122件中 11 - 20件表示
  • センコー

    センコーから見た三越伊勢丹ホールディングス

    そのほかにも、2008年(平成20年)3月にはドラッグストア大手の株式会社CFSコーポレーションの物流業務を主とする厚木ロジスティクスセンターを開設、同年5月にはアパレルメーカー大手の株式会社三陽商会の物流業務を主とする市川ファッションロジスティクスセンターを開設、さらに平成21年(2009年)7月には百貨店大手の株式会社三越(現在は三越伊勢丹ホールディングス傘下の三越伊勢丹(関東地区店舗の運営会社)ほか)の通販物流を担う船橋ファッションロジスティクスセンターを開設するなど、流通ロジスティクス事業に対する投資が集中的に行われている。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見たミスターマックス

    この事業への本格参入は、昭和60年(1985年)に物流コンサルティング活動を契機としてホームセンター大手の株式会社ケーヨーの物流業務を受託し、その納品代行センターを開設したことを皮切りとする。ここで蓄積したノウハウを基に以後積極的な営業活動を行い、量販・小売チェーンストアに対する3PL事業者として一定の地歩を築くことに成功した。一例として、ディスカウントストア大手の株式会社ドン・キホーテや株式会社ミスターマックス、GMS大手のイオングループの納品代行センターを開設している点が挙げられる。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見たミニストップ

    2012年(平成24年)3月 - カザフスタンにてミニストップ事業を行う合弁会社への資本参加を発表。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見た大阪証券取引所

    1961年(昭和36年)10月 - 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見た阪急交通社

    2005年(平成17年)11月 -株式会社阪急交通社と包括的な物流業務提携で合意。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見た三陽商会

    そのほかにも、2008年(平成20年)3月にはドラッグストア大手の株式会社CFSコーポレーションの物流業務を主とする厚木ロジスティクスセンターを開設、同年5月にはアパレルメーカー大手の株式会社三陽商会の物流業務を主とする市川ファッションロジスティクスセンターを開設、さらに平成21年(2009年)7月には百貨店大手の株式会社三越(現在は三越伊勢丹ホールディングス傘下の三越伊勢丹(関東地区店舗の運営会社)ほか)の通販物流を担う船橋ファッションロジスティクスセンターを開設するなど、流通ロジスティクス事業に対する投資が集中的に行われている。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見た日本通運

    1978年(昭和53年)に進出した引越事業は、現在では主として子会社の株式会社センコー引越プラザとイヌイ運送とが担当している。平成22年度の売上高は約49億円であり、引越業界では第9位である。陸運業大手の日本通運やヤマトホールディングス、引越専業のサカイ引越センター等と比較すると十分の一程度の規模であり、引越事業のイメージキャラクターやCMも存在しないため、一般消費者に対する引越業者としての認知度はあまり高くはない。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見たエイチ・ツー・オー リテイリング

    とりわけ市川ファッションロジスティクスセンター開設や船橋ファッションロジスティクスセンター開設に代表されるアパレル物流は将来の主力になると期待されており、百貨店納品代行業務大手の東京納品代行の子会社化や、エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急阪神百貨店)グループからの江坂運輸ならびに阪神運送の譲り受けも、アパレル物流事業強化の流れに属している。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見た日立物流

    特に、イオングループの物流業務受託はセンコーグループ内において大きな位置を占めている。イオングループはその戦略物流構想を実現するため、福山通運株式会社や株式会社日立物流等と並び、センコーにも物流センター運営業務を委託している。これに応じて、センコーではイオングループの物流業務を専門とする仙台北支店と札幌南支店とを設置し、東北と北海道におけるイオングループの物流業務を担っている。また、2011年8月には、関東主管支店にて野田第1PDセンターを開設し、北関東におけるイオングループの物流業務も開始した。センコー フレッシュアイペディアより)

  • センコー

    センコーから見たヤマトホールディングス

    1978年(昭和53年)に進出した引越事業は、現在では主として子会社の株式会社センコー引越プラザとイヌイ運送とが担当している。平成22年度の売上高は約49億円であり、引越業界では第9位である。陸運業大手の日本通運やヤマトホールディングス、引越専業のサカイ引越センター等と比較すると十分の一程度の規模であり、引越事業のイメージキャラクターやCMも存在しないため、一般消費者に対する引越業者としての認知度はあまり高くはない。センコー フレッシュアイペディアより)

122件中 11 - 20件表示