1760件中 41 - 50件表示
  • ベオグラード

    ベオグラードから見たセルビアセルビア

    ベオグラード(セルビア語: / Beograd、、ハンガリー語では: / )は、セルビア共和国の首都であり、最大都市である。ベオグラードはバルカン半島、パンノニア平原の中にあり、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に広がっている。2007年の公式の推計による人口は1,756,534人であった。かつてはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の首都であり、旧ユーゴスラビア地域で最大の都市である。また、ドナウ川沿いでは2番目に大きく、バルカン半島ではイスタンブール、アテネ、ブカレストに次いで4番目に大きい。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • 2015年欧州難民危機

    2015年欧州難民危機から見たセルビアセルビア

    2015年8月初旬の国際連合難民高等弁務官事務所の発表によれば、2015年のこの時期までに250,000名の移民が海を越えてヨーロッパへと到着している。内訳は124,000名がギリシャ、98,000名がイタリアとなる。欧州対外国境管理協力機関(Frontex)によれば7月は107,500名の移民がEUに到着したと試算されており、ひと月での最多記録となった。8月には156,000名がEU圏内に到着、この年のEUの国境を越えた移民の数が500,000人を越えた(ただし、ハンガリー国境でセルビアにカウントされた移民たちは数週間前にトルコからギリシャを越えているときにもカウントされていることがわかっている) 。2015年欧州難民危機 フレッシュアイペディアより)

  • ノヴィ・サド

    ノヴィ・サドから見たセルビアセルビア

    ノヴィ・サド(セルビア語: - 発音:、ハンガリー語:、スロバキア語:、パンノニア・ルシン語:)は、セルビア北部の都市、およびそれを中心とした自治体であり、同国北部を占めるヴォイヴォディナ自治州の州都、南バチュカ郡の中心地である。街はパンノニア平原の南部、ドナウ川沿いにある。ノヴィ・サド フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴスラビア

    ユーゴスラビアから見たセルビアセルビア

    ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の6つの構成共和国はそれぞれ独立し、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニアとなっている。また、セルビア国内の自治州であったコソボは2008年にセルビアからの独立を宣言した。コソボを承認している国は2014年12月中旬の時点で国連加盟193ヶ国のうち110ヶ国で、セルビアをはじめとするコソボの独立を承認していない国々からは、依然コソボはセルビアの自治州と見なされている。ユーゴスラビア フレッシュアイペディアより)

  • グヤーシュ

    グヤーシュから見たセルビアセルビア

    放牧や農作業をしていた大ハンガリー圏の人々が、わざわざ時間をかけて自宅で昼食をとる手間を省くため、外へ釜を作り大鍋で昼食用に作られたスープである釜煮グヤーシュ(、)が起源。現在でもハンガリーや現・ルーマニア領トランシルヴァニア、旧上ハンガリー、現スロヴァキアやセルビアのヴォイヴォディナ自治州などではこの伝統的なスタイルのグヤーシュを食べている。戦時中の移動部隊の食事にもなっていた。グヤーシュ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たセルビアセルビア

    1995年1月1日にはオーストリア、スウェーデン、フィンランドが、2004年5月1日には旧社会主義陣営の東ヨーロッパ諸国を含む10か国が、2007年1月1日にはルーマニアとブルガリアがそれぞれ欧州連合に加盟する。将来における拡大についても、セルビアやマケドニア旧ユーゴスラビア共和国などの、2005年に加盟したスロベニアおよび2013年に加盟したクロアチア以外の旧ユーゴスラビア連邦構成国やアルバニア、グルジアやウクライナなどのロシアと距離を置く東欧諸国、国土の一部がヨーロッパに属するトルコなどで加盟の是非に関する協議や、実際の加盟に向けた実務的な交渉が進められている。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • クロアチア

    クロアチアから見たセルビアセルビア

    クロアチア共和国(クロアチアきょうわこく、)、通称クロアチアは、東ヨーロッパ、バルカン半島に位置する共和制国家である。本土では西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境を接している。南はアドリア海に面し対岸はイタリア、飛び地のドゥブロヴニクでは東にモンテネグロと接している。首都はザグレブ。クロアチア フレッシュアイペディアより)

  • 双頭の鷲

    双頭の鷲から見たセルビアセルビア

    主に東ローマ帝国や神聖ローマ帝国と、関連したヨーロッパの国家や貴族などに使用された。現在でもセルビア、アルバニア、ドイツ、ロシアなどの国章や、ギリシャ正教会などで使用されている。双頭の鷲 フレッシュアイペディアより)

  • ヴカシン・ブライッチ

    ヴカシン・ブライッチから見たセルビアセルビア

    旧ユーゴスラビア連邦一円で2008年から2009年にかけて放映されたリアリティ番組・オペラツィヤ・トリユムフ(Operacija Trijumf)の第1シーズンに参加し、その名が知られるようになった。同番組は、かつてユーゴスラビア連邦に属したボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、マケドニア共和国、モンテネグロ、セルビアの5箇国で放送され、ヴライッチは2位に終わった。ヴカシン・ブライッチ フレッシュアイペディアより)

  • イロク

    イロクから見たセルビアセルビア

    イロク(,,,)はクロアチア東部ヴコヴァル=スリイェム郡の都市およびそれを中心とした基礎自治体である。セルビアのヴォイヴォディナとはドナウ川を挟み国境を接している。ハンガリー語での呼称であるウーイラク(Újlak)は新しい場所を意味している。イロク フレッシュアイペディアより)

1760件中 41 - 50件表示

「セルビア」のニューストピックワード