1378件中 61 - 70件表示
  • カテリナ・ボンダレンコ

    カテリナ・ボンダレンコから見たセルビアセルビア

    ボンダレンコ家の3姉妹は、ともにテニスコーチである両親の手ほどきでテニスを始めた。末娘のカテリナは4歳からプレーを始め、2000年に14歳でプロ入りしたが、しばらくジュニア選手の大会に出場し、2004年ウィンブルドンのジュニア女子シングルス決勝でアナ・イバノビッチ(セルビア)を 6-4, 6-7, 6-2 で破って優勝した。2005年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのウクライナ代表選手に選出される。2008年全豪オープンでは、シングルスは1回戦でアラバン・レザイ(フランス)に敗れたが、姉のアリョーナと組んだダブルスで活躍する。姉妹ペアは準々決勝で第1シードのリーゼル・フーバー(アメリカ)&カーラ・ブラック(ジンバブエ)を 6-3, 6-2 のストレートで破ると、準決勝でスペインペアのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組に勝ち、決勝戦ではビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)&シャハー・ピアー(イスラエル)組に 2-6, 6-1, 6-4 の逆転勝利を収めた。カテリナはグランドスラム大会で、ツアー経歴を通じて初めてのタイトルを獲得した。カテリナ・ボンダレンコ フレッシュアイペディアより)

  • ベビ・ドル

    ベビ・ドルから見たセルビアセルビア

    ベビ・ドル(セルビア語:)、出生名ドラガナ・シャリッチ(、1962年10月2日 - )は、セルビアの歌手である。ユーゴスラビア連邦・セルビア社会主義共和国のベオグラード(現・セルビア共和国)出身。芸名のベビ・ドルは、英語の「Baby Doll」を崩して作られた名前であり、時として「Baby Doll」の名前も使用している。ベビ・ドル フレッシュアイペディアより)

  • ヴコヴァル

    ヴコヴァルから見たセルビアセルビア

    地理的には、スラボニア東部に位置し、ドナウ川とヴゥカ川の合流地点に位置し、大きな河港がある。ドナウ川を挟み、対岸はセルビアのヴォイヴォディナである。都市の名であるヴコヴァルは町を流れるヴゥカ川から来ており、ハンガリー語ではヴァル(vár)は城を意味する。ヴカ川はもともとはスラヴ語で狼を意味するヴゥク(vuk)から来ているとされる。ヴィンコヴツィの北東20km、オシエクの南東36kmの場所に位置し標高は108mである。市街はドナウ川に沿って広がり、ヴコヴァル市部は南東部にボロヴォ・ナセリェ地区(Borovo Naselje)は北西部に別個に広がっている。ヴコヴァル基礎自治体にはリポヴァチャ(Lipovača)やソティン(Sotin)、グラボヴァ(Grabovo)などの村も含まれる。ユーゴスラビア社会主義連邦共和国時代のヴコヴァルの行政区域は現在よりも広かったが、その後いくつかの自治体に分割されている。ヴコヴァルには幹線道路D2号線(オシエク - ヴコヴァル - イロク)とヴィンコヴツィ - ヴコヴァル鉄道が通じている。ヴコヴァル フレッシュアイペディアより)

  • チプロフツィ

    チプロフツィから見たセルビアセルビア

    チプロフツィ(ブルガリア語: / Chiprovtsi、IPA: )は、ブルガリア北西部の町、およびそれを中心とした基礎自治体。モンタナ州に属する。バルカン山脈の西部、オゴスタ川( / Ogosta)の岸にそって広がる。セルビアとブルガリアとの国境に近い。2008年の時点で、チプロフツィの町にはおよそ2000人の住民がある。また、自治体全域ではおよそ3900人の人口がある。チプロフツィ自治体には、チプロフツィの町のほかに9つの周辺の集落が含まれている。チプロフツィ フレッシュアイペディアより)

  • イロク

    イロクから見たセルビアセルビア

    イロク(,,,)はクロアチア東部ヴコヴァル=スリイェム郡の都市およびそれを中心とした基礎自治体である。セルビアのヴォイヴォディナとはドナウ川を挟み国境を接している。ハンガリー語での呼称であるウーイラク(Újlak)は新しい場所を意味している。イロク フレッシュアイペディアより)

  • ドラガナ・マリンコビッチ

    ドラガナ・マリンコビッチから見たセルビアセルビア

    ドラガナ・マリンコヴィッチ(, , 1982年10月19日 - )は、セルビア国籍の女子バレーボール選手。プーラ(現在のクロアチア、当時はユーゴスラビア社会主義連邦共和国)出身。ポジションはミドルブロッカー。バレーボールセルビア女子代表。元バレーボールクロアチア女子代表ドラガナ・マリンコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ハインツ・ギュンタード

    ハインツ・ギュンタードから見たセルビアセルビア

    グラフの引退後は、エレナ・ドキッチ(セルビア)、アナ・イバノビッチ(セルビア)のコーチを務めたこともある。ハインツ・ギュンタード フレッシュアイペディアより)

  • ミロシュ・バヤリツァ

    ミロシュ・バヤリツァから見たセルビアセルビア

    ミロシュ・バヤリツァ(あるいはミロシュ・バヤリッツァ、セルビア語:、ラテン文字表記:Miloš BAJALICA、1981年12月15日 - )は、セルビア出身のサッカー選手。ユーゴスラビア社会主義連邦共和国(後のセルビア共和国)ベオグラード出身。ミロシュ・バヤリツァ フレッシュアイペディアより)

  • カルラ・スアレス・ナバロ

    カルラ・スアレス・ナバロから見たセルビアセルビア

    カルラは父親がハンドボール選手、母親は体操競技の教師という家庭に生まれ、母親の勧めにより9歳からテニスを始めた。2003年にプロ入りし、2007年に出身地のカナリア諸島からバルセロナに引っ越した。2007年全米オープンで4大大会の予選会に初出場。2008年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのスペイン代表選手に選ばれ、2月の「ワールドグループ」1回戦(対イタリア戦)でフェド杯にデビューする。5月末からの全仏オープンで、スアレス・ナバロは初めて予選会を突破し、初進出の本戦でいきなりベスト8に勝ち進んだ。本戦2回戦で元世界ランキング1位のアメリ・モレスモを 6-3, 6-4 で圧倒して波に乗り、一気に準々決勝まで勝ち上がる。最初の大舞台では第3シードとのエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 2-6, 3-6 で敗れた。続くウィンブルドンでは、2回戦でヤンコビッチに連敗する。その後北京五輪のスペイン代表選手にも選ばれ、シングルス1回戦で地元中国の彭帥に 5-7, 6-7 で敗れた。全米オープン終了直後のフェドカップ決勝戦にも起用されたが、スペインはロシアに「0勝4敗」の完敗に終わった。カルラ・スアレス・ナバロ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合・法の支配ミッション

    欧州連合・法の支配ミッションから見たセルビアセルビア

    コソボにおける欧州連合・法の支配ミッション(おうしゅうれんごう ほうのしはいミッション、European Union Rule of Law Mission in Kosovo)、通称EULEXコソボは、欧州連合によってコソボに派遣された警察・文民による支援ミッションである。EULEXは、国際連合安全保障理事会決議1244に基づくコソボへの国際的な監視を引き継ぐことを意図して計画された。セルビアやロシアははじめ、EULEXは国際連合安全保障理事会の決議を歪める、違法なものであると主張していたが、2008年の末にはこれらの主張を取り下げた。ミッションには2000人の警察官や司法関係者がおり、4箇月に及ぶ展開準備を2008年2月16日に開始した。欧州連合・法の支配ミッション フレッシュアイペディアより)

1378件中 61 - 70件表示

「セルビア」のニューストピックワード