1760件中 111 - 120件表示
  • ドラゴスラヴ・ミハイロヴィッチ

    ドラゴスラヴ・ミハイロヴィッチから見たセルビアセルビア

    ドラゴスラヴ・ミハイロヴィッチ(Dragoslav Mihailović, 1930年11月17日 - )は、セルビアの作家である。ドラゴスラヴ・ミハイロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合・法の支配ミッション

    欧州連合・法の支配ミッションから見たセルビアセルビア

    コソボにおける欧州連合・法の支配ミッション(おうしゅうれんごう ほうのしはいミッション、European Union Rule of Law Mission in Kosovo)、通称EULEXコソボは、欧州連合によってコソボに派遣された警察・文民による支援ミッションである。EULEXは、国際連合安全保障理事会決議1244に基づくコソボへの国際的な監視を引き継ぐことを意図して計画された。セルビアやロシアははじめ、EULEXは国際連合安全保障理事会の決議を歪める、違法なものであると主張していたが、2008年の末にはこれらの主張を取り下げた。ミッションには2000人の警察官や司法関係者がおり、4箇月に及ぶ展開準備を2008年2月16日に開始した。欧州連合・法の支配ミッション フレッシュアイペディアより)

  • KKツルヴェナ・ズヴェズダ

    KKツルヴェナ・ズヴェズダから見たセルビアセルビア

    KKツルヴェナ・ズヴェズダ(バスケットボール・クラブ・レッド・スター、セルビア表記:КК Црвена Звезда, 英語表記: Red Star Basketball Club)は、セルビアのプロバスケットボールチームである。1945年に設立され、本拠地はセルビア・ベオグラード。 と、ABAリーグ、ユーロリーグに所属する。KKツルヴェナ・ズヴェズダ フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・ベーメ

    フランツ・ベーメから見たセルビアセルビア

    フランツ・ベーメ(Franz Böhme, 1885年4月15日?1947年5月29日)は、オーストリアおよびドイツ第三帝国の軍人。最終階級はドイツ国防軍山岳兵大将。第二次世界大戦中はセルビア占領軍司令官などを務めた。フランツ・ベーメ フレッシュアイペディアより)

  • 第7SS義勇山岳師団

    第7SS義勇山岳師団から見たセルビアセルビア

    1942年、主にクロアチア・セルビア・ハンガリー・ルーマニアの民族ドイツ人義勇兵を中心に義勇山岳猟兵師団として編成されたが、装備は必ずしもドイツ軍の制式ではなく、チェコ製の機関銃やフランス製の戦車などを支給された部隊もあった。師団の準備が整うと、パルチザン活動が激しい、バルカン半島へ投入されることとなる。第7SS義勇山岳師団 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・カラカセビッチ

    アレクサンダー・カラカセビッチから見たセルビアセルビア

    アレクサンダー・カラカセビッチ(Aleksandar Karakašević、1975年12月9日 - )は、セルビア出身の卓球選手。ダブルスの名手である。アレクサンダー・カラカセビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ボヤナ・ラドゥロヴィッチ

    ボヤナ・ラドゥロヴィッチから見たセルビアセルビア

    ボヤナ・ラドゥロヴィッチ(原語表記:Бојана Радуловић、ラテン翻記:Bojana Radulović、女性、1984年1月3日 - )は、セルビアのバレーボール選手である。ボヤナ・ラドゥロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ザスタバ

    ザスタバから見たセルビアセルビア

    ザスタバまたはツァスタバ(セルビア語キリル文字:Застава, ラテン文字:Zastava)は、自動車と小火器の製造を行うセルビアの工業コングロマリット。根拠地はクラグイェヴァツ。ザスタバ フレッシュアイペディアより)

  • 民主行動党 (ボスニア・ヘルツェゴビナ)

    民主行動党 (ボスニア・ヘルツェゴビナ)から見たセルビアセルビア

    共産主義政権の崩壊とボスニア・ヘルツェゴビナの独立以来、ボシュニャク人政党としては最も大きく成功した政党であり、現在ではボシュニャク人最大勢力をほこる。その勢力はボスニア・ヘルツェゴビナ内にとどまらず、クロアチアやセルビア内のボシュニャク人にも影響を与えている。民主行動党 (ボスニア・ヘルツェゴビナ) フレッシュアイペディアより)

  • 中村藍子

    中村藍子から見たセルビアセルビア

    2006年の全豪オープンで、中村は初めての4大大会3回戦進出を果たしたが、第7シードのパティ・シュナイダー(スイス)に 2-6, 3-6 で敗れた。その後全仏オープン・ウィンブルドンとも初戦敗退に終わったが、7月15日-16日にかけて東京・有明コロシアムで行われたフェドカップの「ワールドグループ・プレーオフ」で日本はオーストリアに5戦全勝で勝ち、2007年度フェド杯で「ワールドグループ」(最上位グループ、8ヶ国で構成)の出場権を獲得した。日本にとっては1997年以来10年ぶりとなるワールドグループ復帰を決めた団体戦で、中村はシングルス第3試合でオーストリア代表のバルバラ・シュワルツを 6-2, 7-5 で破った。4大大会年間最終戦の全米オープンでは、2回戦で第16シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)に敗れる。10月第2週の「ジャパン・オープン」で、中村は初めてのWTAツアー大会決勝進出を果たしたが、第1シードのマリオン・バルトリ(フランス)に 6-2, 2-6, 2-6 の逆転で敗れて準優勝に終わった。バルトリもフォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ちの選手で、フォア・バックとも両手打ちの選手どうしで行われた女子ツアーの決勝戦は史上初めての出来事であった。中村藍子 フレッシュアイペディアより)

1760件中 111 - 120件表示

「セルビア」のニューストピックワード