223件中 31 - 40件表示
  • スジョングァ

    スジョングァから見たゼリーゼリー

    シャーベット状に凍らせる、ゼリーにするといった応用もある。スジョングァ フレッシュアイペディアより)

  • バーレーン料理

    バーレーン料理から見たゼリーゼリー

    バーレーンの伝統料理において最も人気の高いデザートは、ムハッラクの老舗の作るハラーワ・ショウェイテル (????? ?????)である。コーンスターチとサフラン、様々なナッツ類を使用して作られるゼリーのようなハルヴァで、ペルシャ湾岸の他の国ではハラーワ・バハレイニー(バーレーンのハルヴァ)と呼ばれる。バーレーン料理 フレッシュアイペディアより)

  • 好事福櫨

    好事福櫨から見たゼリーゼリー

    大振の紀州みかんの果肉を刳り貫き、ジュース状にして砂糖・リキュール等で調整して寒天で固めたもので、和風の涼菓であるが今日のフルーツゼリーの原型と考えてよいだろう。好事福櫨 フレッシュアイペディアより)

  • ファールーダ

    ファールーダから見たゼリーゼリー

    ファールーダはタイ料理の飲料nam manglakに非常に似ている。nam manglakは細かく刻んだゼリー、タピオカ、ジュズダマに砂糖、水、ローズシロップを加えて混ぜた料理である。ファールーダ フレッシュアイペディアより)

  • フレーズ

    フレーズから見たゼリーゼリー

    フレーズ(仏:fraise)は、イチゴのこと。クレームフレーズ(イチゴのクリーム)、ジュレフレーズ(イチゴのゼリー)など。フレーズ フレッシュアイペディアより)

  • 土筍凍

    土筍凍から見たゼリーゼリー

    閩南語では「トースンタン、thô?-sún-tàng」という。浙江省から海南省にかけての近海の砂地に生息する星口動物サメハダホシムシ目サメハダホシムシ科の「土筍」(別名「塗筍」、「塗蚯」、「海沙虫」、「沙虫」、「泥蒜」、「可口革囊星虫」。学名 Phascolosoma esculenta。)を1日ほど泥を吐かせ、さらに押して内臓の中から異物を出した後、繰り返し洗い、水でぐらぐら煮てから、碗やバットに入れ、冷やし固めたもの。この「土筍」にはコラーゲンが多く、煮ることによって煮汁に溶け出してゼラチンとなり、冷やすとゼリーのように固まる。貝の出汁と塩などで薄味を付けておき、そのまま、または酢、酢醤油をつけて食べる他、唐辛子味噌、おろしまたは刻みニンニク、辛子などの調味料や、コリアンダー、トマト、酢漬けのダイコン、ニンジン(膾)などの薬味と合わせて食べることも行われている。土筍凍 フレッシュアイペディアより)

  • 小野村健太郎

    小野村健太郎から見たゼリーゼリー

    卒業後の1992年に「おのむら医院」を開業。内科・小児科に加え、アロマセラピーや「夜だけゼリーを飲む習慣」(自ら考案、これで自身も1年で18キログラムの減量に成功したという)をベースにした、日本で初めての『ダイエット外来』を立ち上げ、3000人以上の肥満を解消した実績を持つ。小野村健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤夕香利

    斉藤夕香利から見たゼリーゼリー

    おっきくなぁれ(ゼリー飲料):2010年7月?斉藤夕香利 フレッシュアイペディアより)

  • ライビーナ

    ライビーナから見たゼリーゼリー

    濃縮果汁飲料のものは、水で希釈して飲むほか、牛乳、炭酸水、ウォッカ、焼酎などで割って飲んだり、かき氷、ヨーグルト、ミルクセーキなどのシロップとしたり、ケーキ、アイスクリーム、ゼリーなどの菓子の風味付け、色付けに使用することもできる。ライビーナ フレッシュアイペディアより)

  • フォン (料理)

    フォン (料理)から見たジュレゼリー

    フランス料理において代表的な出汁。子牛のすね肉など動物性の材料から引いたもの。これは狭義のフォンで、素材をそのまま煮た白いフォンと、一旦素材を焼いてから作る茶色いフォンが、そしてそれらをデンプンでつないだフォンがある(ただし、この分類も一例である)。なお、広義にはマリネ液、したゆで用のクール・ブイヨンそして魚を使うものも含むが、通常魚のフォンはフュメと呼ぶ。そして料理の基本という意味ではコンソメ、ルー、ジュレなども含む。フォン (料理) フレッシュアイペディアより)

223件中 31 - 40件表示