国と深いつながりのあるセルビア人の音楽について述べる。セルビアとセルビア人の伝統音楽は、より広くバルカン半島の伝統音楽の一部をなしており、かつセルビア・セルビア人に固有の特色を持ち併せている。セルビアの音楽 フレッシュアイペディアより)

  • セルビア語キリル・アルファベット

    セルビア語キリル・アルファベットから見たセルビアセルビア

    セルビア語キリル・アルファベット(セルビア語:、発音:)は、セルビア語のキリル文字による表記に用いるアルファベットであり、1818年にヴーク・カラジッチによって定められた。現代セルビア語の表記にはこのセルビア語キリル・アルファベットを用いる表記法と、ガイ式ラテン・アルファベットを用いる表記法が併用されている。セルビアでは2006年にキリル・アルファベットが国家の公式のアルファベットと定められた。セルビア語キリル・アルファベット フレッシュアイペディアより)

  • ウルサリ

    ウルサリから見たセルビアセルビア

    元々ヒグマやオナガザル、蛇を用いて大道芸を行いつつ、同族婚を繰り返してきたが、大部分は1850年代以降定住するようになった。ブルガリアやモルドバの他、ルーマニアでは40部族の1つと認知されるなど、ロマ共同体で重要な役割を果たしている。また、セルビアやオランダ及びイタリアといった西欧諸国でも、居住者が少なくない。ウルサリ フレッシュアイペディアより)

  • マケドニア (ギリシャ)

    マケドニア (ギリシャ)から見たセルビアセルビア

    ギリシャのマケドニアは、アレキサンダー大王の出生地を含む、古代マケドニア王国の領域の大部分を占めている。このマケドニアという地域名称は、後により広範囲に拡大して用いられるようになり、今日の「マケドニア」として知られる地域名称のうち、ギリシャ領の部分は面積で52.4%、人口で52.9%を占めている。この拡大したマケドニアの領域は1912年までオスマン帝国に属していたが、1913年以降のバルカン戦争によってこの領域はギリシャ、セルビア、ブルガリアの3国によって分割された。新しいギリシャとオスマン帝国の国境線は1913年のアテネ条約によって確認された。マケドニア (ギリシャ) フレッシュアイペディアより)

1378件中 91 - 100件表示

「セルビア」のニューストピックワード