223件中 81 - 90件表示
  • パッションフルーツ

    パッションフルーツから見たゼリーゼリー

    日本国内では、生食以外、希釈用のジュースやジャムとして特に南西諸島での人気が高い。世界の生産量9割が加工品として利用されており、香料・ジュースなどとして流通している。主に他のジュースの香り付けやケーキ、ゼリーなどの洋菓子類、カクテルベース等需要が急増中である。パッションフルーツ フレッシュアイペディアより)

  • コラーゲン

    コラーゲンから見たゼリーゼリー

    コラーゲンを含む食品としては、肉類(特に、皮・軟骨・骨・筋。鶏皮、鶏軟骨、スジ肉)、魚類(特に、皮・骨。サケ、うなぎ)、ゼラチン、ゼリー(増粘多糖類ではなくゼラチンで作ったものに限る)が挙げられている。コラーゲン フレッシュアイペディアより)

  • コーヒーゼリー

    コーヒーゼリーから見たゼリーゼリー

    コーヒーゼリー(Coffee jelly)は、コーヒーを使用したゼリーで、デザートの一種である。コーヒーゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ピーナッツバターとジェリーのサンドイッチ

    ピーナッツバターとジェリーのサンドイッチから見たゼリーゼリー

    ピーナッツバターとジェリーのサンドイッチ()、あるいはピーナッツバターとジャムのサンドイッチ()、略称PB&Jは、主にアメリカ合衆国、カナダなどアングロアメリカの子供達の間で食べられるおやつ、あるいは軽食である。二枚の食パンのそれぞれの片面にピーナッツバターおよびジェリー(固形物を濾して取り除いたジャム)を塗り、それらの面を合わせてサンドイッチにして食べるのが一般的。好みでチョコレート、シロップ、バター、蜂蜜などを加えることもある。ピーナッツバターとジェリーのサンドイッチ フレッシュアイペディアより)

  • 坂ノ上おじゃる丸

    坂ノ上おじゃる丸から見たゼリーゼリー

    現代でプリンを食べてからプリンにはまる。プリンのために現代に居座ることとなった。おやつには必ずプリンを食べ、健康のため、プリンは1日1個まで、と決められている。バケツのように大きいプリンを作ってもらったことがあるが食べ切れなかった。現代でプリンを食べる前は、煎り豆が好物だった。一度だけ、金ちゃんの家でゼリーを食べた際にプリンではなくゼリーに夢中になったことがある。坂ノ上おじゃる丸 フレッシュアイペディアより)

  • ゼリーフライ

    ゼリーフライから見たゼリーゼリー

    名称の「ゼリー」はゼラチンで固めた菓子の「ゼリー」ではなく、形状や大きさが小判に近いことから「銭富来(ぜにふらい)」と呼ばれていたものが訛り、「ゼリーフライ」に変化したとされている。ただし「フライ」については行田周辺の産物が布であったことから「布来(ふらい)」に由来するとの説もあり、定かとはなっていない。ゼリーフライ フレッシュアイペディアより)

  • ユキナシ

    ユキナシから見たゼリーゼリー

    なお、日本で2006年冬に相次いで発売された「雪梨」のゼリーやヨーグルトで用いられている雪梨とは中国なしの一種であり、本種ではない。ユキナシ フレッシュアイペディアより)

  • ナナカマド属

    ナナカマド属から見たゼリーゼリー

    ジャム、ゼリー、酒の香りつけ等に使用される種がある。また、イギリスでは魔除けにされる。ナナカマド属 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木菊次郎

    鈴木菊次郎から見たゼリーゼリー

    1914年(大正3年)には、新商品として「サイダボンボン」を開発する。これはのちにゼリーと名付けられることになるが、当初の名称の通り、飴にサイダーなどの清涼飲料水を混ぜ込むものであった。この柔らかい飴の軟度を保つために、オブラートの開発も行っている。ゼリーに類似する菓子は既に当時存在したものの、これをオブラートに包むことは菊次郎の発明であった。このオブラートは、菊次郎が飯炊き釜に残った吹きこぼれの乾燥したものを見て思いついたとされる。鈴木菊次郎 フレッシュアイペディアより)

  • アセロラ

    アセロラから見たゼリーゼリー

    西インド諸島、南アメリカ北部から中央アメリカが原産とされる常緑低木で、鮮やかな赤色の果皮のサクランボに似た果実を食用とする。葉は全縁(鋸葉がない)で、長さ10センチメートル程度。果実の形からバルバドスサクラ (Barbados cherry) の別名を持つが、先述の通りバラ科のサクラとは類縁関係にない。果実はビタミンCを豊富に含み、清涼飲料水、ジャム、ゼリーなどに加工される。ただし、熟した果実は傷みやすいために一般にはほとんど市販されておらず、加工用には未熟果が用いられる。また、果実は種類によって酸味が強い酸味種と甘みが強い甘味種に分けられる。アセロラ フレッシュアイペディアより)

223件中 81 - 90件表示