44件中 21 - 30件表示
  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た東京教育大

    1904年(明治37年)、東京高等師範学校(後の東京教育大 現筑波大)、東京高等商業学校(一橋大)、早稲田、慶応の4校の代表が集まりルールを制定。まだまだ不備な点が多々あったものの、これが日本人が制定したソフトテニスルールの最初のものとされる。これ以前は翻訳ルールをそのまま流用していた。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た大韓民国

    1955年に日本・韓国・台湾の三カ国によって「アジア軟式庭球連盟」が設立。同連盟により1956〜1973年に3カ国対抗によるアジア選手権を開催。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見たザイール

    1970年代後半には欧州およびアフリカ大陸(ザイール等)への普及活動がスタート。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た安城市 (京畿道)

    現在、4年毎に開催される世界選手権は2011年で14回を数え、2007年9月に韓国・安城で開催された第13回世界選手権には42カ国に及ぶ国と地域からの参加があった。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見たデュース

    得点は、ゼロ、ワン、ツー…と数える。先に4点を取った方が1ゲームを取得する。ただし、ポイントが3-3になるとデュースとなり、その場合にゲームを得るには、相手に2点差をつける必要がある。デュースの後の数え方は、サーブ側がポイントを取るとアドバンテージ・サーバー、レシーブ側がポイントを取るとアドバンテージ・レシーバーとなる。カウントコールはサーバー側が先となる。2-2等両者の得点が同じ場合は、3-3以前までは「○○オール」と言う数え方をする。3-3以降は前記の通り。但し2回目のデュースでは「デュース アゲイン」と言うコールをする。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見たアジアソフトテニス選手権

    「世界ソフトテニス選手権」・「アジア競技大会」・「東アジア競技大会」・「アジアソフトテニス選手権」現在、開催されているソフトテニス国際大会の中でも特に規模の大きいこれら4つの国際大会は、「四大国際大会」と呼ばれ(単に「国際大会」と呼ばれることも多い)、ソフトテニス界の頂点を決める大会としてだけでなく、ソフトテニスの新たな可能性・競技性を垣間見ることができる場として、最重要視されている。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見たハワイ州

    1972年にはアメリカ合衆国に普及活動開始。1975年に国際軟式庭球連盟が創立される(創立時の加盟国 日本、韓国、中華民国(台湾)、アメリカ、ベネズエラ、ブラジル、香港)。同年、第一回世界選手権がアメリカ合衆国ハワイ州にて開催された。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た日本語

    1885年に坪井玄道・田中盛業編集による『戸外遊戯法』という本が出版されているが、これが日本語によるテニスのルールの最初のものとされる。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た一橋大学

    1904年(明治37年)、東京高等師範学校(後の東京教育大 現筑波大)、東京高等商業学校(一橋大)、早稲田、慶応の4校の代表が集まりルールを制定。まだまだ不備な点が多々あったものの、これが日本人が制定したソフトテニスルールの最初のものとされる。これ以前は翻訳ルールをそのまま流用していた。ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

  • ソフトテニス

    ソフトテニスから見た東南アジア競技大会

    2011年東南アジアのオリンピックである東南アジア競技大会に正式競技として参加。(第26回東南アジア競技大会SEA GAMES)ソフトテニス フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「ソフトテニス」のニューストピックワード