セントラル硝子 ニュース&Wiki etc.

セントラル硝子株式会社(セントラルがらす、)は、 東京都千代田区に本社があるガラス製品・化学品を製造する日本の企業。設立の経緯から証券区分は化学になっている。 (出典:Wikipedia)

「セントラル硝子」最新ニュース

「セントラル硝子」マーケット概況 / 関連情報

チャート

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「セントラル硝子」のつながり調べ

  • 大和水銀鉱山

    大和水銀鉱山から見たセントラル硝子

    明治に入ると積極的に探鉱が行われるようになり、1909年(明治42年)に岡山県出身の景山和民が今の宇陀市菟田野大沢で有望な露頭(鉱脈)を発見し、小規模ながら製錬所が建てられ、水銀の生産が始まった。小規模であるものの、当時の日本で数少ない水銀鉱山であった。大規模に採掘されるようになったのは昭和初期、1931年(昭和6年)に大和水銀鉱業(注・野村鉱業の前身であるヤマト鉱業とは別会社。後掲の宇部曹達工業の関連会社)が開業して以降。同年にはそれまでのレトルト炉に加えて、アメリカから輸入されたロータリーキルンが新設された。水銀に富む精鉱はレトルト炉で、貧弱な精鉱はロータリーキルンで処理された。しかし、成果が思わしくなく、後に山元での製錬は中止。終戦まで大阪市内にあった他社の水銀製錬所に売鉱していた。その後、戦時中に国策会社である帝国鉱業開発に経営が移譲され、戦後になり大和水銀鉱業に返還されたともいわれる。戦後、1951年(昭和26年)に宇部曹達工業も開業するが、1955年(昭和30年)以降は二社の鉱山が合併した上で野村鉱業に譲渡された。野村鉱業は、関連会社として大和金属鉱業を設立し、以降は同社の経営となる。(大和水銀鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • 宇部市

    宇部市から見たセントラル硝子

    セントラル硝子(本店、宇部工場、化学研究所)(宇部市 フレッシュアイペディアより)

「セントラル硝子」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「セントラル硝子」
地図情報

「セントラル硝子」のニューストピックワード