前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
528件中 1 - 10件表示
  • 武力行使容認決議

    武力行使容認決議から見たソマリアソマリア

    湾岸戦争後においては、ユーゴスラビア紛争、ソマリア、ルワンダ等に対して人道的な援助を実施するために、武力行使が加盟国に認められた。武力行使容認決議 フレッシュアイペディアより)

  • イーグル・エアウェイズ

    イーグル・エアウェイズから見たソマリアソマリア

    2008年2月8日、ブレンハイムからクライストチャーチに向かっていたチャーター便のパイロット二人がハイジャック犯に突き刺されるという事件が発生した。パイロットは刺されながらもなんとかクライストチャーチ国際空港に無事に着陸し、犯人の33歳のソマリア人の女が逮捕された。イーグル・エアウェイズ フレッシュアイペディアより)

  • エチオピアの歴史

    エチオピアの歴史から見たソマリアソマリア

    1993年にエリトリアが独立して内陸国となったエチオピアであるが、アクスム王国の成立まで、最大部族であるアムハラの支配が及んだのはゴンダルとその周辺でしかなかった。紀元前に栄えたアクスム王国もエチオピア北部を支配したが、その意欲はエリトリアや紅海方面への交易にむいており、エチオピア南部を含む現在の国境線は19世紀まであらわれることはなかった。しかし、1850年代にエチオピア帝国のテオドロス2世がエチオピア中央部を平定すると、その後継者のメネリク2世は現在のエチオピアに近い勢力圏を確立した。その理想とする領土は、東はソマリアのオガデン、南はルドルフ湖周辺、西はファショダ、北はエリトリア全域という広大な地域に渡り、メネリク2世は果敢な遠征でそれを達成目前まで押し広げた。しかし、エリトリアはイタリアが領有し、ファショダもイギリスの影響下にあったために、メネリク2世の野望は途中で断念せざるをえなかった。また、東方のオガデンは1970年代後半にソマリアで大ソマリア主義が広がると係争の地となり、オガデン戦争の一因となった。エチオピアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • オガデン戦争

    オガデン戦争から見たソマリアソマリア

    オガデン戦争(オガデンせんそう、Ogaden War)は、1977年から1988年にかけてエチオピアとソマリアの間で起こった戦争。オガデン紛争(オガデンふんそう)、起こった場所の通称からアフリカの角戦争(アフリカのつのせんそう)とも呼ぶ。オガデン戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ブッシュバック属

    ブッシュバック属から見たソマリアソマリア

    ブッシュバックは体高70cm程度の中型の種で、雄は鬣と20cm前後の角を有する。サハラ以南のアフリカ(セネガル、ソマリア、アンゴラ、ケープなど)の森林や藪に主に生息し、白い縦縞の文様などから以下の28亜種が認められている。ブッシュバック属 フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア沖の海賊

    ソマリア沖の海賊から見たソマリアソマリア

    ソマリア沖の海賊(ソマリアおきのかいぞく、英:Piracy in Somalia、ソマリア海賊問題とも)とは、アデン湾とインド洋のソマリア周辺海域で発生し国際海運の障害となっている海賊。1990年代初期にソマリア内戦が始まった頃から目立つようになり、近年に活動が活発化して、スエズ運河・紅海を経由し地中海とインド洋を往来する年間約2万隻の商船にとって大きな脅威となっている。ソマリア沖の海賊 フレッシュアイペディアより)

  • エチオピア

    エチオピアから見たソマリアソマリア

    エチオピア連邦民主共和国(エチオピアれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称エチオピアは、東アフリカに位置する連邦共和制国家である。東をソマリア、南をケニア、西を南スーダン、北西をスーダン、北をエリトリア、北東をジブチに囲まれた内陸国。1991年5月29日にエリトリアが独立を宣言し、1993年5月24日に独立が承認された。首都はアディスアベバ。エチオピア フレッシュアイペディアより)

  • スマトラ島沖地震 (2004年)

    スマトラ島沖地震 (2004年)から見たソマリアソマリア

    大津波が発生し、インドネシアのみならず、インド洋沿岸のインド、スリランカ、タイ王国、マレーシア、モルディブ、マダガスカル、ソマリアなど東南アジアのみならず、東アフリカ等でも被害が発生した。その後チリで津波デマによるパニックが起こり1人が死亡したほか、世界各地で地震発生後に津波を警戒して住民が早期に避難した事などから、この地震が世界中に知れ渡り、人々の心に強く残ったことを示している。スマトラ島沖地震 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ連合

    アフリカ連合から見たソマリアソマリア

    モロッコを除くアフリカの全ての独立国家が加盟。加盟国は54ヶ国に上る。加盟国の中で、西サハラの独立派武装組織ポリサリオ戦線が樹立した亡命政府サハラ・アラブ民主共和国(SADR) (西サハラ)は、日本政府が国家承認していない地域である。モロッコは西サハラ加入に反対し1985年にOAUを脱退した。ソマリアから一方的に独立を主張するソマリランドは、アフリカ連合加盟国からも国家承認されておらず、非加盟である。2008年の1月31日から2月2日までアディスアベバで開かれた首総会議の後、会見で議長は、チャドの反政府勢力による新政府が樹立しても加盟は承認しないという考えを示した。アフリカ連合 フレッシュアイペディアより)

  • モガディシュの戦闘

    モガディシュの戦闘から見たソマリアソマリア

    モガディシュの戦闘(モガディシュのせんとう)は、1993年10月3日、ソマリアの首都モガディシュにおいてアメリカ合衆国軍とソマリア民兵とのあいだで発生し、のちにアメリカがソマリア内戦介入から撤収するきっかけとなった事件である。戦闘の激しかった地域の名を取って「ブラック・シーの戦い」とも呼ばれる。なお、撃墜された2機のMH-60 ブラックホークのうち1機目が海の近くに墜落し、第一墜落地点が激戦地となった。モガディシュの戦闘 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
528件中 1 - 10件表示

「ソマリア」のニューストピックワード