2401件中 21 - 30件表示
  • 機能モデル

    機能モデルから見たソフトウェアソフトウェア

    機能フロー・ブロック・ダイアグラム(FFBD)は、システムのためのステップ毎の操作やシーケンスを支援する、通常詳細を定義するが、しかしそれらは、システムの開発や制作におけるプロセスを定義するため効果的に使われる。ソフトウェア開発プロセス (Software development process)もまた、幅広くFFBDを使う。システムの文脈で、機能フローのステップは、ハードウェア、ソフトウェア、人材、設備、及び手順の組合せを含むかもしれない。FFBD手法で機能は、実行の論理的順序で組織化され、描かれる。各機能は、それの他の機能の実行と完了との論理的関係で示される。機能名でラベル付けされたノードは、各機能を描く。左から右への矢印は実行の順序を示す。論理記号は、機能の順次または並列実行を表す。機能モデル フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア工学

    ソフトウェア工学から見たソフトウェアソフトウェア

    ソフトウェア工学はソフトウェアの開発・運用・保守に関して体系的・定量的にその応用を考察する分野である。ソフトウェア工学 フレッシュアイペディアより)

  • Linuxクラスター

    Linuxクラスターから見たソフトウェアソフトウェア

    また、各コンピュータを繋ぐのには標準的なLANを使っているため、接続のハードウェアや技術、ソフトウェアは、従来の物を使うことが出来る。ハードウェアの製作やメンテナンスに特別な部品や技術を使う必要はない。Linuxクラスター フレッシュアイペディアより)

  • ハードウェア

    ハードウェアから見たソフトウェアソフトウェア

    ハードウェア () とは、システムの物理的な構成要素を指す一般用語である。日本語では機械、装置、設備のことを指す。ソフトウェアとの対比語であり、単に「ハード」とも呼ばれる。ハードウェア フレッシュアイペディアより)

  • ORiN

    ORiNから見たソフトウェアソフトウェア

    また、近年の製品の需要は初期段階で急激に伸びる傾向が顕著であり、これに追従できなければ機会損失を招くことになる。そのため、各製造メーカーは設備の垂直立ち上げに取り組んでおり、その実現のためには、ハードウェア・ソフトウェアを含めた高度な再利用性が重要となる。ORiN フレッシュアイペディアより)

  • Zindaiji

    Zindaijiから見たソフトウェアソフトウェア

    Zindaiji(ジンダイジ)とは、日本の国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトが開発している、N体計算可視化ソフトウェアである。元々同天文台にある立体的に宇宙空間を見ることができる映画館で公開する動画を製作する為に開発されたソフトウェアで、2007年5月にソースコードとともに同プロジェクトの公式ウェブサイトで公開され、オープンソースソフトウェアとなった。Zindaiji フレッシュアイペディアより)

  • 大木幹雄

    大木幹雄から見たソフトウェアソフトウェア

    ソフトウェア分析設計論、ソフトウェアアーキテクチャ論、ソフトウェア分析過程の脳科学、データモデリング、プロジェクトマネジメントの研究に従事。2012年以降は複数のパッケージソフトウェアがそれぞれ個別に管理しているデータ資産の統合的な管理を概念データモデルにまでさかのぼって実現する実作業に従事。複数データベースで分散管理されたデータ間の関連を効率的に明らかにする手段の有効性を確認している。大木幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • Google 日本語入力

    Google 日本語入力から見たソフトウェアソフトウェア

    他のIME(日本語入力システム)との設計上の違いとして、他のソフトウェアに依存する部分を小さくしてプロセスを分けることで、Google 日本語入力がクラッシュした場合にも、他のソフトウェアを巻き込んで落ちることがないようにした特徴がある。この設計のおかげで、辞書のアップデート時に、再起動が不要になる利点ももたらした。Google 日本語入力 フレッシュアイペディアより)

  • VoIP

    VoIPから見たソフトウェアソフトウェア

    VoIPは、1990年代後半より、インターネット電話と呼ばれる、スピーカー・マイクロフォンまたは、ヘッドセットを接続したパソコンにソフトウェアをインストールする方式で利用されていたが、使い勝手が悪く、遅延・エコー・欠落などにより音質も従来の電話より劣るものであった。VoIP フレッシュアイペディアより)

  • マイクロソフトの歴史

    マイクロソフトの歴史から見たソフトウェアソフトウェア

    マイクロソフトは、多国籍のコンピュータ技術会社である。マイクロソフトの事業の源流は、1975年にBASICインタプリタの開発をはじめたことにある。現在の最主力商品はMicrosoft Windowsオペレーティングシステムおよび生産性向上ソフトウェアのMicrosoft Officeシリーズである。現在ではマイクロソフトは、年商442億8000万米ドル、102の国において従業員7万6000人を抱え、全体的に成功しており、コンピュータ・デバイスのための各種ソフトウェア製品を広範囲に開発、製造、ライセンス販売を行っている。マイクロソフトの歴史 フレッシュアイペディアより)

2401件中 21 - 30件表示