78件中 21 - 30件表示
  • ゼリー

    ゼリーから見た弾性

    ゼリーは一般に弾性のある半固体の状態のものであり、触れた際の抵抗を持つが強い圧力などによってはつぶれるという特徴がある。同様の特徴をもつ物質・物体についてもゼリー状と称することがある。化学的にはコロイド溶液のゲルである。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たスポンジケーキ

    アメリカでは果肉分を含まないジャムのことをジェリーと呼ぶことから、ドーナッツや、スポンジケーキにジャム(ジェリー)の入ったものはジェリードーナット、ジェリーロール (jelly roll) と称されている。また、冷やして固めるタイプのゼリー菓子は、商品名からジェロー(Jell-O)と呼ばれることが多い。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た羊羹

    テングサ(天草)やオゴノリなどの紅藻類海藻の粘液質を凍結・乾燥させたもので、17世紀後半に日本(現在の京都府伏見)で作られた。羊羹やあんみつなどの和菓子などに広く用いられている。1881年には細菌の培地としての有用性が認識され、寒天培地として世界に広まった後、欧米でも食品として認知された。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たブイヨン

    食品としては古くから知られており、ローマ時代には煮こごり料理も存在していたようで、現代の肉や魚のゼラチン質を含んだブイヨンから作られる「ゼリー寄せ」(アスピック、aspic)の原型とも考えられている。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た

    食品としては古くから知られており、ローマ時代には煮こごり料理も存在していたようで、現代のや魚のゼラチン質を含んだブイヨンから作られる「ゼリー寄せ」(アスピック、aspic)の原型とも考えられている。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たオゴノリ

    テングサ(天草)やオゴノリなどの紅藻類海藻の粘液質を凍結・乾燥させたもので、17世紀後半に日本(現在の京都府伏見)で作られた。羊羹やあんみつなどの和菓子などに広く用いられている。1881年には細菌の培地としての有用性が認識され、寒天培地として世界に広まった後、欧米でも食品として認知された。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た多糖

    果物を糖分とともに煮詰めると、一般的にジャムとして知られている状態になる場合がある事も古くから知られていた。これは、すべての果物や植物に含まれている天然の多糖類の作用によるもので、1825年にその成分はペクチンと名付けられた。材料に対し1%以上のペクチンと約65%の糖分、さらに酸味がなければ固まらず、砂糖の量産化が進んで以降、ジャムなどとして広く料理や製菓に用いられ始めたと考えられている。ペクチンが工業生産されはじめたのは20世紀後半で、ゲル化剤・増粘剤・安定剤などの名称で現代の菓子や食品に広く用いられている。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た液体

    化学などでゼリーという場合、ゲル(液体を媒体とするコロイドが固化したもの)のうち水分を豊富に含んだゼリー状の物質である。食品のゼリーもこれに当てはまるが、それ以外には以下のものがある。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たフランス語

    英名 (ジェリー)はフランス語からの古い借用語。フランス語 (ジュレ)は動詞 「凍らせる」の過去分詞形で、 (ジェラート)と同様、元来は「凍らせたもの」の意。 は同義のラテン語 (ゲラーレ)に由来し、 はまた、ゼラチン()、ジェル()、ゲル()、などの語源でもある。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たテングサ

    テングサ(天草)やオゴノリなどの紅藻類海藻の粘液質を凍結・乾燥させたもので、17世紀後半に日本(現在の京都府伏見)で作られた。羊羹やあんみつなどの和菓子などに広く用いられている。1881年には細菌の培地としての有用性が認識され、寒天培地として世界に広まった後、欧米でも食品として認知された。ゼリー フレッシュアイペディアより)

78件中 21 - 30件表示