743件中 101 - 110件表示
  • ミジケンダ

    ミジケンダから見たソマリアソマリア

    ミジケンダ(Mijikenda)は、北はソマリア国境、南はタンザニア国境にまで分布している、ケニア海岸部の9つのエスニック・グループの総称である。歴史的には、これらのエスニック・グループは「低木地の人々」(bush people)を意味するスワヒリ語でワ・ニイカ(Wa Nyika)と呼ばれていたが、1940年代以降に彼ら自身の意識の高まりからミジケンダを名乗るようになった。「ミジケンダ」とは「9つの町々」の意味である。ミジケンダ フレッシュアイペディアより)

  • マンデラ (ケニア)

    マンデラ (ケニア)から見たソマリアソマリア

    マンデラはケニアの北東州にある町。の行政中心都市。エチオピア、ソマリアとケニアの3国の国境が接する点の近くにある。1999年時点での人口は30,433人。マンデラ (ケニア) フレッシュアイペディアより)

  • バラカート

    バラカートから見たソマリアソマリア

    バラカート(アル・バラカアト、, )は1986年にソマリアで作られた企業グループ。金融機関としての役割が大きい。2001年のアメリカ同時多発テロ事件(911)をきっかけに国連から資産凍結措置を受けている。バカラートの創設者アーメド・ヌル・アリ・ジマーレ(Ahmed Nur Ali Jimale)は、資産凍結措置を受けた時にはアラブ首長国連邦に住んでいた。なお、バラカートはアラビア語で「祝福」を意味し、この記事の組織と無関係に「バラカート」の名を持つものもある。バラカート フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア (小惑星)

    ソマリア (小惑星)から見たソマリアソマリア

    アフリカ北東部の国 ソマリアに因む。命名は1980年2月の小惑星回報で公表された。ソマリア (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • マケレレ大学

    マケレレ大学から見たソマリアソマリア

    ウガンダ独立直後の時期、マケレレ大学はアフリカ民族主義文化の教育活動の拠点だった。ソマリア出身の小説家のヌルディン・ファラー、アフリカ・イスラム研究者のアリ・ マズルイ、マラウイ人の外交官・詩人のデヴィッド・ルバディリ、ウガンダ人作家のオケロ・オクリ、ケニア人小説家のグギ・ワ・ジオンゴ、マケレレ大学で教鞭をとったアメリカ人小説家のポール・セロー、ウガンダ人作家のピーター・ナザレスらは、いずれも創作活動や研究活動の一時期をマケレレ大学で過ごした。マケレレ大学 フレッシュアイペディアより)

  • ガローウェ・オンライン

    ガローウェ・オンラインから見たソマリアソマリア

    ガローウェ・オンライン(Garowe Online)は、2004年に設立されたソマリアの通信社。ソマリア国内の情報源によるソマリアの関連のニュースの発行を専門とし、ソマリ語と英語でニュースを提供している。ソマリア内の自治勢力のプントランドの首都であるガローウェに本拠を構える。ガローウェ・オンライン フレッシュアイペディアより)

  • ラウラ・デッカー

    ラウラ・デッカーから見たソマリアソマリア

    2010年8月21日、イベリア半島南東端の英領ジブラルタルから、全長11.5mの愛船「グッピー (Guppy)」で出航(当時14歳)。途中、NATO (北大西洋条約機構)などから危険との注意を受け、ソマリア沖、スエズ運河などの海域は回避した(海賊を避けるために航路を「喜望峰ルート」に変更)。ラウラ・デッカー フレッシュアイペディアより)

  • ロシアのソマリア沖海賊対策

    ロシアのソマリア沖海賊対策から見たソマリアソマリア

    6月3日 - ロシア海軍当局の発表によりソマリア沖への海軍艦艇派遣が示唆される。ロシアのソマリア沖海賊対策 フレッシュアイペディアより)

  • ラム (ケニア)

    ラム (ケニア)から見たソマリアソマリア

    ソマリアの国境まで100km以上の距離があるが、2011年にはリゾート地に訪れる富裕者の誘拐を狙い同国の武装集団が出没し、治安の悪化が伝えられた。ラム (ケニア) フレッシュアイペディアより)

  • ドゥーサマレブ空爆

    ドゥーサマレブ空爆から見たソマリアソマリア

    ドゥーサマレブ空爆(ドゥーサマレブくうばく)は、2008年5月1日にソマリア中部のドゥーサマレブに対するアメリカ軍による航空攻撃のこと。ドゥーサマレブ空爆 フレッシュアイペディアより)

743件中 101 - 110件表示

「ソマリア」のニューストピックワード