181件中 21 - 30件表示
  • au Music Port

    au Music Portから見た脆弱性セキュリティホール

    gracenoteが6月27日に発表したCDDB Active Xコントロールのセキュリティ上の脆弱性を解消。au Music Port フレッシュアイペディアより)

  • セット打法

    セット打法から見たセキュリティホールセキュリティホール

    台そのものの欠陥やプログラムミスを突いて、大当たりもしくは高確率状態を呼び込む打法。台の不備やバグ自体がごく希な存在であるため数は少ないが、現状で唯一有効性のある攻略法である。ただし、一度発見されるとメーカーやホールに莫大な損害を与えてしまうため、直ちに対策がとられることが多く、寿命も短い。ソフトウェア的に見れば、セキュリティホールを突く方法とも言える。セット打法 フレッシュアイペディアより)

  • MD4

    MD4から見た脆弱性セキュリティホール

    MD4に対する脆弱性は1991年に実証された。2004年には、MD4におけるハッシュ衝突を作成することが可能であることが報告された。MD4 フレッシュアイペディアより)

  • 機能拡張

    機能拡張から見たセキュリティホールセキュリティホール

    コンピュータゲームに詳しくない者であればプログラム上のバグやセキュリティホールを修正(更新)するための修正パッチ、ホットフィックス、更新ファイル、アップデートが身近な例であろう。Microsoft WindowsにおけるMicrosoft Updateがこれを行う代表例である。機能拡張 フレッシュアイペディアより)

  • マット・ブレイズ

    マット・ブレイズから見た脆弱性セキュリティホール

    1993年、ブレイズは、ジョン・イオアニダス(John Ioannidis)と共に、IPsecの1つの先駆けとなる("swIPe")プロトコルについての論文を書いている。1994年、クリッパーチップの盗聴メカニズムを回避する手法を発見し、米国政府が率先して支援したこのクリッパーチップ構想を死に追いやった。2003年、彼は独自に、鍵破り(locksmiths)における公然の秘密であった、物理的ロックの「マスターキー」("master key")に関するセキュリティ上の深刻な脆弱性を再発見したが、それを包み隠さず情報公開するという決断が物議をかもすこととなった。マット・ブレイズ フレッシュアイペディアより)

  • Windows Metafile

    Windows Metafileから見た脆弱性セキュリティホール

    2005年11月、"SetAbortProc" GDI関数に脆弱性が発見された。この関数は印刷のスプーリングをキャンセルしたときのエラー処理ハンドラを登録するもので、ユーザーの許可なしで実行できる任意のコードをWMFファイルに追加可能にしている。Steve Gibsonは、この脆弱性がマイクロソフトが故意にWMFに仕込んだバックドアが原因であると主張した。しかし、他のセキュリティ専門家はこれに異を唱えており、バックドアと呼ぶにはマイクロソフトが実際にこの脆弱性を利用して秘密裏にコンピュータにアクセスしたことを実証しなければならないとしている。Windows Metafile フレッシュアイペディアより)

  • 算術オーバーフロー

    算術オーバーフローから見たセキュリティホールセキュリティホール

    最もよくある手法。しかし、結果が不正になるだけでなく、セキュリティホールの原因となることもある。算術オーバーフロー フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア品質

    ソフトウェア品質から見た脆弱性セキュリティホール

    不正なアクセスからデータやプログラム自身が守られているか? セキュリティポリシーを操作者が設定可能か? 適切なセキュリティ機構を備えているか? そのセキュリティ機構の実装は正しいか? 攻撃を想定した設計になっているか? 脆弱性の原因となるような問題(バッファオーバーラン、書式文字列問題など)をはらんでいないか?ソフトウェア品質 フレッシュアイペディアより)

  • gets

    getsから見た脆弱性セキュリティホール

    gets は、C言語における標準入力から1行分の文字列を取り出す関数である。この関数はバッファオーバーランを防ぐことが不可能という致命的な脆弱性を持っており、2011年の改定のC11の標準CライブラリやC++14の標準C++ライブラリより廃止された。gets フレッシュアイペディアより)

  • Conficker

    Confickerから見た脆弱性セキュリティホール

    Confickerの最初の亜種は2008年11月初めに発見され、インターネットを通じてネットワークサービスの脆弱性を突くことで広がった。この脆弱性はWindows 2000とWindows XP、Windows Vista、Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 Betaに存在した。Windows 7もこの脆弱性の影響を受けたかもしれないが、Windows 7 Betaは2009年1月まで公開されなかった。マイクロソフトはその脆弱性を塞ぐ緊急不定期パッチを2008年10月23日に公開したが、Conficker フレッシュアイペディアより)

181件中 21 - 30件表示

「ソフトウエアの脆弱性」のニューストピックワード