76件中 41 - 50件表示
  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た福島ユナイテッドFC

    2010年の天皇杯の2回戦にてベガルタ仙台との12年ぶり3回目の「仙台ダービー」が実現、延長の末ダービー戦初勝利を上げ、3回戦へ進出した。この年の天皇杯は1回戦の2日後に2回戦が行われるという過密日程であった。その上、1回戦に勝ったチームの相手は全て大会シードのJリーグチームであるという、アマチュアチームにとって大きなコンディション差を強いられたトーナメント設定であった。更に1回戦の福島ユナイテッドFC戦では延長を含む120分間の試合を行っており、不利な状況であったにも関わらず、選手は相手に引けを取らない動きを見せ、延長後半、途中出場の桐田英樹が大瀧義史からの浮いたパスを頭で合わせて、決勝点を挙げた。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た大宮アルディージャ

    大宮アルディージャ監督の鈴木淳がコーチ(1997年-1999年)を務めたことがある。近年ではスカウトに力を入れており、大卒の選手、Jリーグから戦力外になった選手を積極的に獲得している。2007年には元U-15日本代表候補の山本僚を、2008年には元U-17日本代表の麻生耕平と今田傑を獲得した。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見たモンテディオ山形

    2010年よりベガルタ仙台、モンテディオ山形と宮城県内の社会人チーム、大学チームが参加するみやぎチャレンジリーグにソニー仙台が参戦することになった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た栃木サッカークラブ

    2008年よりOBの田端秀規が監督に就任し、ベガルタ仙台から大久保剛志を期限付き移籍で獲得したほか、上記の麻生、今田の他に大瀧義史など大卒の選手を獲得し、また栃木SCから谷池洋平や徳島ヴォルティスから天羽良輔のJリーグでも実績のある選手を獲得し上位進出を目指したが万年中位という位置からの脱却ができず9位に終わった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た東日本大震災

    2011年はブラウブリッツ秋田から菅原太郎、V・ファーレン長崎から宮尾勇輝が移籍。新人3人がソニー仙台に加入した。しかし東日本大震災で多賀城市にあるソニー仙台テクノロジーセンターやその周辺が津波で壊滅的な被害に遭ったことにより、リーグ戦参加の目処がたたなくなったため、前期7節から17節までのリーグ戦参加をとりやめ、後期第1節よりリーグ戦に参加することとなった。チームは2ヶ月間練習できず、全体練習が始まったのが震災から2ヶ月たった5月の中旬だった。そして7月3日の後期第1節のアルテ高崎戦よりリーグ戦に復帰した。しかし2ヶ月のブランクは予想以上に大きく、後期開幕後しばらく勝利をあげられず、初勝利が9月23日の町田ゼルビア戦だった。その後も雷雨や台風の影響で順延になった試合が10月に組み込まれ、10月から11月に週2回の試合が連続したこともあり、選手の疲労が濃くなってしまい、なかなか勝利をあげられず結局後期だけ参加のリーグ戦は最下位に18位(災害復興支援試合を含めると17位)となった。本来なら地域リーグに自動降格になるが、町田ゼルビア、松本山雅FCのJ2加盟とジェフリザーブズのチーム解散があって、辛うじてJFL残留となった。シーズン終了後、監督の田端とフィジカルコーチの片桐幹雄が退任、長年ソニー仙台でプレーした本多進司が現役引退。菅原太郎もHOYO AC ELAN大分へ移籍をはじめ、麻生耕平と花渕修平が退団。 遠藤大志はGKコーチ専任となった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た松本山雅FC

    2011年はブラウブリッツ秋田から菅原太郎、V・ファーレン長崎から宮尾勇輝が移籍。新人3人がソニー仙台に加入した。しかし東日本大震災で多賀城市にあるソニー仙台テクノロジーセンターやその周辺が津波で壊滅的な被害に遭ったことにより、リーグ戦参加の目処がたたなくなったため、前期7節から17節までのリーグ戦参加をとりやめ、後期第1節よりリーグ戦に参加することとなった。チームは2ヶ月間練習できず、全体練習が始まったのが震災から2ヶ月たった5月の中旬だった。そして7月3日の後期第1節のアルテ高崎戦よりリーグ戦に復帰した。しかし2ヶ月のブランクは予想以上に大きく、後期開幕後しばらく勝利をあげられず、初勝利が9月23日の町田ゼルビア戦だった。その後も雷雨や台風の影響で順延になった試合が10月に組み込まれ、10月から11月に週2回の試合が連続したこともあり、選手の疲労が濃くなってしまい、なかなか勝利をあげられず結局後期だけ参加のリーグ戦は最下位に18位(災害復興支援試合を含めると17位)となった。本来なら地域リーグに自動降格になるが、町田ゼルビア、松本山雅FCのJ2加盟とジェフリザーブズのチーム解散があって、辛うじてJFL残留となった。シーズン終了後、監督の田端とフィジカルコーチの片桐幹雄が退任、長年ソニー仙台でプレーした本多進司が現役引退。菅原太郎もHOYO AC ELAN大分へ移籍をはじめ、麻生耕平と花渕修平が退団。 遠藤大志はGKコーチ専任となった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見たジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ

    2011年はブラウブリッツ秋田から菅原太郎、V・ファーレン長崎から宮尾勇輝が移籍。新人3人がソニー仙台に加入した。しかし東日本大震災で多賀城市にあるソニー仙台テクノロジーセンターやその周辺が津波で壊滅的な被害に遭ったことにより、リーグ戦参加の目処がたたなくなったため、前期7節から17節までのリーグ戦参加をとりやめ、後期第1節よりリーグ戦に参加することとなった。チームは2ヶ月間練習できず、全体練習が始まったのが震災から2ヶ月たった5月の中旬だった。そして7月3日の後期第1節のアルテ高崎戦よりリーグ戦に復帰した。しかし2ヶ月のブランクは予想以上に大きく、後期開幕後しばらく勝利をあげられず、初勝利が9月23日の町田ゼルビア戦だった。その後も雷雨や台風の影響で順延になった試合が10月に組み込まれ、10月から11月に週2回の試合が連続したこともあり、選手の疲労が濃くなってしまい、なかなか勝利をあげられず結局後期だけ参加のリーグ戦は最下位に18位(災害復興支援試合を含めると17位)となった。本来なら地域リーグに自動降格になるが、町田ゼルビア、松本山雅FCのJ2加盟とジェフリザーブズのチーム解散があって、辛うじてJFL残留となった。シーズン終了後、監督の田端とフィジカルコーチの片桐幹雄が退任、長年ソニー仙台でプレーした本多進司が現役引退。菅原太郎もHOYO AC ELAN大分へ移籍をはじめ、麻生耕平と花渕修平が退団。 遠藤大志はGKコーチ専任となった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た2009年

    2009年はロアッソ熊本からFW町田多聞を、また大卒ではFW澤口泉やDF比嘉隼人を獲得し大久保も期限付き移籍を延長した。序盤はなかなか調子が上がらず10位に甘んじたが、後期に入り谷池を中心とした守備陣が安定して(失点数はリーグ1位の失点となった)、勝負ところで町田や澤口が得点を決めたこともあり後期は1位となり、年間順位でも3位となり過去最高順位となった。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た仙塩

    チーム所在地は、仙台市都心部から見て北東郊外の多賀城市。ホームスタジアムはユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)であり、宮城県サッカー場(利府町)、七ヶ浜サッカースタジアム(七ヶ浜町)でもホームゲームが開催される。すなわち、旧宮城郡地域(仙塩地区)を主な活動地域とするチームである。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た仙台ダービー

    2010年の天皇杯の2回戦にてベガルタ仙台との12年ぶり3回目の「仙台ダービー」が実現、延長の末ダービー戦初勝利を上げ、3回戦へ進出した。この年の天皇杯は1回戦の2日後に2回戦が行われるという過密日程であった。その上、1回戦に勝ったチームの相手は全て大会シードのJリーグチームであるという、アマチュアチームにとって大きなコンディション差を強いられたトーナメント設定であった。更に1回戦の福島ユナイテッドFC戦では延長を含む120分間の試合を行っており、不利な状況であったにも関わらず、選手は相手に引けを取らない動きを見せ、延長後半、途中出場の桐田英樹が大瀧義史からの浮いたパスを頭で合わせて、決勝点を挙げた。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

76件中 41 - 50件表示

「ソニー仙台FC」のニューストピックワード