1378件中 71 - 80件表示
  • 北緯45度線

    北緯45度線から見たセルビアセルビア

    更に其の西側ではバルカン半島を貫いている。: ルーマニア(プロイェシュティのすぐ北、トゥルグ・ジウの中)、セルビアのヴォイヴォディナ自治州、クロアチアの東端のごく一部、ボスニア・ヘルツェゴビナの北端,そしてアドリア海沿いのクロアチア領を通る。セルビアの首都であるベオグラードはこの緯線のすぐ南にある。北緯45度線 フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴスラビア人民解放戦争

    ユーゴスラビア人民解放戦争から見たセルビアセルビア

    枢軸国によるユーゴスラビア支配は極めて過酷なものであり、ユーゴスラビアは領土をばらばらに解体された。ドイツはスロベニアの主要部を併合し、また傀儡政権として設立されたセルビア救国政府の領域を占領するとともに、クロアチア独立国などの傀儡国家に対しても影響力を及ぼした。クロアチア独立国はこんにちのクロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナ、さらにセルビアのスレム地方を領土とした。ベニート・ムッソリーニ率いるイタリア王国はスロベニアの南部、コソボ、そしてダルマチアの沿岸部およびアドリア海の島々を手に入れた。またイタリアは傀儡国家・モンテネグロ独立国を設置して支配下に置き、またイタリア王家はクロアチア独立国の王位を手に入れた。ハンガリー王国はバラニャや、バチュカなどのヴォイヴォディナの一部、クロアチアのメジムリェ地方、スロベニアのプレクムリェ地方を併合した。ブルガリア王国は、こんにちのマケドニア共和国に相当する地域の大部分、およびセルビア東部とコソボの一部を併合した。ユーゴスラビア王国の解体とクロアチア独立国、モンテネグロ独立国、セルビア救国政府といった傀儡政権の樹立、枢軸国による占領と併合は、当時の国際法にも反するものであった。ユーゴスラビア人民解放戦争 フレッシュアイペディアより)

  • コンスタンティン・ジョストフ

    コンスタンティン・ジョストフから見たセルビアセルビア

    ガイタニノヴォ村(現在のブラゴエヴグラト州ハジディモヴォ自治体)出身。1885年のセルビア・ブルガリア戦争時、学生軍団の義勇兵として従軍。1887年、ソフィアの軍事学校で教育を受け、参謀本部で勤務。1897年、ウィーンの高等砲兵課程を修了し、同年、第3砲兵連隊の中隊長、1901年、砲兵監察部要塞砲主任、1905年、監察部の戦列班長を歴任する。1905年から駐ウィーン、ペテルブルク、パリ駐在武官。1907年から参謀本部。1910年から第3砲兵連隊長。1912年3月から予備役将校学校長。コンスタンティン・ジョストフ フレッシュアイペディアより)

  • 無防備都市宣言

    無防備都市宣言から見たセルビアセルビア

    第一次世界大戦初期のセルビア首都、ベオグラード市無防備都市宣言 フレッシュアイペディアより)

  • KFOR

    KFORから見たセルビアセルビア

    KFOR(Kosovo Force, コソボ治安維持部隊)は1999年6月10日に採択された国連安保理決議1244に基づき、北大西洋条約機構(NATO)指揮の下、当時ユーゴスラビア連邦共和国のセルビア共和国(2008年にセルビア共和国として独立)統治下にあったコソボ・メトヒヤ自治州(2008年2月17日にコソボ共和国として独立を宣言)において治安維持を行う国際安全保障部隊である。同決議に基づき暫定行政を行う民生部門は国際連合コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)という。KFOR フレッシュアイペディアより)

  • ルシン人

    ルシン人から見たセルビアセルビア

    ルシン人(ルシン語: ';ウクライナ語:;ルシーン人'とも)は、ウクライナ語の方言とされるルシン語を話すスラヴ人の民族集団である。ルーマニア、スロヴァキア、セルビア、ウクライナなど東ヨーロッパ各地に広く住む。ルシン人 フレッシュアイペディアより)

  • .yu

    .yuから見たセルビアセルビア

    .yuは本来、ユーゴスラビアに割り当てられていた国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。ユーゴスラビアは2003年2月にセルビア・モンテネグロに名前が変わり、2006年7月には、セルビアとモンテネグロに分裂し、2010年2月30日を以って廃止された。.yu フレッシュアイペディアより)

  • セルビアのユーロビジョン・ソング・コンテスト

    セルビアのユーロビジョン・ソング・コンテストから見たセルビアセルビア

    セルビアのユーロビジョン・ソング・コンテスト()では、セルビアにおけるユーロビジョン・ソング・コンテストについて述べる。セルビア2006年にセルビア・モンテネグロ解体に伴って独立国となり、は2007年大会よりユーロビジョン・ソング・コンテストに参加している。それ以前はユーゴスラビアの一部であり、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国として1961年大会から1991年大会まで、ユーゴスラビア連邦共和国として1992年大会に、セルビア・モンテネグロとして2004年大会から2005年大会まで参加してきた。セルビアのユーロビジョン・ソング・コンテスト フレッシュアイペディアより)

  • チェトニック

    チェトニックから見たセルビアセルビア

    チェトニック(セルビア・クロアチア語:Četnik、キリル文字表記、英語:Chetnik、複数形:チェトニツィ、Četnici、、Chetniks)は、第二次世界大戦下のユーゴスラビアにおける、セルビア将兵によって組織された、ナチス・ドイツへの抵抗組織。名称はチェトニクとも表記されるが、以下「チェトニック」で統一する。チェトニック フレッシュアイペディアより)

  • 大セルビア

    大セルビアから見たセルビアセルビア

    大セルビアの概念は、19世紀にセルビアの大臣イリヤ・ガラシャニン(Ilija Garašanin)の著作物ナチェルタニエ(Načertanije)が起源であるとみられる。その目的は、当時オスマン帝国とオーストリア=ハンガリー帝国によって分断されていたセルビア人の土地を統合することにあった。この著書のなかで、バルカン半島においてほとんどの場所で多数あるいは少数のセルビア人が住んでいるが、帝国によって支配されているとし、セルビア、マケドニア、コソボ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、ヴォイヴォディナならびにルーマニア、ブルガリアおよびハンガリーの一部をセルビア人の土地に含めた。ガラシャニンの計画では、主に親セルビア的な扇動家によるプロパガンダの流布を通じてこれらの国々にセルビア人の影響力を広め、オスマン帝国が完全に崩壊したときには最も望ましいセルビアの姿を作り上げる手段とすることが提唱されている。元来、この計画はセルビア国家統合の青写真として描かれたものであり、民族意識に欠けるとされる周囲の人々に対してセルビア人、親セルビア的な民族意識を植え付けることによってセルビアの領域を拡張することを第一の目的としている。ガラシャニンの著書では、セルビアの領域拡大のための暴力やテロリズム活動についての言及はない。大セルビア フレッシュアイペディアより)

1378件中 71 - 80件表示

「セルビア」のニューストピックワード