601件中 81 - 90件表示
  • ドリームネット

    ドリームネットから見たソフトバンクソフトバンク

    1994年3月にNTTデータが40%、ソフトバンクが60%を出資する合弁会社としてメディアバンク企画株式会社として設立。当初はマルチメディア関連事業の企画・調査を行っていたが、1995年12月にメディアバンク株式会社に社名変更するとともにドリームネットの名称でインターネットサービスプロバイダ事業に参入した。ドリームネット フレッシュアイペディアより)

  • 大迫一平

    大迫一平から見たソフトバンクソフトバンク

    『全力坂』 インフォマーシャル ソフトバンク携帯電話 テレビ朝日大迫一平 フレッシュアイペディアより)

  • 大戦略 mobile

    大戦略 mobileから見たソフトバンクソフトバンク

    『大戦略 mobile』(だいせんりゃくモバイル)は戦略シミュレーションの元祖「大戦略」の流れをくむ本格ウォーゲームのケータイ版。株式会社ジー・モードが提供している携帯サイト:Gモードスタイルからダウンロードできるアプリケーションゲーム。iモード版とソフトバンク版がある。ソフトバンク版ではソフトバンク3G対応(一部機種は非対応)で、情報料は1アプリ330円(税込346円・従量課金制)となっている。開発元はシステムソフト・アルファー。大戦略 mobile フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見たソフトバンクソフトバンク

    最終第5戦はダイエーが第1戦先発の新垣、西武は中3日で第2戦先発の松坂の先発で始まった。4回表まで無得点で進んだが4回裏、ダイエーは城島の本塁打で先制、さらに四球のバルデスを一塁に置いて、ズレータが二塁打を放った。しかしセンター赤田の好返球でバルデスは本塁でタッチアウトとなった。5回にもダイエーは柴原洋を二塁に置いて宮地克彦がライトにヒットを放った。しかし、ライト小関竜也の好返球で柴原は本塁でタッチアウト、追加点を奪えなかった。西武は6回表、一死満塁のチャンスをつかむと代打に石井義人を起用、石井はレフトフェンス直撃の二塁打を放ち2-1と逆転、さらに野田の犠飛で1点を追加、3-1とした。松坂は中3日の影響もあり6回で降板、西武は継投で逃げ切りをはかった。だが、8回裏、ダイエーは先頭の井口が小野寺力から本塁打を放ち、1点差と迫ると、一死後に城島が四球を選び同点のチャンスを迎えた。ここで西武はクローザーの豊田を投入し、バルデス、ズレータを連続三振に斬ってとった。このまま西武が逃げ切ると思われたが9回裏ダイエーは粘りを見せ、先頭の鳥越が二塁打を放つと、送りバントで三塁に進んだ後、柴原に同点タイムリーが飛び出し土壇場で3-3の同点となった。この後、井口の二塁打で二死二,三塁のサヨナラのチャンスを迎えるが豊田は不振の松中を打ち取り延長戦となった。10回表西武は先頭の小関が二塁打で出塁、送りバントと敬遠の後、代打の犬伏稔昌がセンターに犠飛を放ち勝ち越し、その裏を石井貴が締め、西武ライオンズが2年ぶり20度目のリーグ優勝に輝いた。一方、ダイエーはこのシーズンのオフにソフトバンクに球団を身売りしたため、結果的にこの試合が福岡ダイエーホークスとしての最後の試合となった。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • ブロードバンドタワー

    ブロードバンドタワーから見たソフトバンクソフトバンク

    インターネット総合研究所が中心となりアジアグローバルクロッシング(米グローバルクロッシング、マイクロソフト、ソフトバンクの合弁企業)を吸収する形でグローバルセンター・ジャパンとして設立、現在はインターネット総合研究所の持分法適用関連会社である。主な事業はデータセンター事業、ブロードバンド配信事業の2つである。会社の初期は決して順風満帆ではなく、親会社のインターネット総合研究所を巻き込んで存亡の危機にまで陥ったこともあるらしい。(インターネット総合研究所 藤原氏のコラム参照)ブロードバンドタワー フレッシュアイペディアより)

  • 谷口健太郎

    谷口健太郎から見たソフトバンクソフトバンク

    早稲田大学大学院理工学部工業経営学科卒。1987年、日商岩井(現、双日株式会社)へ入社。営業としてトルコなどに赴任しプロジェクトを多数手掛ける。2000年、ソフトバンクに転職。2002年、執行役員として同グループ会社のディーコープ株式会社へ転籍。2006年10月、同社代表取締役に就任。谷口健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 津田志郎

    津田志郎から見たソフトバンクソフトバンク

    2006年のソフトバンクによるボーダフォン買収に伴い、取締役を退任した。2007年よりジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ相談役を務める。津田志郎 フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 810T

    SoftBank 810Tから見たソフトバンクソフトバンク

    SoftBank 810T(ソフトバンク810T)は、東芝が開発しソフトバンクモバイルが販売するW-CDMA及びGSM通信方式に対応する携帯電話端末である。2006年10月27日発売。SoftBank 810T フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 811T

    SoftBank 811Tから見たソフトバンクソフトバンク

    SoftBank 811T(ソフトバンク811T)は東芝が開発しソフトバンクモバイルが販売するW-CDMA及びGSM通信方式に対応する携帯電話端末。SoftBank 811T フレッシュアイペディアより)

  • SoftBank 910T

    SoftBank 910Tから見たソフトバンクソフトバンク

    SoftBank 910T(ソフトバンク910T)は東芝が開発しソフトバンクモバイルが販売するW-CDMA通信方式の携帯電話端末。SoftBank 910T フレッシュアイペディアより)

601件中 81 - 90件表示

「ソフトバンクグループ」のニューストピックワード