223件中 111 - 120件表示
  • ナツメヤシ

    ナツメヤシから見たゼリーゼリー

    デーツはやわらかくなったものや干したものをそのまま食べるか(レーズンや干し柿の味を濃厚にしたような甘い味がする)、あるいはジャムやゼリー、ハルヴァ、ジュース、菓子などに加工される。また、果糖を多量に含むため、水に浸したものを発酵させて酒(アラックやモロッコの「マヒア (mahia)」など)や酢が醸造される。また、乾燥させ、粉にしたデーツは、小麦とまぜて保存食にする。また、乾燥したデーツはサハラ砂漠地帯ではラクダや馬、犬などの餌にもされる。ナツメヤシ フレッシュアイペディアより)

  • 焼きラーメン

    焼きラーメンから見たジュレゼリー

    恵南地域の特産品を使用するのが特徴で、麺と醤油は明智町産、豚肉は岩村町産、ユズは串原産、トマトは上矢作町産、出汁醤油は明智町産とし、山岡町産の寒天を用いて後がけジュレとしている。焼きラーメン フレッシュアイペディアより)

  • くずシャリ

    くずシャリから見たゼリーゼリー

    一見するとアイスキャンデーと同じであり、凍らせた状態にあってはアイスキャンデーとの見分けがつきにくいとされる。しかしながらアイスキャンデーと異なり、フルーツ果汁を混ぜた葛を成型し凍らせたものであるため、一般的なアイスキャンデーと異なり、溶けた場合でも液体にはならず、ゼリー状に変遷するのみであるという特徴を持つ。2014年10月23日放送の秘密のケンミンSHOWによれば、桜屋店主であった佐竹弘志が、凍ったゼリーをヒントに作ったのが、その起源であるという。くずシャリ フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・エルミー・フランカテリ

    チャールズ・エルミー・フランカテリから見たゼリーゼリー

    フランカテリの4冊目にして最後の料理書は、菓子製造の技法について書いた『大英帝国と海外の菓子の本』 (Royal English and Foreign Confectionery Book1) である。彼は1862年に出版した本書で、凝った芸術的な菓子の作り方、果物・果肉・果汁の保存法、ジャム・ゼリー・シロップの作り方、酒・飲み物の作り方、デザートケーキ、パン、キャンディー、ボンボン、コンフィット(ドライフルーツ・ナッツ入りの糖菓)、エッセンス、コーディアル(ノンアルコール果汁飲料)の作り方、そして流行のデザートの経済的な作り方などを紹介している。チャールズ・エルミー・フランカテリ フレッシュアイペディアより)

  • ジャスミン茶

    ジャスミン茶から見たゼリーゼリー

    台湾にはジャスミン茶の味を付けたほの甘いゼリーがあり、粉末のインスタント商品も売られている。ジャスミン茶 フレッシュアイペディアより)

  • 五木食品

    五木食品から見たゼリーゼリー

    2012年以降は熊本県のサプライズキャラクター『くまモン』を起用したパッケージの商品販売に力を入れている。台湾では、南投市の 興霖食品股份有限公司 という会社が「五木(Wumu)」のロゴと乳児を背負った女性の酷似する商標で乾麺やゼリーなどのインスタント食品を販売しているが、五木食品とは無関係である。創業は、五木食品が100年以上早い。五木食品 フレッシュアイペディアより)

  • 阿膠

    阿膠から見たゼリーゼリー

    中国では、阿膠を主原料にクルミやゴマ、干し竜眼、糖類を用いたゼリーの一種「阿膠糕」も作られており、こちらは純粋な菓子や土産物、一種の健康食品として市販されている。 阿膠 フレッシュアイペディアより)

  • レッド・ペッパー・ガールズ

    レッド・ペッパー・ガールズから見たゼリーゼリー

    苺やゼリー等の果物にもタバスコや唐辛子をかける。レッド・ペッパー・ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • 榮太樓總本鋪

    榮太樓總本鋪から見たゼリーゼリー

    一般的にはスーパーマーケット等の小売店で扱われる抹茶や梅ぼ志、黒飴などの味がある「榮太樓飴」や金鍔、有平糖を原点とした細工飴などがあるが、和生菓子・水ようかん・あんみつ・ゼリーなど贈答用の菓子類に強く、国内の百貨店には同社の専門店が多数存在する。榮太樓總本鋪 フレッシュアイペディアより)

  • 仙草

    仙草から見たゼリーゼリー

    乾燥させて黒くなった葉や茎に重曹を少し加えて煮つめて漉すと、デンプンとペクチンなどの多糖類が溶出しているので、冷やすと凝固して黒いゼリー状の食品ができる。干さないままの草から作ると緑色になる。これらを中国語で「仙草凍」(シエンツァオドン、xiāncǎodòng)、広東語で「涼粉」(リョンファン、leung4fan2)、客家語で「仙人?」(シエンニンバン)、贛語で「仙草糕」(黎川方言 シエントウコウ)、閩北語で「仙人菜」(建甌方言 シンネインツェー)と称し、日本語では一般に仙草ゼリー、英語では""と呼ばれている。苦みがあるので、シロップや蜂蜜をかけて食べる事が多い。暑気あたり防止効果のあるデザートとして、香港やシンガポールでも人気が高く、ハネムーンデザートのように、フルーツやアイスクリームと組み合わせて出す店もある。昔は、これを天秤棒で担いで売り歩く姿も見られたという。台湾や福建省では露天商が販売するのを今も見ることができる。現在はフルーツゼリーと同じように樹脂容器入りや缶詰の製品も作られており、日本でも都心や中華街などの中国食材を扱う店で売られている。自宅で作れる乾燥粉末もある。客家の「仙人?」には固める前に小豆や落花生を混ぜ入れたものもある。仙草 フレッシュアイペディアより)

223件中 111 - 120件表示