78件中 41 - 50件表示
  • ゼリー

    ゼリーから見た皮革

    ゼリーの元でもあるゼラチンは、動物や魚の骨や皮革や腱などの結合組織の主成分コラーゲンが熱により軟化してできるもので、アスピックだけでなく日本料理に煮こごりといった同種の料理もあるように、動物の肉や魚を骨ごと煮るといった初歩的な料理がはじまった時から、食品として知られていたとも考えられる。精製技術が確立する以前には、製菓用のゼラチンは鹿の角を煮出して作られていた。現在、製菓用には、豚皮由来のものが多く使われている。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たジェラート

    英名 (ジェリー)はフランス語からの古い借用語。フランス語 (ジュレ)は動詞 「凍らせる」の過去分詞形で、 (ジェラート)と同様、元来は「凍らせたもの」の意。 は同義のラテン語 (ゲラーレ)に由来し、 はまた、ゼラチン()、ジェル()、ゲル()、などの語源でもある。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た物体

    ゼリーは一般に弾性のある半固体の状態のものであり、触れた際の抵抗を持つが強い圧力などによってはつぶれるという特徴がある。同様の特徴をもつ物質・物体についてもゼリー状と称することがある。化学的にはコロイド溶液のゲルである。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た寒天

    動物系のゼラチン以外にも、植物系のペクチン・寒天・カラギーナンなどのゲル化剤で凝固させたものも、広くゼリーとして称されている。動物由来のゼラチンを避け、植物由来のゲル化剤を用いたゼリーを求めるヴェジタリアンもいる。また、狂牛病の影響で、牛由来のゼラチンは敬遠されている。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たラテン語

    英名 (ジェリー)はフランス語からの古い借用語。フランス語 (ジュレ)は動詞 「凍らせる」の過去分詞形で、 (ジェラート)と同様、元来は「凍らせたもの」の意。 は同義のラテン語 (ゲラーレ)に由来し、 はまた、ゼラチン()、ジェル()、ゲル()、などの語源でもある。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たゲル化剤

    ゼリーは、コラーゲンに富んだ動物質の素材を煮込んだ肉汁や魚汁が冷えて、コラーゲンが変性して生じたゼラチンの作用で煮こごりとなったもの、または果汁やワインなどに砂糖などで甘味を加え、ゼラチンなどのゲル化剤を添加して固めたものを言う。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たアスピック

    ゼリーの元でもあるゼラチンは、動物や魚の骨や皮革や腱などの結合組織の主成分コラーゲンが熱により軟化してできるもので、アスピックだけでなく日本料理に煮こごりといった同種の料理もあるように、動物の肉や魚を骨ごと煮るといった初歩的な料理がはじまった時から、食品として知られていたとも考えられる。精製技術が確立する以前には、製菓用のゼラチンは鹿の角を煮出して作られていた。現在、製菓用には、豚皮由来のものが多く使われている。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たベジタリアニズム

    動物系のゼラチン以外にも、植物系のペクチン・寒天・カラギーナンなどのゲル化剤で凝固させたものも、広くゼリーとして称されている。動物由来のゼラチンを避け、植物由来のゲル化剤を用いたゼリーを求めるヴェジタリアンもいる。また、狂牛病の影響で、牛由来のゼラチンは敬遠されている。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た伏見区

    テングサ(天草)やオゴノリなどの紅藻類海藻の粘液質を凍結・乾燥させたもので、17世紀後半に日本(現在の京都府伏見)で作られた。羊羹やあんみつなどの和菓子などに広く用いられている。1881年には細菌の培地としての有用性が認識され、寒天培地として世界に広まった後、欧米でも食品として認知された。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た果肉

    ゼリーは、果汁、ゼラチン、砂糖の組み合わせで作るシンプルな生菓子を基本とする。これに、香料、果肉、乳製品、鶏卵、酸味料などを加えることで、多くのバリエーションが生まれる。ゼリー フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示

「ゼリー」のニューストピックワード