116件中 41 - 50件表示
  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た田中豪紀

    川口大紀、吉田吏玖、細見諒、田中豪紀、内野裕太の大卒選手5人が加入した。1stステージは4位、2ndステージは5位で年間順位も5位で終わったものの天皇杯2回戦では鹿島アントラーズに2-2でPK戦の末勝利し、前年の雪辱を果たした。そして内野が新人ながら12得点で得点ランキング3位に食い込み新人王を獲得。シーズン終了後、2003年から12年間在籍した桐田英樹を初めとして、元木数馬、宮尾勇輝、李澤忍治、布施有太の5人がチームを離れた。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た松本晃彦

    『藍き獅子たち』 作詞:かの香織 作曲・編曲:松本晃彦ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た天羽良輔

    OBの田端秀規が監督に就任し、ベガルタ仙台から大久保剛志を期限付き移籍で獲得したほか、上記の麻生、今田の他に大瀧義史など大卒の選手を獲得し、また栃木SCから谷池洋平、徳島ヴォルティスから天羽良輔とJリーグでも実績のある選手を獲得し上位進出を目指したが万年中位という位置からの脱却ができず9位に終わった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見たかの香織

    『藍き獅子たち』 作詞:かの香織 作曲・編曲:松本晃彦ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た冨澤右京

    ヴァンラーレ八戸から菅井慎也が移籍。冨澤右京、吉森恭兵、菅原啓祐、丹代爽弥、石橋理志 の大卒5人が新加入した。1stステージは勝ち点36の2位で2ndステージは勝ち点23の7位となり、年間順位は勝ち点59の3位となった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た細見諒

    川口大紀、吉田吏玖、細見諒、田中豪紀、内野裕太の大卒選手5人が加入した。1stステージは4位、2ndステージは5位で年間順位も5位で終わったものの天皇杯2回戦では鹿島アントラーズに2-2でPK戦の末勝利し、前年の雪辱を果たした。そして内野が新人ながら12得点で得点ランキング3位に食い込み新人王を獲得。シーズン終了後、2003年から12年間在籍した桐田英樹を初めとして、元木数馬、宮尾勇輝、李澤忍治、布施有太の5人がチームを離れた。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た丹代爽弥

    ヴァンラーレ八戸から菅井慎也が移籍。冨澤右京、吉森恭兵、菅原啓祐、丹代爽弥、石橋理志 の大卒5人が新加入した。1stステージは勝ち点36の2位で2ndステージは勝ち点23の7位となり、年間順位は勝ち点59の3位となった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た平野篤志

    三浦祐希、五十嵐亘、鈴木翔大、平野篤志、藤原元輝、古川裕貴の大卒選手6人が加入した。1stステージは6勝4分4敗の勝ち点23の7位。岩手国体では優勝した静岡県(アスルクラロ沼津)に敗れて準優勝に終わった。2ndステージは第5節から15節まで11連勝を飾り、11勝1分3敗と勝ち点34としたものの2ndステージ優勝のホンダFCに勝ち点2差及ばず2位となり、リーグ連覇は叶わなかった。シーズン終了後に、長年ソニー仙台に在籍した村田純平はじめ大瀧義史、佐藤秀行、細見諒とGKコーチの遠藤大志がチームを離れた。さらに松藤と前澤がJ3に昇格したアスルクラロ沼津に移籍した。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た鈴木翔大

    三浦祐希、五十嵐亘、鈴木翔大、平野篤志、藤原元輝、古川裕貴の大卒選手6人が加入した。1stステージは6勝4分4敗の勝ち点23の7位。岩手国体では優勝した静岡県(アスルクラロ沼津)に敗れて準優勝に終わった。2ndステージは第5節から15節まで11連勝を飾り、11勝1分3敗と勝ち点34としたものの2ndステージ優勝のホンダFCに勝ち点2差及ばず2位となり、リーグ連覇は叶わなかった。シーズン終了後に、長年ソニー仙台に在籍した村田純平はじめ大瀧義史、佐藤秀行、細見諒とGKコーチの遠藤大志がチームを離れた。さらに松藤と前澤がJ3に昇格したアスルクラロ沼津に移籍した。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た秋元佑太

    前年同様松藤正伸、前澤甲気、秋元佑太、金子貴裕、有間潤ら大勢の大卒選手が加入。しかし開幕したばかりの4月に不老祐介が都合によりソニー仙台からの退団が発表された。1stステージ開幕より無敗で進み一時は首位に立つも終盤の第13節Honda FC戦で初黒星を喫すると次の第14節FC大阪戦で引き分けとなり、同じ東北のヴァンラーレ八戸に得失点差で首位を譲ってしまい、1stステージ最終節の奈良クラブ戦で勝利したものの、前日に勝利した八戸に得失点差及ばず2位で終わった。さらに8月23日の天皇杯宮城県代表決定戦で仙台大学に1-3で敗れて、10年ぶりに天皇杯出場を逃した。2ndステージは当初から好調で11勝4分けの無敗で初のステージ優勝を飾った。そしてJFLチャンピオンシップはヴァンラーレ八戸相手に2戦合計で1-1となり、延長戦でも決着が付かず、PK戦の末5-4で勝利し、JFL参加17年目(旧JFL時代も含めると全国リーグ参加18年目)にして初のリーグ優勝を果たした。シーズン終了後に松岡祐介、澤口泉、前田和之、田中豪紀、川口大起の5人がチームを離れた。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

116件中 41 - 50件表示

「ソニー仙台FC」のニューストピックワード