122件中 91 - 100件表示
  • センコー

    センコーから見た八日市インターチェンジ

    また、湖東三山巡りや多賀大社、安土城、彦根城等周辺観光地への拠点としてもPRを行っているが、電車での最寄駅となる能登川駅から無料送迎バスで20分以上かかり、自動車のアクセスも彦根インターチェンジから20分、八日市インターチェンジからでも15分かかるという立地条件ゆえに、観光客の取り込みには困難が伴う。従って、センコーグループ内における社内教育研修利用が売上の大きな柱となっている点は、依然として変わりがない。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見たオリックス

    2001年(平成13年)7月 - センコーリース株式会社をオリックス株式会社へ譲渡。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見た朱色

    1972年(昭和47年)に、コーポレートカラーが主色である明るい緑色(パントーン347)と補色である朱色(ウォーム・レッド)と白色に定められた。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見たモーダルシフト

    近年の動向として、単に物を運ぶだけの運輸業からの脱却を目指し、「流通情報企業」という看板を掲げて、物流システムの情報化を強く打ち出している点が挙げられる。また、化学・住宅系の安定大荷主に頼るばかりでなく、新規顧客獲得を目指した量販・小売等の流通ロジスティクス事業を今後の成長の柱と位置づけ、新規物流センターを積極的に開設している。さらにモーダルシフトに対応した内航海運事業や通運事業、荷主企業の海外生産に対応した国際物流事業、サード・パーティー・ロジスティクス事業者として顧客によるアウトソーシングの要請に応える物流コンサルティング事業にも注力している。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見たアポローン

    センコーの車両や営業所等に描かれている「グローバルアポロ」と呼ばれるシンボルマークは、1972年(昭和47年)に車両塗色の変更と同時に制定された。ギリシア神話の太陽神アポロが地球を運ぶ姿を図案化したものであるが、その図柄はスイカ泥棒などと揶揄されることもある。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見た日南市

    旭化成関連では、宮崎県延岡市の工場から日南市まで旭化成で生産された化学薬品(カセイソーダ、塩素)を王子製紙日南工場向けにトラック航送している。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見たコーポレートカラー

    1972年(昭和47年)に、コーポレートカラーが主色である明るい緑色(パントーン347)と補色である朱色(ウォーム・レッド)と白色に定められた。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見た延岡市

    旭化成関連では、宮崎県延岡市の工場から日南市まで旭化成で生産された化学薬品(カセイソーダ、塩素)を王子製紙日南工場向けにトラック航送している。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見た彦根インターチェンジ

    また、湖東三山巡りや多賀大社、安土城、彦根城等周辺観光地への拠点としてもPRを行っているが、電車での最寄駅となる能登川駅から無料送迎バスで20分以上かかり、自動車のアクセスも彦根インターチェンジから20分、八日市インターチェンジからでも15分かかるという立地条件ゆえに、観光客の取り込みには困難が伴う。従って、センコーグループ内における社内教育研修利用が売上の大きな柱となっている点は、依然として変わりがない。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見たフレキシブルコンテナバッグ

    なお、合成樹脂のバルク輸送においては、従来はフレコン充填による平ボディートラック・ウィングトラック輸送が通常であった。しかし近年では、積載効率の向上、荷主側設備負担の軽減、二酸化炭素排出量の削減、異物混入防止等を目的として、樹脂バルク専用コンテナや特殊シャーシを開発しコンテナ輸送化を図っている。センコー フレッシュアイペディアより)

122件中 91 - 100件表示