1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示
  • ソフトウェア

    ソフトウェアから見た中央処理装置

    一般的なソフトウェアは、補助記憶装置の中に機械語として記録されている。なお機械語は中央処理装置(CPU)の製品種別ごとに異なっている。ソフトウェアの利用時には補助記憶装置の内容が主記憶装置に読み込まれた後、中央処理装置において、データの移動、計算、制御フローなどの処理が実行される。これにより機械語は、コンピュータの状態を次々と変化させる。従ってソフトウェアは、ハードウェアの状態を変化させる命令列と考えられる。ソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア

    ソフトウェアから見た記憶装置

    記憶装置に異なる命令群を読み込んで計算を制御する概念は階差機関の一部としてチャールズ・バベッジが考案した。これがほとんどの近代ソフトウェアの基礎となる理論はアラン・チューリングの1935年の論文 Computable numbers with an application to the Entscheidungsproblem で初めて提唱された。ソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア

    ソフトウェアから見た音楽

    DVDなどで物理的な記録メディアに対する映像や音楽等のコンテンツ、組織・都市・軍事などで施設・設備・車両などに対する規則・運用・教育などを意味する。ソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア

    ソフトウェアから見た接頭辞

    ある機能をもつソフトウェアに対して、「ソフトウェア」という言葉が接頭辞・形容詞的に用いられることがある。エンコードをするソフトウェアを「ソフトウェアエンコーダ」、DVDを再生するソフトウェアを「ソフトウェアDVDプレーヤー」と呼ぶことがある。情報を処理する(DVD再生の場合は、DVDに収録されたデジタル画像データを可視化する)際に、専用のハードウェア(DVD再生機)で処理されるか、パーソナルコンピュータなどの汎用的なコンピュータ上のソフトウェアで処理されるかを区別するためである。ソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア

    ソフトウェアから見たユーザー

    ソフトウェアは、ワープロソフトなど特定の作業や業務を目的としたアプリケーションソフトウェアと、ハードウェアの管理や基本的な処理を、アプリケーションソフトウェアやユーザーに提供するオペレーティングシステムなどのシステムソフトウェア(基本ソフトウェア)に分けられる。ソフトウェア フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示

「ソフトウェア」のニューストピックワード