126件中 41 - 50件表示
  • セルビア

    セルビアから見たバルカン半島

    セルビア共和国(セルビアきょうわこく)、通称セルビアは、南東ヨーロッパ、バルカン半島中西部の内陸に位置する共和制国家。かつてのユーゴスラビアに属した地域の中央に位置しており、政治的にもその中心となる国であった。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見た国民議会 (セルビア)

    国家元首である大統領は国民の直接選挙で選出され、任期は5年。3選禁止。元首としてセルビア共和国を代表し、形式的に国軍の最高司令官を務め、国民議会の解散や非常事態発令を行なう。また、国民議会が可決した法案を差し戻し、再審議させる権利もあるが、国民議会が再度法案を可決した場合は、大統領の認可がなくとも法律として制定される。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見たクロアチア語

    セルビア人の言語はセルビア語、クロアチア人はクロアチア語、ボシュニャク人はボスニア語であるが、この3つの言語に大きな差異はなく、かつてはひとまとめにセルビア・クロアチア語とされていた。同じ地域に住み、同じ方言を話していても、セルビア人の話す言語はセルビア語、クロアチア人の話す言語はクロアチア語とみなされる。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見た立法府

    立法府は一院制の国民議会で、定数は250議席。議員は国民の直接選挙で比例代表制によって選出され、任期は4年。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見たマグネシウム

    品位の高い石炭の採掘量は10万トン、原油は88万トン、天然ガスは28千兆ジュールである。無機鉱物資源は種類が多いものの、採掘量は少ない。亜鉛、金、銀、銅、鉛、アルミニウムの原料となるボーキサイト、マグネシウムを産出する。火力発電に加え、水力発電(総発電量の36.5%)にも適した地形であるため、セルビアは電力に恵まれている。その結果、輸出に占めるアルミニウムの割合は8.4%に達し、最大の輸出品目となっている。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見たアルバニア

    欧州南東部のバルカン半島に位置する内陸国である。西側でモンテネグロ・ボスニア・ヘルツェゴビナ、南西部でコソボに接し、コソボを通じてアルバニアと接している。南部国境でマケドニア共和国、南東部でブルガリア、東部でルーマニア、北部でハンガリー、北西部でクロアチアと接している。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見た亡命政権

    第二次世界大戦ではナチス・ドイツに侵攻され、王国政府はロンドンに逃れて亡命政権を樹立した。ドイツ軍は傀儡政権であるセルビア救国政府を成立させる一方で、軍政を敷いてセルビアでの事実上の支配権を握った。他方で、ユーゴスラビア王国軍で主流であったセルビア人将校が中心となり、ドイツ軍に対抗する武装組織チェトニックが組織された。しかし、ドイツ軍政当局はドイツ軍の死者1人につきセルビア人市民100人、ドイツ軍の負傷者1人につきセルビア人市民50人を殺害する規定を導入し、セルビア人市民を虐殺した。チェトニックたちの多くはドイツ軍への抵抗をあきらめ、次第に軍政当局に協力する立場へと転じていった。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見た褐炭

    モンテネグロを含むセルビアの鉱業を特徴付けるのは豊富な有機鉱物資源である。品質は低いが燃料に向く褐炭を大量に産出する。2002年時点の採掘量は、世界シェアの3.8%に達する3450万トン(世界第10位)である。このため、輸入に占める燃料の割合は数%以下であり、総発電量に占める火力発電の比率が64.5%と高い。つまり、エネルギー自給に関してはセルビアには問題が少ない。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見た首都

    首都ベオグラードは、ユーゴスラビア誕生以来2006年にセルビア・モンテネグロが解体されるまで、一貫して連邦の首都であった。2006年6月3日のモンテネグロの分離独立に伴い独立宣言をした。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見た黒海

    またドナウ川の水上交通を経て黒海へのアクセスも可能である。セルビア フレッシュアイペディアより)

126件中 41 - 50件表示

「セルビア」のニューストピックワード