743件中 11 - 20件表示
  • 2012年の政治

    2012年の政治から見たソマリアソマリア

    10日 - ソマリアは議会で大統領選挙を実施。ハッサン・シェイク・モハムドを大統領に選出。2012年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ダーロ航空

    ダーロ航空から見たソマリアソマリア

    2009年現在、本社はアラブ首長国連邦のドバイにあり、ハブ空港もジブチ共和国のジブチ国際空港としているが、もともとはソマリア民主共和国のフラッグキャリアだったソマリ航空が1991年に勃発したソマリア内戦により破綻したことを受けて設立されたソマリアの航空会社であった。ダーロ航空 フレッシュアイペディアより)

  • スマトラ島沖地震 (2004年)

    スマトラ島沖地震 (2004年)から見たソマリアソマリア

    大津波が発生し、インドネシアのみならず、インド洋沿岸のインド、スリランカ、タイ王国、マレーシア、モルディブ、マダガスカル、ソマリアなど東南アジア全域に加え、東アフリカ等でも被害が発生した。本地震ののち、チリで津波デマによるパニックが起こり1人が死亡したほか、世界各地で新たな地震発生後に津波を警戒して住民が早期に避難した事などから、この地震が世界中に知れ渡り、人々の心に強く残ったことを示している。スマトラ島沖地震 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • Navy SEALs

    Navy SEALsから見たソマリアソマリア

    高度な水泳と潜水スキルを持っており、危機的状況において「水のある所へ逃げる」ことで難を逃れた事例も多い。SEALs輸送チームなどを除きパラシュート訓練が必須となっているため、空挺作戦も可能である。パラシュート降下時にゴムボートも降下させて海に着水し、空から水上作戦を展開することができる。また、イラクやアフガニスタン、ソマリアなど海や河川が存在しない地域でも活動している。極限的な環境である北極圏の水中でも作業できるため、陸上の過酷な環境での作戦従事も多い。Navy SEALs フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア沖の海賊

    ソマリア沖の海賊から見たソマリアソマリア

    ソマリア沖の海賊(ソマリアおきのかいぞく、、ソマリア海賊問題とも)とは、アデン湾とインド洋のソマリア周辺海域で発生し国際海運の障害となっている海賊。1990年代初期にソマリア内戦が始まった頃から目立つようになり、近年に活動が活発化して、スエズ運河・紅海を経由し地中海とインド洋を往来する年間約2万隻の商船にとって大きな脅威となっている。ソマリア沖の海賊 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ連合

    アフリカ連合から見たソマリアソマリア

    アフリカの全ての独立国家が加盟。加盟国は発足時に53か国に上り、この時点ですでに世界最大の地域機関であったが、2011年7月9日に南スーダンが独立して即時加盟したことにより加盟国は54ヶ国に達し、2017年1月31日にモロッコが再加入したことにより加盟国は55ヶ国となった。加盟国の中で、西サハラの独立派武装組織ポリサリオ戦線が樹立した亡命政府サハラ・アラブ民主共和国(SADR) (西サハラ)は、日本政府が国家承認していない地域である。ソマリアから一方的に独立を主張するソマリランドは、アフリカ連合加盟国からも国家承認されておらず、非加盟である。アフリカ連合 フレッシュアイペディアより)

  • コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3

    コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3から見たソマリアソマリア

    ソマリアでプライスと共に行動する部隊。コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 フレッシュアイペディアより)

  • ラシュモア (ドック型揚陸艦)

    ラシュモア (ドック型揚陸艦)から見たソマリアソマリア

    最初の半年間の配備中にラシュモアはオペレーション・レストア・ホープに参加、ソマリアの海岸上陸の先頭に立った。史上最大の人道支援作戦であるレストア・ホープでは、ソマリアの難民達に食糧と医療援助を行った。ラシュモア (ドック型揚陸艦) フレッシュアイペディアより)

  • ベレトウェイン

    ベレトウェインから見たソマリアソマリア

    ベレトウェイン (, , Belet Huen, Beled Weyn, Belet Weyne, Belet Uen) はソマリア中部の都市で、ヒラーン州の行政中心地。シェベリ川沿いにあり、エチオピアのオガデン付近にあり、ソマリアの首都モガディシュから北に332キロメートルにある。ベレトウェイン フレッシュアイペディアより)

  • アリ・マオ・マーラン

    アリ・マオ・マーランから見たソマリアソマリア

    アリ・マオ・マーラン (Ali Maow Maalin・1954年 - 2013年7月22日)とは、ソマリアの病院職員、ワクチン接種活動家。1977年10月31日に天然痘ウイルス (Variola minor) に感染した事が確認された、世界で最後の自然環境における天然痘患者である。また、その経験を生かして同国内で急性灰白髄炎ワクチン接種の活動を行った。アリ・マオ・マーラン フレッシュアイペディアより)

743件中 11 - 20件表示

「ソマリア」のニューストピックワード

  • ディズニー ミッキー90周年 マジック オブ カラー

  • NHKアニソン特番

  • ETERNAL WIND 〜ほほえみは光る風の中〜