223件中 91 - 100件表示
  • 亀苓膏

    亀苓膏から見たゼリーゼリー

    カメの腹側にある腹甲(背側の甲羅をも使う場合もある)を干して粉砕した粉末と、ドブクリョウ(土茯苓)、甘草、仙草(せんそう)、火麻仁(かまにん、アサの実)、スイカズラ(忍冬。にんどう)などの生薬を煎じ、成分を抽出した液を陶器の器に入れて蒸すことで、ゼリー状に固まる。加える生薬の種類や比率は、店やメーカーにより異なる。ドブクリョウではなく、ブクリョウ(茯苓)を使う例もある。香港には美肌に効果があると言われている霊芝(れいし)を加えた霊芝亀苓膏もある。亀苓膏 フレッシュアイペディアより)

  • 熱帯果樹

    熱帯果樹から見たゼリーゼリー

    加工や保存技術が進むにつれ、シャーベット、アイスクリーム、ゼリー、ソース、チャツネ、サプリメントなどさまざまな食品に利用されている。パパイアやパイナップル等は酵素を含み、糖分、脂肪、各種ビタミン、中には薬用成分が豊富なものがある。ただし、アセロラは日持ちしないことで知られ、生果が生産地外に輸送されることは稀である。熱帯果樹 フレッシュアイペディアより)

  • ところてん

    ところてんから見たゼリーゼリー

    全体の98~99%が水分で、残りの成分のほとんどは多糖類(アガロース)である。ゲル状の物体であるが、ゼリーなどとは異なり表面はやや堅く感じられ、独特の食感がある。腸内で消化されないため栄養価はほとんどないが、食物繊維として整腸効果がある。ところてん フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー飲料

    ゼリー飲料から見たゼリーゼリー

    ゼリー飲料(ゼリーいんりょう)とは、柔らかいゼリーをくずしながら飲用する飲料である。ゼリー飲料 フレッシュアイペディアより)

  • ゼリービーンズ

    ゼリービーンズから見たゼリーゼリー

    砂糖・水飴・デンプンあるいは寒天を使ってゼリーを作り、コーンスターチを厚く敷いた箱の中で豆型にして、ある程度乾燥させる。できあがったものを回転鍋に入れ、粉砂糖でコーティングした後、蜜蝋で表面を固め、つやを出す。ゼリービーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ガングリオン嚢胞

    ガングリオン嚢胞から見たゼリーゼリー

    ガングリオン嚢胞(ガングリオンのうほう)とは非がん性のゼリー状の液体で満たされたこぶ(嚢胞)で、手首や手の腱と関節周辺に主に発症する。足に表れることもある。ガングリオン嚢胞 フレッシュアイペディアより)

  • エアロゲル

    エアロゲルから見たゼリーゼリー

    エアロゲルは、収縮を起こすことなくゼリーに含まれる水分を気体に置き換えられるか、というチャールズ・ラーンドの課題に挑戦した、スティーブン・キスラーにより1931年に発明され、ネイチャーで発表された。最初に置換に成功した物質はシリカゲルだったが、同じ論文の中でケイ素、アルミナ、酸化クロム、酸化スズも報告されている。その後、さまざまな物質で作製されるようになった。カーボンエアロゲルは1989年に発明された。エアロゲル フレッシュアイペディアより)

  • 佃權

    佃權から見たゼリーゼリー

    ゼリー寄せおでん(夏季限定。通称『冷やしおでん』)佃權 フレッシュアイペディアより)

  • ローゼル

    ローゼルから見たゼリーゼリー

    萼と苞の肥大した部分は、酸味があって、生食できる。その他にジャム、ゼリー、酒、ハーブティー、清涼飲料など様々なことに利用される。また、葉は野菜として、茎からは繊維として利用される。ミャンマーでは「チンバウン」とよばれ、葉を炒め物やスープにする。ローゼル フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たジュレゼリー

    英名 (ジェリー)はフランス語からの古い借用語。フランス語 (ジュレ)は動詞 「凍らせる」の過去分詞形で、 (ジェラート)と同様、元来は「凍らせたもの」の意。 は同義のラテン語 (ゲラーレ)に由来し、 はまた、ゼラチン()、ジェル()、ゲル()、などの語源でもある。ゼリー フレッシュアイペディアより)

223件中 91 - 100件表示