192件中 51 - 60件表示
  • ソマリア

    ソマリアから見たラハンウェイン

    2002年、ラハンウェインがベイ州とバコール州を中心とする地域で、バイドアを首都とする国家「南西ソマリア」(2002年?2006年)として独立宣言。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た南西ソマリア

    2002年、ラハンウェインがベイ州とバコール州を中心とする地域で、バイドアを首都とする国家「南西ソマリア」(2002年?2006年)として独立宣言。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たバナナ

    内戦で経済は壊滅、崩壊状態である。世界最貧国の一つで、平和基金会が発表した失敗国家ランキングでは2008年から2013年まで6年連続で第1位にランク付けされており、国際的に承認された政府が21年ぶりに発足したにも関わらず2014年・2015年も2位に位置付けられた。2013年度のイギリス情報誌のエコノミスト 治安ランキングワースト10では第2位。また、内戦で大量の難民が発生しており、各国からの援助が頼りの状態である。主要輸出品はバナナ、家畜、皮革。主要輸入品は原油、石油製品、食料品、機械類など。地下に石油・ボーキサイトなどを含有する地層が存在するが、未開発である。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た東アフリカ

    ソマリア連邦共和国(ソマリアれんぽうきょうわこく)、通称ソマリアは、東アフリカのアフリカの角と呼ばれる地域を領域とする国家。エチオピア、ケニアと国境を接し、インド洋とアデン湾に面する。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たシェベリ川

    2011年11月、国連は、ベイ川、ベクール川、シェベリ川下流の3地域(ベイ州、バコール州、下部シェベリ州)に対する飢饉地域指定を解除した(国連人道問題調整事務所(OCHA)による)。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たスワヒリ語

    公用語はソマリ語とアラビア語。ソマリ語はソマリ人の国語であり、少数のマイノリティとも同様に、ほぼ全てのソマリ人によって事実上全土で使用され、政府機関やエリート層では欧米系言語が主流であるサブサハラアフリカ諸国の国の中では例外的に、エチオピアのアムハラ語やタンザニアのスワヒリ語と共に非欧米系言語のソマリ語が共通語、作業言語として広く機能している国である。少数派言語は存在し、ソマリア中南部でラハンウェイン氏族によって話されるAf-Maayが挙げられる。なおラハンウェイン氏族が話すのはマイ・テレー(Mai Terreh)という方言という説もある。様々なスワヒリ語(Barawe)もまた沿岸部一帯でアラブ人によって話され、バントゥー語(Jareer)もまた話される。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たイギリス領ソマリランド

    1886年にイギリスが北部をイギリス領ソマリランドとして領有。この頃、南部はイタリアの保護領であった。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たノイシュタット国際文学賞

    1973年のラテン文字の採用後には数年間で多くのソマリ人作家が本を出版し、それらは広範な成功を達成した。ヌルディン・ファラーはそのような人物の内の一人である。『むきだしの針』(1976)や、From a Crooked Rib、Links のような小説は重要な文学的偉業だとみなされ、それらは彼の1998年のノイシュタット国際文学賞受賞作品となった。その他の現代の文学者には、アリ・ジマール・アハメッドの名が挙げられる。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たガローウェ

    現在の国土はソマリア連邦共和国政府が統治する南部と、1998年7月に自治宣言したプントランド(首都ガローウェ、暫定政権との連邦制に肯定的)の北東部、91年に独立宣言した旧英領のソマリランド共和国(首都ハルゲイサ、国際的に未承認、東部に分離の動き)の北部に大きく3分割されている。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たエチオピア

    ソマリア連邦共和国(ソマリアれんぽうきょうわこく)、通称ソマリアは、東アフリカのアフリカの角と呼ばれる地域を領域とする国家。エチオピア、ケニアと国境を接し、インド洋とアデン湾に面する。ソマリア フレッシュアイペディアより)

192件中 51 - 60件表示

「ソマリア」のニューストピックワード