78件中 51 - 60件表示
  • ゼリー

    ゼリーから見たフレーバー

    近年の日本では、冷製スイーツの1ジャンルとして各種「ゼリー」が市販されている。これらの多くはプラスチックのカップ容器入りで、フルーツやコーヒーなどのフレーバーをもつ、水気の多いやわらかい製品である。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たフランス

    菓子において「ジュレ」として広く用いられはじめたのは、18世紀末から19世紀初頭、王政華やかだったフランスが革命を経て変遷していく時代、著名な料理人であり製菓職人でもあったアントン・カレームによると考えられている。当時の製菓用ゼリーには専らゼラチンが用いられていた。冷蔵技術の発達した現代のゼリーが水分に対し約3%のゼラチンで作られているのに比べ、当時は1.5?2倍の量が用いられており、しっかりした食感であったと考えられる。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た蒟蒻版

    ジェリーグラフ (jellygraph) - 印刷用語で、寒天版・蒟蒻版のこと。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た甘味

    ゼリーは、コラーゲンに富んだ動物質の素材を煮込んだ肉汁や魚汁が冷えて、コラーゲンが変性して生じたゼラチンの作用で煮こごりとなったもの、または果汁やワインなどに砂糖などで甘味を加え、ゼラチンなどのゲル化剤を添加して固めたものを言う。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た

    ゼリーの元でもあるゼラチンは、動物や魚の骨や皮革やなどの結合組織の主成分コラーゲンが熱により軟化してできるもので、アスピックだけでなく日本料理に煮こごりといった同種の料理もあるように、動物の肉や魚を骨ごと煮るといった初歩的な料理がはじまった時から、食品として知られていたとも考えられる。精製技術が確立する以前には、製菓用のゼラチンは鹿の角を煮出して作られていた。現在、製菓用には、豚皮由来のものが多く使われている。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見た借用語

    英名 (ジェリー)はフランス語からの古い借用語。フランス語 (ジュレ)は動詞 「凍らせる」の過去分詞形で、 (ジェラート)と同様、元来は「凍らせたもの」の意。 は同義のラテン語 (ゲラーレ)に由来し、 はまた、ゼラチン()、ジェル()、ゲル()、などの語源でもある。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たグミ

    ペクチンによりゲル化させたジャムをはじめ、果汁などに砂糖を多量に加えたゼリーなどの加工品は、糖菓(コンフィズリー)としても認知されており、 ゼリービーンズ、グミ、みすず飴など、一口大のゼリー菓子が存在する。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たあんみつ

    テングサ(天草)やオゴノリなどの紅藻類海藻の粘液質を凍結・乾燥させたもので、17世紀後半に日本(現在の京都府伏見)で作られた。羊羹やあんみつなどの和菓子などに広く用いられている。1881年には細菌の培地としての有用性が認識され、寒天培地として世界に広まった後、欧米でも食品として認知された。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たポン酢

    また、微量のコンニャク粉を入れた『こんにゃくゼリー』や、2011年から各社が相次いで販売を始めた「ジュレポン酢」などもある。ゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ゼリー

    ゼリーから見たアイルランド

    アイリッシュ・モス、通称トカチャとも言われる、紅藻類海藻から抽出されるゲル化剤。アイルランド大飢饉の際、カラギーナンは熱によって煮とかす他のゲル化剤とは異なる特性を持つ。κ(カッパ)型・ι(イオタ)型・λ(ラムダ)型の3種類のタイプがあり、なかでもκ型は牛乳に含まれるタンパク質カゼインと混ざってゲル化するため、牛乳に混ぜるだけでできるインスタントデザートなどに広く用いられている。ゼリー フレッシュアイペディアより)

78件中 51 - 60件表示

「ゼリー」のニューストピックワード