2401件中 31 - 40件表示
  • オープンソースの定義

    オープンソースの定義から見たソフトウェアソフトウェア

    オープンソースの定義はソフトウェアの在り方を定義しており、その定義を準拠したソフトウェアはオープンソース・ソフトウェアである。オープンソースの定義 フレッシュアイペディアより)

  • XSL Formatting Objects

    XSL Formatting Objectsから見たソフトウェアソフトウェア

    XSLTは、当初はXSL-FOへの変換という用途のみが想定されていたが、XML文書の汎用的な変換に使用可能である。現時点では、多くのソフトウェア技術者(プログラマ)はXSLTをXML文書の汎用的な変換言語として認識しており(認識の問題ではなく、汎用であるということは単なる事実であるが)、XML文書をXSL-FO文書に変換するという用途はあまり認識されていない。XSL Formatting Objects フレッシュアイペディアより)

  • ウィキ

    ウィキから見たソフトウェアソフトウェア

    ウィキ()あるいはウィキウィキ()とは、ウェブブラウザを利用してWebサーバ上のハイパーテキスト文書を書き換えるシステムの一種である。それらシステムに使われるソフトウェア自体や、システムを利用して作成された文書群全体を指して「?に関するウィキサイト/ウィキ」などのように呼ぶこともある。ウィキ フレッシュアイペディアより)

  • FM TOWNS

    FM TOWNSから見たソフトウェアソフトウェア

    その高スペックを生かして富士通は、「ハイパーメディアパソコン」のキャッチコピーでマーケティングを展開した。富士通は元々FMRシリーズなどで教育機関において一定のシェアを持っていたこともあり、マルチメディア機能を生かした、教育分野向けのソフトウェアや、ゲームソフトが充実していた。また、廉価版のマーティー (Marty) も発売された。FM TOWNS フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見たソフトウェアソフトウェア

    IT時代の到来と英語を流暢に話し教育された多くの若者たちによりインドは、アフターサービスや技術サポートの世界的なアウトソーシングの重要なバックオフィスとなりつつある。インドはソフトウェアや金融サービスにおいて、高度な熟練労働者の主要な輩出国となっている。インド フレッシュアイペディアより)

  • オープンソース

    オープンソースから見たソフトウェアソフトウェア

    オープンソース・イニシアティブは、「Open Source」という用語の利用は、オープンソースの定義に準拠したものにおいて使用されることを求めている。2007年にSugarCRMが自社のことを「Commercial Open Source」と表現し、オープンソースの定義に準拠していないソフトウェアライセンスをソフトウェアに課していたことを非難した。オープンソース フレッシュアイペディアより)

  • ロケット・ソフトウェア

    ロケット・ソフトウェアから見たソフトウェアソフトウェア

    ロケット・ソフトウェア()は アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 ウォルサムに本社をおくソフトウェアを開発する会社である。特に、IBMのメインフレーム向けのソフトウェア製品やソリューションをOEM提供している。ロケット・ソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • PC/AT互換機

    PC/AT互換機から見たソフトウェアソフトウェア

    PC/AT互換機はオリジナルのIBM PC ATと互換性を持つところから出発したが、現在では拡張を重ね、ATバス(ISA)を含めてハードウェア面の互換性はほとんど失われている。しかし、ソフトウェア面から見れば、ほぼ上位互換性を持つCPU (x86) やディスプレイ仕様(VGAなど)などを引き継いでいる。このため現在ではPC/AT互換機とは「オリジナルのPC/ATと直接の互換性があるマシン」という意味ではなく、「PC/ATをベースにソフトウェア面の上位互換性を配慮しながらも、各種の拡張や標準化を重ね、事実上の標準を確立したマシンや仕様の総称」といえる。PC/AT互換機 フレッシュアイペディアより)

  • Mitaka Plus

    Mitaka Plusから見たソフトウェアソフトウェア

    Mitaka Plus(ミタカプラス)とは、かつて日本の国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトが開発していたオープンソースソフトウェア「Mitaka」を元に開発された、仮想宇宙空間シミュレーションソフトウェアである。元・国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトに所属していた高幣俊之(現・独立行政法人理化学研究所所属)が、個人として開発・配布を行なっている。Mitakaに様々な機能拡張が行なわれている他、Windows版だけでなくMac OS X版も公開されている。また有償版のMitaka Proがある。Mitaka Plus フレッシュアイペディアより)

  • Sil

    Silから見たソフトウェアソフトウェア

    標準の交換言語、ソフトウェアの間の情報交換のために使われた言語標準。Sil フレッシュアイペディアより)

2401件中 31 - 40件表示