1378件中 21 - 30件表示
  • クライナ・セルビア人共和国

    クライナ・セルビア人共和国から見たセルビアセルビア

    「クライナ」の呼称は、16世紀にハプスブルク君主国内のクロアチアとスラヴォニアの一部から分離され設置された「軍政国境地帯」に由来する。これは、オスマン帝国による拡張に対する防衛上の理由によるものであった。多くのクロアチア人、セルビア人、ヴラフ人が付近のオスマン帝国領のセルビアおよびボスニアから移り住み、また守衛隊のドイツ人の兵士もオスマン帝国との戦いのためにこの地に移った。オーストリア人はこの防衛線地帯をウィーンの軍事司令部から支配し、同地を王領とはしなかった。地域の居住地を支援する幾らかの特別の権利が与えられたものの、不毛で、戦争によって疲弊した土地であった。1869年から1871年にかけて、この軍事支配地域は解体への動きが実現された。1876年11月5日、この地域に住むセルビア人に、クロアチア領となることへ賛同させるため、議会(Sabor)は「クロアチア・スラヴォニア・ダルマチア3重王国は、国内に住むセルビア人およびヴラフ人を、クロアチア人と同等で対等であることを認める。」と厳かに宣言した。その後、1881年に軍政国境地帯は解体され、ハプスブルク帝国内のクロアチアの一部へと再編された。クライナ・セルビア人共和国 フレッシュアイペディアより)

  • コソボ憲法

    コソボ憲法から見たセルビアセルビア

    セルビア政府はコソボを自国の主権の下にある領土と見なしており、コソボの独立主張を拒絶している。セルビアはコソボ憲法を認めていない。この論争と主権に関わる疑問は、20世紀の末にユーゴスラビアが崩壊したユーゴスラビア紛争の中で浮上したものである。コソボ憲法 フレッシュアイペディアより)

  • チボル・セケリ

    チボル・セケリから見たセルビアセルビア

    チボル・セケリ(ハンガリー語: セーケイ・ティボル、セルビア語: ティボル・セケリ、1912年2月14日 ? 1988年9月20日)は、ユダヤ人の探検家、エスペランティスト、著作家、弁護士である。オーストリア=ハンガリー帝国、現在のスロバキアにあるポプラトのスピシュスカ・ソボタ()に生まれ、ユーゴスラビア、現在のセルビア北部にあるスボティツァにて死去した。日本では「チボール・セケリ」と表記されたケースもある。妻の名前はセーケイ・エルジェーベト()。チボル・セケリ フレッシュアイペディアより)

  • ミカエル・ピューピン

    ミカエル・ピューピンから見たセルビアセルビア

    ミカエル・I・ピューピンあるいはマイケル・I・ピューピン()、本名:ミハイロ・イドヴロスキ・プピン(セルビア語:、1858年10月4日 - 1935年3月12日)は、セルビアの物理学者で、物理化学者。数多くの特許を取得したことで知られており、長距離電話通信の距離を大幅に伸ばすため、通信線に一定間隔で装荷コイルを挿入するという手法を発明したことで特に知られている。この手法はピューピンの名をとって "pupinization" と呼ばれている。ミカエル・ピューピン フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴスラビア侵攻

    ユーゴスラビア侵攻から見たセルビアセルビア

    ヒトラーは、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリアに次いでユーゴスラビアに対し、日独伊三国軍事同盟へ参加するよう圧力を掛けていた。ユーゴスラビアの摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチは、1941年3月25日にこの圧力に屈した。しかしながら、このことは反枢軸であるセルビアの民衆と軍部の間に非常に強い不満を抱かせた。3月27日に反枢軸のセルビア人の陸軍士官達によってクーデターが引き起こされ、摂政パヴレは失脚し国王ペータル2世による親政となった。ユーゴスラビア侵攻 フレッシュアイペディアより)

  • ノヴィ・サド

    ノヴィ・サドから見たセルビアセルビア

    ノヴィ・サド(セルビア語: - 発音:、ハンガリー語:、スロバキア語:、パンノニア・ルシン語:)は、セルビア北部の都市、およびそれを中心とした自治体であり、同国北部を占めるヴォイヴォディナ自治州の州都、南バチュカ郡の中心地である。街はパンノニア平原の南部、ドナウ川沿いにある。ノヴィ・サド フレッシュアイペディアより)

  • 民族統一主義

    民族統一主義から見たセルビアセルビア

    ハンガリー王国の歴史的地域 - ハンガリー人の居住する地域、ないしハンガリー王国の歴史的領土に基づき、スロバキアの大半および、それぞれオーストリア、ウクライナ、ルーマニア(トランシルヴァニア)、セルビア(ヴォイヴォディナ)、クロアチア、スロベニアの一部を潜在的なハンガリー領とみなす。民族統一主義 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合コソボ暫定行政ミッション

    国際連合コソボ暫定行政ミッションから見たセルビアセルビア

    コソボは長年にわたって、セルビア(以前はユーゴスラビア連邦共和国)の政府と地元で多数派を占めるアルバニア人の住民との間で政治的・領土的な問題となってきた。セルビアのコソボに対する領土的主張は国際社会の一部からは認められているものの、地域の大部分の住民と多数のヨーロッパ諸国はコソボの独立を求めている。国際連合コソボ暫定行政ミッション フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・パンテリッチ

    マルコ・パンテリッチから見たセルビアセルビア

    マルコ・パンテリッチ(、、1978年9月15日 - )は、ユーゴスラビア(現・セルビア)・ベオグラード出身の同国代表サッカー選手。オリンピアコスFC所属。ポジションはFW。マルコ・パンテリッチ フレッシュアイペディアより)

  • コソボ紛争

    コソボ紛争から見たセルビアセルビア

    1996年-1999年: ユーゴスラビア軍およびセルビア人勢力と、コソボの独立を求めるアルバニア人のテロリスト組織コソボ解放軍との戦闘コソボ紛争 フレッシュアイペディアより)

1378件中 21 - 30件表示

「セルビア」のニューストピックワード