743件中 51 - 60件表示
  • クリス・スティール=パーキンス

    クリス・スティール=パーキンスから見たソマリアソマリア

    『ザ・ワークス』 / The Works. 東京 : Media Towns、1999年。ウィンドウズ(具体的に95かNT)あるいはMac OSのためのCD-ROM。スティール・パーキンスが、ウガンダ、エチオピア、ケニア、ザイール、ジンバブエ、スーダン、ソマリア、タンザニア、チャド、ナミビア、南アフリカで撮った180枚以上の写真が紹介されている。ほとんどが1980年〜1994年の間に撮影されたもの。クリス・スティール=パーキンス フレッシュアイペディアより)

  • ルフトハンザ航空181便ハイジャック事件

    ルフトハンザ航空181便ハイジャック事件から見たソマリアソマリア

    ドイツ赤軍(RAF)が起こした連続テロ事件「ドイツの秋」の一環を成す事件であり、直前にRAFがケルンで起こしたドイツ経営者連盟会長ハンス=マルティン・シュライヤー(Hanns-Martin Schleyer)誘拐事件と密接に関係していた。最終的に、ソマリアのモガディシュにおいて機内にGSG-9(ドイツ国境警備隊(当時)の対テロ特殊部隊)が突入し解決した。ルフトハンザ航空181便ハイジャック事件 フレッシュアイペディアより)

  • ケニア

    ケニアから見たソマリアソマリア

    ケニア共和国(ケニアきょうわこく)、通称ケニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。北にエチオピア、北西に南スーダン、西にウガンダ、南にタンザニア、東にソマリアと国境を接し、南東はインド洋に面する。首都はナイロビ。ケニア フレッシュアイペディアより)

  • An-26 (航空機)

    An-26 (航空機)から見たソマリアソマリア

    これらの内420機が輸出に供され、アンゴラに24機、アフガニスタンに56機、バングラデシュに4機、ベナンに2機、ブルガリアに5機、ハンガリーに10機、ベトナムに50機、ドイツ民主共和国(東ドイツ)に12機、インド、イラクに2機、イエメン人民民主共和国(南イエメン)に8機、中国に54機、キューバに51機、ラオスに5機、リビアに30機、マダガスカルに3機、マリ共和国に2機、モザンビークに8機、モンゴルに8機、ニカラグアに5機、カーボベルデに2機、ペルーに16機、ポーランドに7機、ルーマニアに14機、シリアに6機、ソマリアに2機、チェコスロバキアに6機、エチオピア、ユーゴスラビアに15機が輸出された。この他、2機のAn-26がパレスチナ自治政府に供給された。An-26 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • イエメン

    イエメンから見たソマリアソマリア

    アラビア半島の南西、北緯12度から20度に位置する。紅海、アデン湾、アラビア海に面し、北でサウジアラビア、東でオマーンと国境を接し、アデン湾、紅海を挟んでソマリア、ジブチ、エリトリアに対面する。本土以外にソマリアの沖にあるインド洋のソコトラ島 (3625km2) なども領有している。面積は約52万8000km2。首都はサナア。地理学的には4つの地域に分けられる。紅海沿岸、西部山地、東部山地、北のルブアルハリ砂漠である。ティハーマと呼ばれる紅海沿岸部は非常に乾燥しており、山地から流れる川は見られずワジあるいは地下水になっている。西部山地は降水量が大きいため段々畑で農業が営まれる。ソルガムが主で、綿花とマンゴーなど果実も栽培される。昼夜の気温差が大きい。東部は標高2000mで、さらに気温差が大きく昼間30℃、夜間0℃となる。大麦や小麦が栽培される。ルブアルハリ砂漠ではベドウィンがラクダの遊牧を行っているだけである。イエメン フレッシュアイペディアより)

  • 革命

    革命から見たソマリアソマリア

    アフリカの年(1960年、カメルーン、セネガル、トーゴ、マダガスカル、コンゴ民主共和国、ソマリア、ベナン、ニジェール、ブルキナファソ、コートジボワール、チャド、中央アフリカ共和国、コンゴ共和国、ガボン、マリ、ナイジェリア、モーリタニア) - フランス植民地を中心にアフリカで多くの国が独立。革命 フレッシュアイペディアより)

  • テクニカル

    テクニカルから見たソマリアソマリア

    この種の武装車両を「テクニカル」と呼ぶ語源は、ソマリアを発祥とする。民間の警護要員を連れていくことを拒否された非政府組織が、人員保護のため「技術支援助成金(technical assistance grants)」を使ってその地域の民兵をガードマンとして雇った。転じて、それが武装した人々を乗せる車両の呼び名となった。テクニカル、またはバトルワゴン(battlewagons)、ガンワゴン(gunwagons)、ガンシップ(gunships)などの名称で知られる。テクニカル フレッシュアイペディアより)

  • インド洋

    インド洋から見たソマリアソマリア

    インド洋沿海諸都市・諸港のうち特に大きなものは、ミャンマーのヤンゴン、バングラデシュのチッタゴン、インドのムンバイやチェンナイ、コルカタ、スリランカのコロンボ、パキスタンのカラチ、アラブ首長国連邦のドバイやアブダビ、オマーンのマスカット、イエメンのアデン、ジブチのジブチ市、ソマリアのモガディシュ、ケニアのモンバサ、タンザニアのダルエスサラームやザンジバルシティ、モザンビークのマプト、南アフリカ共和国のダーバンやイーストロンドン、ポートエリザベス、モーリシャスのポートルイス、そしてオーストラリアのパースの外港であるフリーマントルなどがある。マラッカ海峡の東端に位置するシンガポールは、太平洋とインド洋とを結ぶ結節点として重要な港湾都市である。また、縁海である紅海の北端にはスエズの街があるが、ここはスエズ運河の南端に位置し、運河の入り口となる要衝である。インド洋 フレッシュアイペディアより)

  • 東側諸国

    東側諸国から見たソマリアソマリア

    また、東ヨーロッパのみでは無く、東アジアでは中華人民共和国、北朝鮮、モンゴルを始め、ベトナム、ラオス、カンボジアといったインドシナ東側の殆ども東側陣営に組み込まれていた。北東アフリカでもエジプト、エチオピア、スーダン、ソマリア、リビアなどが東側の同盟国であった。西アジアでは南イエメン、イラク、シリアが東側に近かった。アメリカ大陸のキューバもそうであり、このように第三世界諸国の中にも東側寄りの国が多くあった。東側諸国 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見たソマリアソマリア

    1月7日 - アフリカ・エチオピアで2008年9月に誘拐され、ソマリアに拉致されていた国際医療支援団体「世界の医療団」所属の長崎大学大学院生が無事解放され、1月13日に帰国。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

743件中 51 - 60件表示

「ソマリア」のニューストピックワード