1378件中 41 - 50件表示
  • セルビア語

    セルビア語から見たセルビアセルビア

    表記にはキリル文字とラテン文字の両方が用いられる。ユーゴスラビア連邦解体後の現在においては、セルビアでは主にキリル文字を用いるが、ラテン文字も通常使用されており、両者が完全に併用されている。ただし、キリル文字とラテン文字を同一の文および文章内で混用することは無い。公文書や学校の教科書などではキリル文字表記が主流だが、インターネット上などでは文字化けが起きにくいラテン文字表記が多く使用されている。このような事情を勘案して、セルビア語版ウィキペディアではキリル文字とラテン文字の自動変換機能を備えている。セルビア語 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の政治

    2012年の政治から見たセルビアセルビア

    4日 - セルビアのタディッチ大統領が辞任表明。2012年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • コソボ

    コソボから見たセルビアセルビア

    コソボ共和国(コソボきょうわこく)、あるいはコソボ・メトヒヤは、バルカン半島中部の内陸部に位置する地域である。北東をセルビア、南東をマケドニア共和国、南西をアルバニア、北西をモンテネグロに囲まれている。コソボ フレッシュアイペディアより)

  • ヴォイヴォディナ

    ヴォイヴォディナから見たセルビアセルビア

    ヴォイヴォディナ自治州(ヴォイヴォディナじちしゅう、; 発音、、、、、パンノニア・ルシン語:)は、セルビア北部に設置された自治州である。ボイボジナ、ボイボディナとも表記する。その首都であるノヴィ・サドは、自治州の最大都市である。ヴォイヴォディナは多民族混住の地であり、少数民族の権利擁護のために数多くの施策が実施されている。26を超える少数民族が居住しており、6つの公用語が存在する。ヴォイヴォディナ フレッシュアイペディアより)

  • レニ

    レニから見たセルビアセルビア

    レニ(ブルガリア語: / Reni)は、ブルガリアのポップ・フォーク歌手。ブルガリア北部プレヴェン出身。ブルガリア語のほかにセルビア語で歌い、セルビアでもCDを出している。レニ フレッシュアイペディアより)

  • NIN (雑誌)

    NIN (雑誌)から見たセルビアセルビア

    NIN(セルビア語:)は、セルビアのベオグラードで発行されているニュース週刊誌である。NINとは「週間情報新聞」を意味するセルビア語のの頭文字である。NIN (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • クロアチア鉄道

    クロアチア鉄道から見たセルビアセルビア

    ザグレブからヴィンコヴツィ (Vinkovci) へ(さらにベオグラード(セルビア)へ)クロアチア鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • モエシア

    モエシアから見たセルビアセルビア

    モエシア()は古代ローマの属州であり、現在のセルビアとブルガリアの領域に位置した。古代の地理でいうとモエシアは、南はバルカン山脈(ハエモナ山、Haemus)とシャール山(スカルディス山、Scardus)、西はドリナ川(ドリヌス川、Drinus)、北はドナウ川(ダヌビウス川、Danubius) 、そして東は黒海(ユークシン、Euxine)に囲われていた。この地域の住民は主にトラキア人とイリュリア人であった。地名は、当地に住んでいたトラキア人のモエシ族(Moesi)に由来する。モエシア フレッシュアイペディアより)

  • シェコヴィチ

    シェコヴィチから見たセルビアセルビア

    古代ローマ時代から現代に至るまで、シェコヴィチは交通路の上に位置していた。道路はドリナ川東岸(現在のセルビア)と中央ボスニアを結んでいた。シェコヴィチの呼称は、ヘルツェゴビナのシェコヴィナ(Šekovina)からの移住者の一団にちなんでおり、17世紀にシェコヴィチに移り住んできた。17世紀末まで、この地域には多数の住民が住んでいたものの、武装勢力の侵入や疫病によって人口は大きく減った。その後、ヘルツェゴビナから新しい住民が移住し、今日のシェコヴィチが築かれた。新しいシェコヴィチを築いた初期の移住者には、イリヤ・ビルチャニン(Ilija Birčanin)、ハジ・ミレンティイェ(Hadži Milentije)、プロテ・マティイェ・ネナドヴィッチ(Prote Matije Nenadović)らがいた。彼らの一族や、修道院に近しいその他の人々によって、シェコヴィチは第一次セルビア蜂起において強力なセルビアの協力者となった。イヴァン・グロズノグ(Ivan Groznog)の母イェリツァ・ヤクシッチ・グリンスカ(Jelica Jakšić Glinska)はシェコヴィチ出身であり、パプラチャ修道院(Papraća)やロシア皇帝によって、セルビアとの協力関係が築かれた。ロヴニツァ修道院(Lovnica)およびパプラチャ修道院はこの地域の文化的な拠点となるとともに、解放闘争の拠点ともなった。19世紀には両修道院はロシア帝国や、セルビア、ポーランドの修道院、アルーマニア人らとの関係を構築した。シェコヴィチはユーゴスラビア諸地域でも最初期の解放闘争の場となった。シェコヴィチでは第1ビラツ旅団(Prva Bircanslka Brigada)、第6東ボスニア旅団(Sesta Istocnobosanska Brigada)、第1工兵師団(Prva Pionirska Divizija)が結成された。1943年のルディ・ペトヴァラ(Rudi Petovara)の著書によると、シェコヴィチは東ボスニアの軍事・政治・文化的拠点となっていた。シェコヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィシェグラード (ボスニア・ヘルツェゴビナ)

    ヴィシェグラード (ボスニア・ヘルツェゴビナ)から見たセルビアセルビア

    ヴィシェグラードはドリナ川に沿っており、セルビア(当時のユーゴスラビア)との国境にも近い。紛争以前の1991年の国勢調査による人口はヴィシェグラード基礎自治体全体では21,199人でボシュニャク人が62.8%、セルビア人が32.8%、その他の民族が4.4%を占めていた。ヴィシェグラード (ボスニア・ヘルツェゴビナ) フレッシュアイペディアより)

1378件中 41 - 50件表示

「セルビア」のニューストピックワード