91件中 81 - 90件表示
  • 高橋駿太

    高橋駿太から見たソニー仙台FCソニー仙台FC

    2006年のU-17日本代表。2007年、モンテディオ山形に入団。ディフェンスの裏へ飛び出すプレーが得意でFW不足に悩む山形にとっては期待の新人だったが、出場機会のないまま2008年限りで戦力外となった。2009年より、当時関東リーグに所属していた日立栃木ウーヴァSCへ移籍。主力選手として活躍し、JFL昇格に貢献した。そしてJFL1年目となった2010年シーズンはチーム最多の13得点(リーグ得点ランキングは5位タイ)を記録。特に後期第11節から16節まで6試合連続ゴールを決めて、栃木ウーヴァのJFL残留に大きく貢献した。中でも後期16節のソニー仙台FC戦ではトップチームでは初のハットトリックを達成した。高橋駿太 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬田達弘

    瀬田達弘から見たソニー仙台FCソニー仙台FC

    父は元日本代表GK瀬田龍彦で実弟はソニー仙台FC所属の瀬田貴仁である。瀬田達弘 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台スタジアム

    仙台スタジアムから見たソニー仙台FCソニー仙台FC

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するベガルタ仙台のホームスタジアムとして知られる他、ジャパンラグビートップリーグの公式戦、全国高校ラグビー大会の宮城県大会決勝戦やラグビー日本代表の公式戦、ソニー仙台FC(日本フットボールリーグ(JFL)所属)の主催試合なども開催される。仙台スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 奥埜博亮

    奥埜博亮から見たソニー仙台FCソニー仙台FC

    2012年、正式に仙台へ加入。背番号は「Mr.ベガルタ」こと千葉直樹が前々年の引退まで13年間着用し続けてきた「7」が与えられた。9月8日の天皇杯2回戦のソニー仙台FC戦においてプロ初ゴールを挙げた。奥埜博亮 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たソニー仙台FCソニー仙台FC

    鹿島から鬼木達が加わり、シーズン序盤にゴールを量産したヴァルディネイや途中退団のベッチーニョに代わって入団したツゥットなどのブラジル人FWが活躍した。グレミオ留学から復帰した佐原秀樹も試合に出場し、社員選手でも川元正英や久野智昭がレギュラーを獲得し、チームの総合力向上に成功した。最終節のソニー仙台FC戦で敗れてJFL優勝は東京ガスにさらわれたが、JFL準優勝となり、J1参入決定戦に参戦した。しかし、1回戦の福岡戦(東平尾公園博多の森球技場)でVゴールによる逆転負けを喫してJリーグ ディビジョン1(J1)参入を逃し、Jリーグ ディビジョン2 (J2) への参入が決まった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • FC刈谷

    FC刈谷から見たソニー仙台FCソニー仙台FC

    2009年からはかつてFC東京でFWとして活躍したアマラオをコーチとして迎え、またFC東京から池上礼一を完全移籍で、FC岐阜より3選手を期限付き移籍で獲得し上位を目指したが、昨年チーム得点王だった平林輝良寛や原賀啓輔の二桁得点者の抜けた穴が大きく開幕当初から決定力不足(最終的にチームの得点26はリーグワーストタイ)に陥り、4月5日の町田ゼルビア戦の勝利以降勝ちがなくなった。その間に5月31日のガイナーレ鳥取戦から8月2日のソニー仙台戦まで10連敗(6試合連続無得点)を喫した。そのため急遽アマラオが選手として復帰することとなった。またシーズン途中で前年まで主力だった篠川雅仁を呼び戻したり、FC岐阜から車東訓を期限付きで、神奈川大学から大石治寿、さらに東海学園大学から在学中の3選手を獲得した(なお、うち2人は11月をもってFC刈谷を退団。九州サッカーリーグのMSU FCへ移籍した。)。しかし、その後も伸び悩み9月12日の鳥取戦に4-2で勝利するまで、21試合連続未勝利となった。鳥取戦以降は5勝3分1敗と持ち直したものの、順位は17位で終え、入れ替え戦に臨むこととなった。入れ替え戦ではツエーゲン金沢を相手にシーズン中に露呈した決定力不足が出てしまい、相手よりも多くのシュートを打つが決められず(2戦合わせてのシュート数は、刈谷が29本、金沢が15本。)、カウンターから失点し、2試合で合計1-2(0-1、1-1)となり、デンソー時代を含めて15年ぶりに東海社会人リーグへの降格となった。試合後、浮氣哲郎監督の退任とコーチ兼任だったアマラオの2010年からの監督就任が発表された。また5選手が2009年をもって退団あるいは引退、池上礼一もシーズン途中に負った怪我の具合が思わしくなく退団、FC岐阜から期限付き移籍中の4選手も契約満了で退団となった(FC岐阜からも戦力外で退団となった。その後姜曉一とは2010年2月にFC刈谷へ完全移籍で再加入した)。FC刈谷 フレッシュアイペディアより)

  • ソニー

    ソニーから見たソニー仙台FCソニー仙台FC

    ソニー仙台FC - 主要事業所である仙台テクノロジーセンター(多賀城市)の男子サッカーチーム。JFL所属。ソニー フレッシュアイペディアより)

  • So-net

    So-netから見たソニー仙台FCソニー仙台FC

    ソニー仙台FC - (ユニフォーム背中スポンサー)So-net フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県名取北高等学校

    宮城県名取北高等学校から見たソニー仙台FCソニー仙台FC

    大久保剛志(プロサッカー選手。ベガルタ仙台-ソニー仙台FC、2005年卒、24期生)宮城県名取北高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災によるスポーツへの影響

    東日本大震災によるスポーツへの影響から見たソニー仙台FCソニー仙台FC

    2011年のJFLは、3月13日から開幕する予定だったが、第1節から第6節(3月13日から4月17日)の全試合の開催を中止し、リーグ開幕を順延。また、津波による被害が甚大だった宮城県多賀城市にホームタウンを置くソニー仙台FCはシーズン前期日程への参加をしないことを決定した。東日本大震災によるスポーツへの影響 フレッシュアイペディアより)

91件中 81 - 90件表示

「ソニー仙台FC」のニューストピックワード