1378件中 111 - 120件表示
  • 欧州連合の拡大

    欧州連合の拡大から見たセルビアセルビア

    マケドニア国内ではオフリド合意の実施により西部地域のアルバニア系住民に大幅な自治権が与えられ、民族間緊張が存在するも平和状態が維持されている。セルビアとは異なり、マケドニアは全土にわたって主権が保たれている。同国首相ニコラ・グルエフスキは2012年から2013年にはEUに加盟できるという見通しを持っているが、EUはグルエフスキが示す時期を正式には示していない。欧州連合の拡大 フレッシュアイペディアより)

  • ケーシー・デラクア

    ケーシー・デラクアから見たセルビアセルビア

    デラクアは2008年、シングルス・ダブルスともに目覚ましい躍進を遂げた。全豪オープンでは、2回戦で第15シードのパティ・シュナイダー(スイス)、3回戦で第18シードのアメリ・モレスモ(フランス)に勝ち、2人のシード選手を連破して初の4回戦進出を果たした。4回戦では第3シードのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 6-7, 1-6 で敗退する。全仏オープンでもシングルス3回戦に進み、女子ダブルスでフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)と組んで決勝に勝ち進む。デラクアとスキアボーネは、3回戦で第3シードのレネ・スタブス&クベタ・ペシュケ組、準々決勝で第6シードのビクトリア・アザレンカ&シャハー・ピアー組、準決勝で全豪女子ダブルス優勝者のアリョーナ・ボンダレンコ&カテリナ・ボンダレンコ組(ウクライナの姉妹ペア)を連破した。デラクアは女子ツアーで初の決勝進出を、グランドスラム大会の女子ダブルスで決めたのである。決勝戦ではスペインペアのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組に 6-2, 5-7, 4-6 の逆転で敗れ、デラクアとスキアボーネは4大大会優勝のチャンスを逃した。ケーシー・デラクア フレッシュアイペディアより)

  • ラディシャ・イリッチ

    ラディシャ・イリッチから見たセルビアセルビア

    ラディシャ・イリッチ(Radiša Ilić、1977年9月20日 - )は、ユーゴスラビア(現・セルビア)出身のサッカー選手。ポジションはGK。ラディシャ・イリッチ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州統合

    欧州統合から見たセルビアセルビア

    黒海経済協力機構は、おもに黒海沿岸地域にある12の参加国の間で友好・善隣的関係を後押しすることで平和、安定、反映を確保することを目的としている。黒海経済協力機構は1992年6月25日にイスタンブルで11の当事国が宣言文書に署名した文書が1999年5月1日に発効したことで発足した。この11の原加盟国とは、アルバニア、アルメニア、アゼルバイジャン、ブルガリア、グルジア、ギリシャ、モルドバ、ルーマニア、ロシア、トルコ、ウクライナである。2004年4月にはセルビア(当時はセルビア・モンテネグロ)が加盟した。欧州統合 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ブレーク

    ジェームズ・ブレークから見たセルビアセルビア

    2008年2月17日、ブレークは「デルレイビーチ国際テニス選手権」の決勝戦で日本の錦織圭に 6-3, 1-6, 4-6 の逆転で敗れた。(錦織はこの優勝により、日本人男子選手として松岡修造以来16年ぶり、史上2人目となるATPツアーシングルス優勝を成し遂げた。)同年8月の北京五輪で、ブレークは準々決勝で第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)を 6-4, 7-6(2) で破り、男子シングルスのベスト4に勝ち進んだ。準決勝でフェルナンド・ゴンサレス(チリ)に 6-4, 5-7, 9-11 で敗れ、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」でもノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 3-6, 6-7 で敗れたため、彼はアメリカ代表選手としての銅メダル獲得を逃した。ジェームズ・ブレーク フレッシュアイペディアより)

  • アナ・イバノビッチ

    アナ・イバノビッチから見たセルビアセルビア

    アナ・イバノビッチ(Ana Ivanović, , 1987年11月6日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の女子プロテニス選手。2008年の全仏オープン女子シングルス優勝者になり、世界ランキング1位に到達した。これまでにWTAツアーでシングルス11勝を挙げている。2歳年上のエレナ・ヤンコビッチとともに、セルビアのテニス界を代表する女子2強豪のひとりである。身長186cm、体重69kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。アナ・イバノビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ザスタバ

    ザスタバから見たセルビアセルビア

    ザスタバまたはツァスタバ(セルビア語キリル文字:Застава, ラテン文字:Zastava)は、自動車と小火器の製造を行うセルビアの工業コングロマリット。根拠地はクラグイェヴァツ。ザスタバ フレッシュアイペディアより)

  • ジョー=ウィルフリード・ツォンガ

    ジョー=ウィルフリード・ツォンガから見たセルビアセルビア

    ツォンガは2008年全豪オープンで旋風を起こし、世界ランキング38位のノーシードから決勝に勝ち進んだ。1回戦で第9シードのアンディ・マレー(イギリス)を破った勝利から始まり、4回戦でライバルのガスケ、準々決勝でミハイル・ユージニー(ロシア)を破ると、準決勝でも第2シードのナダルを 6-2, 6-3, 6-2 のストレートで破り、旋風を沸き起こした。ツアー経歴で最初のシングルス決勝進出をグランドスラム大会で決めた選手は、1997年全仏オープンで世界ランキング66位から初優勝したグスタボ・クエルテン(ブラジル)以来の快挙となった。決勝では、準決勝で世界1位のロジャー・フェデラーを破った第3シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に 6-4, 4-6, 3-6, 6-7 で敗れ、この大会の準優勝者になった。ジョー=ウィルフリード・ツォンガ フレッシュアイペディアより)

  • 中村藍子

    中村藍子から見たセルビアセルビア

    2006年の全豪オープンで、中村は初めての4大大会3回戦進出を果たしたが、第7シードのパティ・シュナイダー(スイス)に 2-6, 3-6 で敗れた。その後全仏オープン・ウィンブルドンとも初戦敗退に終わったが、7月15日-16日にかけて東京・有明コロシアムで行われたフェドカップの「ワールドグループ・プレーオフ」で日本はオーストリアに5戦全勝で勝ち、2007年度フェド杯で「ワールドグループ」(最上位グループ、8ヶ国で構成)の出場権を獲得した。日本にとっては1997年以来10年ぶりとなるワールドグループ復帰を決めた団体戦で、中村はシングルス第3試合でオーストリア代表のバルバラ・シュワルツを 6-2, 7-5 で破った。4大大会年間最終戦の全米オープンでは、2回戦で第16シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)に敗れる。10月第2週の「ジャパン・オープン」で、中村は初めてのWTAツアー大会決勝進出を果たしたが、第1シードのマリオン・バルトリ(フランス)に 6-2, 2-6, 2-6 の逆転で敗れて準優勝に終わった。バルトリもフォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ちの選手で、フォア・バックとも両手打ちの選手どうしで行われた女子ツアーの決勝戦は史上初めての出来事であった。中村藍子 フレッシュアイペディアより)

  • 第一次バルカン戦争

    第一次バルカン戦争から見たセルビアセルビア

    19世紀の列強による干渉を幾分和らげたオスマン帝国支配下のルメリア(所謂東ルメリ自治州)、トラキア、マケドニアに対する対立関係を巡るバルカン諸国の緊張関係では、この地域のキリスト教多数派の更に完璧な保護と現状維持の双方を守ろうとしていた。1867年までにギリシャ、セルビア、モンテネグロが全て独立を守っていて、10年後にベルリン条約で確認された。しかしオスマン帝国の支配が存続可能かという問題は、停止されたオスマン帝国憲法をスルターンに復活させた1908年7月の青年トルコ革命で復活し、1909年-1911年に重大な発展を遂げた。第一次バルカン戦争 フレッシュアイペディアより)

1378件中 111 - 120件表示

「セルビア」のニューストピックワード