前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た坪井玄道

    1885年に坪井玄道・田中盛業編集による『戸外遊戯法』という本が出版されているが、これが日本語によるテニスのルールの最初のものとされる。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た名古屋市

    韓国・台湾以外のアジア諸国への普及も加速度的に進んでおり、1988年には新生アジア選手権が名古屋で開催されている。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た近代オリンピック

    1994年よりアジア地区のオリンピックといえるアジア競技大会(ASIAN GAMES)の正式種目。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た慶應義塾大学

    1904年(明治37年)、東京高等師範学校(後の東京教育大 現筑波大)、東京高等商業学校(一橋大)、早稲田、慶応の4校の代表が集まりルールを制定。まだまだ不備な点が多々あったものの、これが日本人が制定したソフトテニスルールの最初のものとされる。これ以前は翻訳ルールをそのまま流用していた。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た早稲田大学

    1904年(明治37年)、東京高等師範学校(後の東京教育大 現筑波大)、東京高等商業学校(一橋大)、早稲田、慶応の4校の代表が集まりルールを制定。まだまだ不備な点が多々あったものの、これが日本人が制定したソフトテニスルールの最初のものとされる。これ以前は翻訳ルールをそのまま流用していた。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た特許

    三田土ゴムは1890年(明治23年)に製造を開始。日本国産球が完成したのが1900年。1908年には特許を取得している。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た2009年

    2009年にはユースのための年齢別国際大会である国際ジュニアソフトテニス大会(INTERNATIONAL JUNIOR SOFT TENNISTOURNAMENT)がスタート。第一回大会が四日市市で12月に開催された。2年毎の開催予定。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た日本

    ローンテニスがイギリスで発生したのは1874年(明治7年)であり日本への伝播は早くて明治11年といわれるが諸説が存在する。表孟宏編による『テニスの源流を求めて』には数々の説が紹介されているが、どれが事実なのかは特定できていない。なかでは明治政府の招きで来日したリーランド博士がアメリカから用具をとりいれて、赴任校である体操伝習所(1879年創設)で教えたという説が一般に広く知られている。がこれとてそれを決定づける確たる証拠はないとされる(前書参照)。ただ遅くとも体操伝習所が廃校になる1886年頃にはゴムボールをつかったテニスが普及しつつあった。これはローンテニスのボールの国産が難しく、また輸入品も高価であったために、比較的安価であったゴムボールを代用した、と伝えられる。ゴムボールも当初は輸入品であったが、1900年に国産化に成功している。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た東アジア競技大会

    「世界ソフトテニス選手権」・「アジア競技大会」・「東アジア競技大会」・「アジアソフトテニス選手権」現在、開催されているソフトテニス国際大会の中でも特に規模の大きいこれら4つの国際大会は、「四大国際大会」と呼ばれ(単に「国際大会」と呼ばれることも多い)、ソフトテニス界の頂点を決める大会としてだけでなく、ソフトテニスの新たな可能性・競技性を垣間見ることができる場として、最重要視されている。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見たアジア競技大会

    1994年よりアジア地区のオリンピックといえるアジア競技大会(ASIAN GAMES)の正式種目。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「ソフトテニス」のニューストピックワード