192件中 71 - 80件表示
  • ソマリア

    ソマリアから見たナイジェリア

    1991年6月、北部の旧英国領地域が「ソマリランド共和国」として独立宣言。バーレ元大統領はナイジェリアのラゴスに亡命。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たアムハラ語

    公用語はソマリ語とアラビア語。ソマリ語はソマリ人の国語であり、少数のマイノリティとも同様に、ほぼ全てのソマリ人によって事実上全土で使用され、政府機関やエリート層では欧米系言語が主流であるサブサハラアフリカ諸国の国の中では例外的に、エチオピアのアムハラ語やタンザニアのスワヒリ語と共に非欧米系言語のソマリ語が共通語、作業言語として広く機能している国である。少数派言語は存在し、ソマリア中南部でラハンウェイン氏族によって話されるAf-Maayが挙げられる。なおラハンウェイン氏族が話すのはマイ・テレー(Mai Terreh)という方言という説もある。様々なスワヒリ語(Barawe)もまた沿岸部一帯でアラブ人によって話され、バントゥー語(Jareer)もまた話される。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たアムハラ人

    ソマリアの憲法はイスラーム以外の宗教の普及と伝達を妨げている。この措置は多くがキリスト教徒(特にアムハラ人とその他のエチオピア人)か土着の信仰を奉ずる近隣のアフリカ諸国から、ソマリアとの距離を広げている。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た多国籍軍

    1992年12月、国連PKO部隊、多国籍軍を派遣。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た保護領

    1948年に北部がイギリスの保護領に。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たソマリ人

    ソマリアはおよそ9,832,017人の人口を有し、85%がソマリ人(ハウィエ、イサック、ダロッド、ラハンウェイン、、イッサ族)である。その他の15%は、:en:Benadiri peoplea、:en:Somali Bantu、:en:Bajuni people、:en:Bravanese people、エチオピア人、インド人、パキスタン人、ペルシャ人、イタリア人、イギリス人などとなっている。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た第二次産業

    主産業は、バナナを中心とする農業、ラクダ(飼育数世界1位)・羊・ヤギなどの畜産業。畜産業の経済に占める比率はGDPの40%、輸出収入の65%に達する。農産品の加工を軸とした小規模な軽工業はGDPの10%に達する。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たイタリア語

    多くのソマリ人はアラブのメディアや、宗教教育の遠大な影響によるアラブ世界との緊密な結びつきのため、アラビア語を話す。英語も旧植民地イギリス領ソマリランドであった現ソマリランドで広く用いられ、教えられている。イタリア語はかつて主要言語だったが、現在では内戦と教育の欠如により、流暢に話せるのは老人世代に限られる。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見たハウィエ

    ソマリアはおよそ9,832,017人の人口を有し、85%がソマリ人(ハウィエ、イサック、ダロッド、ラハンウェイン、、イッサ族)である。その他の15%は、:en:Benadiri peoplea、:en:Somali Bantu、:en:Bajuni people、:en:Bravanese people、エチオピア人、インド人、パキスタン人、ペルシャ人、イタリア人、イギリス人などとなっている。ソマリア フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア

    ソマリアから見た宣戦布告

    1993年5月、武力行使を認めた第2次国連ソマリア活動展開。アイディード将軍は国連に対して宣戦布告ソマリア フレッシュアイペディアより)

192件中 71 - 80件表示

「ソマリア」のニューストピックワード