144件中 61 - 70件表示
  • スパイウェア

    スパイウェアから見たセキュリティホールセキュリティホール

    OSやウェブブラウザのセキュリティホールを利用する方法。ウェブサイト閲覧中にそれらの欠陥や安全上問題があるような仕様を利用してコンピュータ内にインストールされる。スパイウェア フレッシュアイペディアより)

  • gets

    getsから見た脆弱性セキュリティホール

    廃止された理由は、この関数が後述するようにバッファオーバーランを防ぐことが不可能という致命的な脆弱性を持っていることである。例えばGCCでは、getsを使用するプログラムをコンパイルすると「the `gets' function is dangerous and should not be used. ('gets' 関数は危険なため使うべきではありません。)」と警告される。gets フレッシュアイペディアより)

  • 競合状態

    競合状態から見たセキュリティホールセキュリティホール

    述語(例えば認証のための真理値を返す演算子か関数)のチェックと使用にかかわる競合状態というものがある。チェック時点と使用時点で状態を変更できるなら、競合状態が発生する。このような競合状態を発生させるバグがコンピュータセキュリティに関わるコードに存在すると、セキュリティホールになる可能性がある。例えば、ファイルのアクセス権をチェックした後で実際のファイルオープンをする場合(あくまでもオペレーティングシステム内のこと)、チェックとオープンの間にファイルをすりかえる(例えばシンボリックリンクにする)と通常アクセスできないファイルにアクセスできる(これは、オペレーティングシステムにバグがある場合の話であって、一般に可能という話ではない)。競合状態 フレッシュアイペディアより)

  • スタックスネット

    スタックスネットから見たセキュリティホールセキュリティホール

    インターネット経由で伝播し、接続されたコンピュータに感染して、潜伏する。またネットワーク経由でなくとも、感染したコンピュータに接続したUSBメモリを経由しても発症することから、インターネットから隔絶された、スタンドアローンのネットワークに対しても侵入可能である。Microsoft Windowsの脆弱性(MS10-046)を利用しており、Windows Explorerで表示しただけで感染する。また、スタックスネットは、MS10-046を含めて4件もの未知のセキュリティホール(ゼロデイ脆弱性)を悪用しており、後に配布された修正パッチを適用していない場合、感染防御は困難であった。スタックスネット フレッシュアイペディアより)

  • 情報セキュリティ

    情報セキュリティから見た脆弱性セキュリティホール

    脆弱性 (vulnerability): リスクを発生させる原因。情報セキュリティ フレッシュアイペディアより)

  • エクスプロイト

    エクスプロイトから見た脆弱性セキュリティホール

    エクスプロイト(exploit)とは、コンピュータ関連のソフトウェアやハードウェアの脆弱性を利用した悪意ある行為のために書かれた、スクリプトまたはプログラムを指す言葉である。あるいは全く逆の目的の、そういった脆弱性の存在を検証するための実証コードを指すこともある。また、前記のようなスクリプトやプログラムを用いて脆弱性を攻撃するという意味合いでも用いられる。そのため、前記のようなスクリプトやプログラムをエクスプロイトコード(exploit code)と呼んで区別する場合もある。エクスプロイトは、それ単体では自己増殖機能を持つものを意味しないため、狭義のコンピュータウイルスではないが、そのコードの性質上、コンピューターに害をなすプログラムの一種としてアンチウィルスソフトウェアによってマルウェアに分類されることも多く、その意味では広義のウイルスと言える。エクスプロイト フレッシュアイペディアより)

  • ファイル共有ソフト

    ファイル共有ソフトから見たセキュリティホールセキュリティホール

    コンピュータにインストールされるP2Pアプリケーションは、目的や用途を問わず、インターネットに対しポートをオープンにしてサーバ的動作をする場合が多い。また、クライアント的な動作のみであっても、いずれにせよアプリケーションにバッファオーバーフロー等のセキュリティホールが存在した場合、アプリケーション同士が常時接続している場合が多いだけに、ワーム、ウイルス等が急速にP2Pネットに感染拡大する脆弱性を持っている。実際にWinnyやShareなどをインストールしたパソコンから個人情報が漏洩する事件や機密情報漏洩事件が多発している(「暴露ウイルス」の項も参照のこと)。ファイル共有ソフト フレッシュアイペディアより)

  • 静的コード解析

    静的コード解析から見たセキュリティホールセキュリティホール

    静的解析の商業利用は、重要なコンピュータシステムで使用されるソフトウェアの検証や潜在的なセキュリティホールを検出する必要性が増大したことを意味する。静的コード解析 フレッシュアイペディアより)

  • モンスターハンター フロンティア オンライン

    モンスターハンター フロンティア オンラインから見たセキュリティホールセキュリティホール

    2007年8月上旬頃からクライアントのセキュリティホールを突いたチート(不正行為)を利用したプレイヤーが出現、その様子を撮影した動画が公開された。苦情を受けたカプコンは一連の問題についての見解を発表。本人がチート行為を実行せずとも、チートによって得られたアイテムを受け取ったプレイヤーへも処罰が波及するとの記述や、プレイヤーが不正を続ける限り対策にリソースを奪われ今後のアップデートを遅らせざるを得ないとする記述があったが、後の運営レポートでは「チート行為や迷惑行為の対策や取り締まりを行なう人的リソースはしっかりと確保しており、それらの行為で大幅にアップデートスケジュールが遅延するようなことは、現在は想定していない。しかし、想定を大幅に超える多数のチート行為や迷惑行為がゲーム内で起こってしまうと、いずれアップデートよりも違反行為対策に多数の人的リソースを割かざるをえなくなり、今後のアップデートに大きな影響がでてしまうかもしれない事を懸念している。」と述べている。チート対策のため2007年8月15日にnProtectのアップデートが行われたが、クライアント(mhf.exe)を起動した途端にブルースクリーンが表示されてPCがハングアップするという現象が発生し、一部ではOSが起動しなくなる場合もあった。この事を受け、システム管理を担当するテクノブラッドは謝罪文を発表し、8月17日にnProtectを問題が発生する前のバージョンへロールバックする処置を実施した。モンスターハンター フロンティア オンライン フレッシュアイペディアより)

  • Mobage

    Mobageから見たセキュリティホールセキュリティホール

    但し、セキュリティホールを突いてペナルティまたは強制退会を回避するユーザー、新しいユーザーとして再登録を行い、荒らしを繰り返すユーザーも存在するため、悪意のあるユーザーを完全に防げているわけではない。Mobage フレッシュアイペディアより)

144件中 61 - 70件表示

「ソフトウエアの脆弱性」のニューストピックワード