1760件中 81 - 90件表示
  • ノーラ B-52

    ノーラ B-52から見たセルビアセルビア

    ノーラ B-52は155mm52口径の自走榴弾砲であり、Vojnotehnički Institut社(Military Technical Institute Belgrade、セルビア)により開発された第4世代の火砲システムが搭載され、輸出や国内運用が行われている。ノーラ B-52 フレッシュアイペディアより)

  • ヴラフ人

    ヴラフ人から見たセルビアセルビア

    中央ヨーロッパや南東ヨーロッパのほぼ全ての国にヴラフ人は少数民族として暮らしており、ハンガリー、ウクライナ、セルビア、クロアチア、マケドニア共和国、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ギリシャ、ブルガリアなどがこれに含まれる。これ以外に、ポーランドやチェコ、スロバキア、モンテネグロでは周辺のスラヴ人に同化してヴラフ人は見られなくなった。ルーマニアとモルドバでは、(「ダコ=ルーマニア人」、あるいは単に「ルーマニア人」と呼ばれる)ヴラフ人が民族的に多数派を形成している。ヴラフ人 フレッシュアイペディアより)

  • セルビア・プルヴァ・リーガ

    セルビア・プルヴァ・リーガから見たセルビアセルビア

    セルビア・プルヴァ・リーガ(、''''、略称:PLS)は、セルビアの最上位サッカーリーグであるセルビア・スーペルリーガに次ぐカテゴリーである。セルビア・プルヴァ・リーガ フレッシュアイペディアより)

  • セルビア・モンテネグロ・プルヴァ・リーガ

    セルビア・モンテネグロ・プルヴァ・リーガから見たセルビアセルビア

    プルヴァ・サヴェズナ・リーガ(, )は、かつて存在したユーゴスラビア連邦共和国及びセルビア・モンテネグロのサッカー最上位リーグである。1992年にユーゴスラビア社会主義連邦共和国が解体され、国名がユーゴスラビア連邦共和国へ改称された1992-93シーズンから、セルビア・モンテネグロへの改称を経て、2006年にセルビアとモンテネグロに分離された2005-06シーズンまでを述べる。セルビア・モンテネグロ・プルヴァ・リーガ フレッシュアイペディアより)

  • ラディシャ・イリッチ

    ラディシャ・イリッチから見たセルビアセルビア

    ラディシャ・イリッチ(、、1977年9月20日 - )は、ユーゴスラビア(現・セルビア)出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。元セルビア代表。現役時代のポジションはGK。ラディシャ・イリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ベーラ3世

    ベーラ3世から見たセルビアセルビア

    1165年春、イシュトヴァーン3世はシルミウムへの新たな軍事作戦を開始する。マヌエル1世はハンガリー軍の迎撃を命じ、ベーラは再びマヌエルに同行した。ビザンツ軍がジモニ(現在のセルビアのゼムン)を奪還した後、ベーラは捕虜としたハンガリー兵の処刑を取りやめるよう、マヌエル1世に願い出た。また、ビザンツ軍はダルマチアを占領する。イシュトヴァーン3世とマヌエル1世の間に結ばれた新たな平和条約によって、ベーラの公国の宗主権がビザンツ帝国にあることが確認され、ダルマチアとボスニアはビザンツのテマに編入される。ベーラ3世 フレッシュアイペディアより)

  • セルビアのユーロビジョン・ソング・コンテスト

    セルビアのユーロビジョン・ソング・コンテストから見たセルビアセルビア

    セルビアのユーロビジョン・ソング・コンテスト()では、セルビアにおけるユーロビジョン・ソング・コンテストについて述べる。セルビア2006年にセルビア・モンテネグロ解体に伴って独立国となり、は2007年大会よりユーロビジョン・ソング・コンテストに参加している。それ以前はユーゴスラビアの一部であり、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国として1961年大会から1991年大会まで、ユーゴスラビア連邦共和国として1992年大会に、セルビア・モンテネグロとして2004年大会から2005年大会まで参加してきた。セルビアのユーロビジョン・ソング・コンテスト フレッシュアイペディアより)

  • プレシェヴォ渓谷

    プレシェヴォ渓谷から見たセルビアセルビア

    プレシェヴォ渓谷(プレシェヴォけいこく、セルビア語:、アルバニア語:)は、セルビアの本土(中央セルビア)の最南端の一角を占める地域であり、プレシェヴォとメドヴェジャの2つの自治体がその中心を占める。両自治体ともコソボに接している。プレシェヴォ渓谷 フレッシュアイペディアより)

  • バルカン山脈

    バルカン山脈から見たセルビアセルビア

    バルカン山脈(バルカンさんみゃく)、あるいはスタラ・プラニナ(ブルガリア語・セルビア語:、「古い山」の意)は、バルカン半島東部の山脈である。スターラ山脈とも呼ばれる。山脈は、ブルガリアとセルビアの国境をなすヴルシュカ・チュカ峰(ブルガリア語:、セルビア語:)から東に560キロメートルにわたって延び、黒海岸のエミネ岬(、en)まで続いている。ブルガリア中部で最も高く、最高峰はブルガリア中部の中央バルカン国立公園(Central Balkan National Park、1991年創設)にあるボテフ峰(、en、2376メートル)である。山脈はバルカン半島の名前の由来ともなっている。バルカン山脈は、ブルガリアの歴史の中で重要な役割を果たしてきており、ブルガリアとブルガリア人の形成と発展に大きく関与している。バルカン山脈 フレッシュアイペディアより)

  • ギバニッツァ

    ギバニッツァから見たセルビアセルビア

    ギバニッツァ (,,) とはバルカン半島全体で人気があるセルビアの伝統的なペイストリー料理。通常白チーズと鶏卵を用いて作られる。レシピには甘いものから塩味のしっかりしたものまで幅があり、簡単なものからミルフィーユのように層のあるお祝い向けの手の込んだものまで様々である。ギバニッツァ フレッシュアイペディアより)

1760件中 81 - 90件表示

「セルビア」のニューストピックワード