743件中 41 - 50件表示
  • 細谷龍平

    細谷龍平から見たソマリアソマリア

    大阪府出身。東京教育大学附属駒場高等学校(現筑波大学附属駒場高等学校)を経て、1976年(昭和51年)東京大学教養学部を卒業し、外務省に入省する。オックスフォード大学に留学、卒業。OECD事務局勤務、外務省経済局国際経済第二課長、世界平和研究所主任研究員、駐カナダ公使、駐ケニア公使(ウガンダ、セーシェル、ソマリア、ブルンジ及びルワンダを兼轄)、在ユネスコ代表部公使、国際大学GLOCOMフェロー、アジア歴史資料センター次長、2008年(平成20年)8月駐仏公使、2010年(平成22年)6月ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)事務局勤務(事務局長官房長)を経て、2013年(平成25年)1月からマダガスカル駐箚特命全権大使。同年3月からコモロ、4月からモーリシャスを兼轄。2016年(平成28年)4月から福井大学国際地域学部教授。12月から日本ユネスコ国内委員会委員。細谷龍平 フレッシュアイペディアより)

  • ラクダ

    ラクダから見たソマリアソマリア

    2010年には全世界で1400万頭のラクダが生息しており、その90%がヒトコブラクダであった。ヒトコブラクダとフタコブラクダの生息域は一部では重なり合うものの、基本的には違う地域に生息している。ヒトコブラクダは西アジア原産であり、現在でもインドやインダス川流域から西の中央アジア、イランなどの西アジア全域、アラビア半島、北アフリカ、東アフリカを中心に分布している。なかでも特にアフリカの角地域では現在でも遊牧生活においてラクダが重要な役割を果たしており、世界最大のラクダ飼育地域となっている。世界で最大のラクダ飼育頭数を誇るソマリアや、エチオピアにおいてラクダは現在でも乳、肉、移動手段を提供し続けている。フタコブラクダのほうは中央アジア原産であり、トルコ以東、イランやカスピ海沿岸、中央アジア、新疆ウイグル自治区やモンゴル高原付近にまで生息している。頭数は140万頭程度で、ラクダのうちの10%程度である。家畜として飼育する場合は通常どちらかの種しか飼育しないが、両種の雑種は大型となるため荷役用として価値が高く、中央アジアでは両種をともに飼育して常に雑種を生み出し続けるようにしていた(後述)。ラクダ フレッシュアイペディアより)

  • 冷戦

    冷戦から見たソマリアソマリア

    一方アフリカでは、1978年からエチオピアとソマリアの間でオガデン戦争が起こっていたが、エチオピアが1974年の軍事クーデターで社会主義を宣言したため、ソ連とキューバがエチオピアを、ソマリアをアメリカが支援した。アンゴラは1975年の独立直後から3つの武装勢力が対立し内戦となり、これに南アフリカとキューバが介入、間接的にソ連・中国・アメリカが援助を行い、泥沼となった。冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ人の奴隷貿易

    アラブ人の奴隷貿易から見たソマリアソマリア

    アラブ人商人は現在のケニアやモザンビーク、タンザニア、南スーダン、東アフリカのエリトリアやエチオピア等からアフリカ人を、インド洋を越えて現在のイラクやイランやクウェートやソマリアやトルコなど中東の諸地域 、南アジア(主にパキスタンとインド)に運んだ。新世界への大西洋奴隷貿易と違い、アラブ人はアフリカ人奴隷をイスラーム教徒世界へと供給し、最盛期にその範囲は大西洋(モロッコやスペイン)からインド洋や東シナ海への3大陸に及んだ。[[File:Geromeslavemarket.jpg|thumb|upright|200px|『奴隷市場』(1884年、ジャン=レオン・ジェローム作)]]アラブ人の奴隷貿易 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年ラマダン攻撃

    2015年ラマダン攻撃から見たソマリアソマリア

    2015年ラマダン攻撃とは、2015年6月26日(ラマダンの期間中)にフランス、クウェート、ソマリア、チュニジア、シリア(シリアの事件は一日早い6月25日に始まった)で起こった一連のテロ攻撃の総称である。イスラム過激派組織「ISIL」の関与が明らかとなっている。報道においては「血の金曜日事件」 (Bloody Friday) や「黒い金曜日事件」と呼ばれることもある。2015年ラマダン攻撃 フレッシュアイペディアより)

  • アデン湾

    アデン湾から見たソマリアソマリア

    アデン湾(アデンわん、Gulf of Aden)は、インド洋の北西側にあり、北はアラビア半島、南はアフリカ大陸のソマリア半島に挟まれた東西に細長い湾。湾の西側には、バブ・エル・マンデブ海峡を介して紅海が広がっている。東はアラビア海へ繋がる。イエメン、ジブチ、ソマリアと接している。アデン湾 フレッシュアイペディアより)

  • 政府間開発機構

    政府間開発機構から見たソマリアソマリア

    加盟国はケニア、スーダン、ウガンダ、エチオピア、エリトリア、ジブチ、ソマリアの7か国で、事務局はジブチに置かれている。政府間開発機構 フレッシュアイペディアより)

  • MH-6 リトルバード

    MH-6 リトルバードから見たソマリアソマリア

    所謂ソマリア紛争。ゴシックサーペント作戦に参加し、捕獲対象の居るビルへデルタフォースを屋上からエントリーさせるための支援、MH-60墜落現場へ急行、夜間における民兵掃討で活躍。MH-6 リトルバード フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ陸軍特殊部隊群

    アメリカ陸軍特殊部隊群から見たソマリアソマリア

    エジプト軍特殊部隊の訓練、その後、ソマリアで反アイディード派組織の訓練アメリカ陸軍特殊部隊群 フレッシュアイペディアより)

  • 失敗国家

    失敗国家から見たソマリアソマリア

    名目的に存在する政府は腐敗しており、統治能力はほぼ無い。例えばソマリアのバーレ政権末期では、大統領官邸を中心にした数百メートルの範囲にしか支配力が及ばなかった。その他の地域で支配力を行使しているのは軍閥(warlord)等地域の有力者であり、彼らの持つ私兵集団である。これらの中には元は正規軍であったが兵士の給料の不払い等が続いた結果、私兵化した者も多い。地方ごとに有力者が勝手に独自の軍事組織を持ち、その他にも大小様々な自警団や盗賊が出没する。失敗国家の政府は一般に、国際的に国家主体と認められ徴税権やODA等の利権を持っているだけであり、実態は私兵組織と変わらない事が多い。失敗国家 フレッシュアイペディアより)

743件中 41 - 50件表示

「ソマリア」のニューストピックワード