223件中 101 - 110件表示
  • 貼箱

    貼箱から見たゼリーゼリー

    中芯と呼ばれる坪量500〜700g/m2の生地ボールで箱を作り、四隅を止め、テープや貼り紙で固定する。その箱の大きさに合わせた「貼り紙」として、和紙や印刷した洋紙を膠(にかわ)や貼箱専用のゼリー膠などの接着剤で貼り付け、くるみ込んで箱に仕上げる。貼箱 フレッシュアイペディアより)

  • タンカン

    タンカンから見たゼリーゼリー

    果汁を絞り瓶詰めなどのジュースとして販売したり、シャーベット、アイスクリーム、ゼリー、蒸しパン、ケーキなど、風味付けとして加えた食品が製造されている。タンカン フレッシュアイペディアより)

  • ユダヤ料理

    ユダヤ料理から見たゼリーゼリー

    ヨーロッパでは、フルーツジュースから作られたゼリーやジャムがペストリーのフィリングとして使われたり紅茶に添えて供されたりした。貧しい人々にとってジャムは病人のための保存食であったため、それを保存する際にはイディッシュ語で「これを使う必要がありませんように( Alevay zol men dos nit darfen )」と唱える習慣があった。ユダヤ料理 フレッシュアイペディアより)

  • マスカット・オブ・アレキサンドリア

    マスカット・オブ・アレキサンドリアから見たゼリーゼリー

    北アフリカ原産の非常に古い品種で、ローマ帝国時代、エジプトのアレキサンドリア港から地中海各地に広がった。淡黄緑色(エメラルド色)の長円形の大粒の実をつけ、甘みが強く、強いマスカット香が特徴である。「ブドウの女王」の異名を持つ。スペイン、イタリア、南アフリカでは、生食として、南ヨーロッパ、アフリカ、南アメリカ、カリフォルニア、オーストラリアでは、ワインの原料として利用されている。日本では、生食が主であるが、時折ワインが作られる他、果汁などはアイスクリームや清涼飲料水、ゼリー、和菓子などに使われる。マスカット・オブ・アレキサンドリア フレッシュアイペディアより)

  • 車厘

    車厘から見たゼリーゼリー

    車厘 フレッシュアイペディアより)

  • ハワイ料理

    ハワイ料理から見たゼリーゼリー

    ハウピア - ココナッツミルクをピア(タシロイモ)のデンプンなどで固めたゼリー状の菓子ハワイ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 尿道カテーテル

    尿道カテーテルから見たゼリーゼリー

    男性の場合は尿道が長く、また前立腺が存在するので挿入が難しい。女性の場合は尿道口の確認が困難で、極端に太った体型の場合は難易度が増す。清潔と愛護操作が必要である。以前は挿入前に尿道口をイソジンなどで消毒していたが消毒をすることに意義がないことが判ってきており、消毒なしで留置されることが増えている。(仰向けに寝ている患者の)ペニスを軽く上方に引っ張りながら親指と人差し指で尿道口が広がるように摘まんで持ち、開いた尿道口にカテーテルをゆっくりと挿入していく。潤滑と痛みの緩和の為にキシロカインゼリーを前もって塗っておくとよい。挿入が困難であるなら、一旦抜いてキシロカインゼリーを塗りなおしたり、注射器でキシロカインゼリーを注入しておいても良い。挿入しにくいときには細く硬いカテーテルが通りやすいが無理に挿入すると尿道を傷つけることがあるので無理はしない。カテーテルが前立腺に達すると特に抵抗があるが、前立腺を通過し膀胱に達すると抵抗が少なくなり、自然に尿が出てくるので、尿が出てくるまで挿入する。カテーテルを留置しない場合は尿が排出し終わったらカテーテルを引き抜く。尿道カテーテル フレッシュアイペディアより)

  • 客家料理

    客家料理から見たゼリーゼリー

    仙人? - 仙草ゼリー。シロップが多く、飲料のようになっている場合もある。客家料理 フレッシュアイペディアより)

  • ぷよまん

    ぷよまんから見たゼリーゼリー

    姉妹品として同じく『魔導物語』のキャラクターであるカーバンクルを模した「カーバンクル饅頭」、「きまぐれカーくんのビーフカレー」、「カーバンクルお好みソース」、すけとうだらを模した明太子の「すけとうたらこ」、スケルトンTを模した「スケルトン紅茶(ティー)」、ぷよぷよを模したゼリーの「ぷよゼリー」、煎餅の「ぷよせん」、ケーキの「ぷよバターケーキ」なども販売された。ぷよまん フレッシュアイペディアより)

  • ターシャ・テューダー

    ターシャ・テューダーから見たゼリーゼリー

    1972年、57歳の時に思う存分庭造りをするためにバーモント州南部の小さな町はずれマールボロに移り住み、19世紀頃の開拓時代スタイルのスローライフな生活を営んだ。およそ30万坪の広大な土地に、家具職人である長男セスはターシャの希望する年季の入った古びた家になるように18世紀の工法を研究し、たった1人で家を造り上げた。家と庭の一帯を「コーギー・コテージ」と呼び、電気や水道等、近代設備は最小限に留め暖炉とベッドとロッキングチェアー、薪オーブンがあるような質素な室内と古い道具を使う昔ながらの生活を実践した。一日の大半を草花の手入れに費やし、小花模様のドレスやエプロンを手作りし山羊の乳を搾り、庭でとれた果実で、ジャムやジェリー(透明なジャム)を作りパイを焼いたりした。16歳の時にパン作りのコンクールで優勝したこともあるほど料理は得意で、料理の秘訣は「近道を探さないこと」がモットー。挿絵入りの料理本(『ターシャ・テューダーのクックブック』)を出版したこともあった。コーギー犬の「メギー」が良きパートナーで、他にもハトやニワトリなどの小動物と共に暮らしていた。16時半、庭先のポーチでお茶を飲むのが日課。日記代わりに周りの草花や動物達をスケッチした。毎日のように歩いて10分ほどのところに住んでいる長男のセスが訪ねてきて水遣りや買い物や力仕事など甲斐甲斐しく母を助け、高齢の母親の暮らしを見守っていた。2008年6月18日に自宅で家族、友人に囲まれ脳卒中の合併症により逝去。。ターシャ・テューダー フレッシュアイペディアより)

223件中 101 - 110件表示