192件中 31 - 40件表示
  • ソマリア

    ソマリアから見たソマリア内戦

    1991年勃発の内戦により国土は分断され、事実上の無政府状態が続いた。のちにエチオピアの軍事支援を受けた暫定政権が発足し、現在では正式な政府が成立したが、依然として一部地域を他の国家であると主張する政府が統治している。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た白金

    紀元前25世紀、エジプト第5王朝のサフラー王にプント国から没薬と白金がもたらされたという記録がある。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た国境なき医師団

    一方、政府がまともに機能していない以上、当然のことながら医療制度は崩壊状態にあり、ほとんどの国民はまともな医療を受けられない状態にある。長年に渡り国境なき医師団が活動していたが、職員の殺害・誘拐が相次いでいる。ソマリア国内の各勢力が、保護どころか積極的に医師団を攻撃対象にしてきたことも重なり、2013年、国境なき医師団はソマリアからの撤退を決定、22年間の活動に幕を下ろした。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たアフリカ連合

    2007年1月、アメリカ軍がエチオピア軍支援のため空襲。暫定政府は法廷会議に対し勝利宣言を行う。イスラム法廷会議(ICU)はケニア国境付近へ逃走し、国内の残党との連携で後のデモやテロの根源となる。PKO再派遣が決定されるも、アフリカ連合(AU)中心で、参加国数も内容も低調に終わった。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た新聞

    ソマリアでは、多数の私営新聞、ラジオ、テレビ局がこの十年間で急速に発達し(モガディシュでは2つのテレビ局が熾烈な競争を行っている)、私営ラジオ局や新聞と共にほぼ全ての主要都市に存在する。大きなメディア企業としてはShabelle Media Network、Radio Gaalkacyo、ガローウェ・オンライン傘下のRadio Garoweなどの名が挙げられる。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た国際司法裁判所

    アブドゥルカウィ・アハメド・ユスフ - 国際司法裁判所判事、副所長。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た農業

    主産業は、バナナを中心とする農業、ラクダ(飼育数世界1位)・羊・ヤギなどの畜産業。畜産業の経済に占める比率はGDPの40%、輸出収入の65%に達する。農産品の加工を軸とした小規模な軽工業はGDPの10%に達する。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たヒツジ

    主産業は、バナナを中心とする農業、ラクダ(飼育数世界1位)・・ヤギなどの畜産業。畜産業の経済に占める比率はGDPの40%、輸出収入の65%に達する。農産品の加工を軸とした小規模な軽工業はGDPの10%に達する。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た強盗

    ソマリアはイスラムを基礎とする国家であり、サウジ、イエメン、イラン、アフガニスタンなどと同様ブラジャーを着用した女性に対し公開鞭打ちが執行されていた。強盗犯に断手刑を執行した事例もある。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た難民

    内戦で経済は壊滅、崩壊状態である。世界最貧国の一つで、平和基金会が発表した失敗国家ランキングでは2008年から2013年まで6年連続で第1位にランク付けされており、国際的に承認された政府が21年ぶりに発足したにも関わらず2014年・2015年も2位に位置付けられた。2013年度のイギリス情報誌のエコノミスト 治安ランキングワースト10では第2位。また、内戦で大量の難民が発生しており、各国からの援助が頼りの状態である。主要輸出品はバナナ、家畜、皮革。主要輸入品は原油、石油製品、食料品、機械類など。地下に石油・ボーキサイトなどを含有する地層が存在するが、未開発である。ソマリア フレッシュアイペディアより)

192件中 31 - 40件表示

「ソマリア」のニューストピックワード