ソフトウエアの脆弱性 ニュース&Wiki etc.

セキュリティホール () とは、コンピュータソフトウェアの欠陥(バグ、不具合、あるいはシステム上の盲点)のひとつで、本来操作できないはずの操作(権限のないユーザが権限を超えた操作を実行するなど)ができてしまったり、見えるべきでない情報が第三者に見えてしまうような不具合をいう。ハードウェアおよびそれを含めたシステム全般の欠… (出典:Wikipedia)

「ソフトウエアの脆弱性」Q&A

  • Q&A

    ★仮想化状態でインタネットアクセスしている場合、ウイルス対策ソフトはサイトの危険性判…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年12月29日 01:58

  • Q&A

    ★Reboot Restore Rxサクサクっと紹介 ロールバック系のソフトウエア…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年12月15日 02:36

  • Q&A

    サポート期限が切れたOfficeを使うことは本当に危険? 先日あるウェブサイトを見て…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2015年11月4日 19:20

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「セキュリティホール」のつながり調べ

  • モンスターハンター フロンティア オンライン

    モンスターハンター フロンティア オンラインから見たセキュリティホール

    2007年8月上旬頃からクライアントのセキュリティホールを突いたチート(不正行為)を利用したプレイヤーが出現、その様子を撮影した動画が公開された。苦情を受けたカプコンは一連の問題についての見解を発表。本人がチート行為を実行せずとも、チートによって得られたアイテムを受け取ったプレイヤーへも処罰が波及するとの記述や、プレイヤーが不正を続ける限り対策にリソースを奪われ今後のアップデートを遅らせざるを得ないとする記述があったが、後の運営レポートでは「チート行為や迷惑行為の対策や取り締まりを行なう人的リソースはしっかりと確保しており、それらの行為で大幅にアップデートスケジュールが遅延するようなことは、現在は想定していない。しかし、想定を大幅に超える多数のチート行為や迷惑行為がゲーム内で起こってしまうと、いずれアップデートよりも違反行為対策に多数の人的リソースを割かざるをえなくなり、今後のアップデートに大きな影響がでてしまうかもしれない事を懸念している。」と述べている。チート対策のため2007年8月15日にnProtectのアップデートが行われたが、クライアント(mhf.exe)を起動した途端にブルースクリーンが表示されてPCがハングアップするという現象が発生し、一部ではOSが起動しなくなる場合もあった。この事を受け、システム管理を担当するテクノブラッドは謝罪文を発表し、8月17日にnProtectを問題が発生する前のバージョンへロールバックする処置を実施した。(モンスターハンター フロンティア オンライン フレッシュアイペディアより)

  • Oracle Database

    Oracle Databaseから見たセキュリティホール

    サポート契約を結んだユーザー以外に対しては、製品にどれだけ重大なバグやセキュリティホールなどの不具合があろうとも、修正パッチの提供はもちろんのことバグ情報の公開も行わない。(Oracle Database フレッシュアイペディアより)

「セキュリティホール」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ソフトウエアの脆弱性」のニューストピックワード