63件中 21 - 30件表示
  • ミツバ (企業)

    ミツバ (企業)から見たソーラーカーソーラーカー

    2002年には、秋田県のワールド・ソーラーカー・ラリーや鈴鹿サーキットで開催されるDream Cupソーラーカーレース鈴鹿に、ソーラーカー用試作DDモーターを投入し好成績を収めた。ミツバ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 木村英樹 (工学者)

    木村英樹 (工学者)から見たソーラーカーソーラーカー

    木村 英樹(きむら ひでき、1964年 - )は、日本の工学者。電気工学、電子工学分野においてエネルギー変換・貯蔵を専門とし、その具現化として太陽エネルギーを利用した高性能ソーラーカーなどの開発で世界トップレベルの業績を有する。一般社団法人日本太陽エネルギー学会理事、公益社団法人応用物理学会代議員などを務め、創エネルギー・省エネルギー・蓄エネルギーの技術に関する啓発活動を推進してきた。木村英樹 (工学者) フレッシュアイペディアより)

  • シューレ大学

    シューレ大学から見たソーラーカーソーラーカー

    学生は、講座と呼ばれ少人数で行われているディスカッションベースの授業を中心に、ソーラーカー、映像製作、演劇など共同で何かをつくっていくグループプロジェクト、個人研究、小説や絵画など個人プロジェクトなどを通して、知る・表現することに取り組んでいる。また、日本で初めて、年間を通じてのフリースクールスタッフ養成コースも開設している。シューレ大学 フレッシュアイペディアより)

  • サレジオ工業高等専門学校

    サレジオ工業高等専門学校から見たソーラーカーソーラーカー

    全国唯一の技術系ミッションスクールとして歴史と伝統を誇る。とりわけ、ビジュアル情報工学科は日本で最初にラテン語辞書を印刷した印刷(工学)科を承継し、多数の著名な同窓生を輩出している。また、国内外のソーラーカーレース、鳥人間コンテスト、ロボットコンテスト等の出場校としても有名。2007年(平成19年)のロボットコンテストではロボコン大賞、特別賞(本田技研工業)を受賞した1。また、2016年春アニメのキズナイーバーの舞台(聖地)となっている。クレジットにはロケハン協力としてサレジオ高専が載っている。サレジオ工業高等専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 三輪自動車

    三輪自動車から見たソーラーカーソーラーカー

    また、ソーラーカーやエコランやワールド・エコノ・ムーブ等の省エネルギーで走行を競う車両にもタイヤが少ないため、転がり抵抗や接地抵抗が少なく、後部の差動歯車を省略できるため、前2輪、後1輪の3輪車の採用例が多い。三輪自動車 フレッシュアイペディアより)

  • サンレーサー

    サンレーサーから見たソーラーカーソーラーカー

    サンレーサー(Sunrayce)は、太陽光を電気に変換して走る競走車タイプのソーラーカーである。サンレーサー フレッシュアイペディアより)

  • 紫紋 (企業)

    紫紋 (企業)から見たソーラーカーソーラーカー

    紫紋はかつて大阪府大東市にあったバイクのカスタムパーツやソーラーカーを製造、販売していたメーカーである。紫紋 (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 酸化銀電池

    酸化銀電池から見たソーラーカーソーラーカー

    反応式は一次電池と同じで充電できる構造になっている。小型で高性能なので深海調査艇やソーラーカー等に用いられた。負極に亜鉛を使用するので充電時にデンドライトが生じる為、内部で短絡する可能性があるため充放電サイクルの回数が少ない。現在はリチウムイオン電池、リチウムポリマー電池の普及により前記の用途も置き換えられている。酸化銀電池 フレッシュアイペディアより)

  • 曇天・プリズム・ソーラーカー

    曇天・プリズム・ソーラーカーから見たソーラーカーソーラーカー

    学生によるソーラーカー開発を題材としている。主人公は不況のさなか勤労に励み進学資金を蓄える一方、同年代の学生はソーラーカーの開発に挑むという、対照的な立場の両者がソーラーカーの開発を通して葛藤、反発しながらも共通の目標に向けて前進する青春群像劇である。またソーラーカーの設定や描写には力を入れており、国際レースでの優勝経験のある東海大学ソーラーカーチームの監督である木村英樹教授から助言を受けるなどリアリティを高めている。曇天・プリズム・ソーラーカー フレッシュアイペディアより)

  • 東海チャレンジャー

    東海チャレンジャーから見たソーラーカーソーラーカー

    東海チャレンジャー (Tokai Challenger) は、日本の東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト・ソーラーカーチーム(略称:東海大学ソーラーカーチーム)が設計・製作したソーラーカーシリーズの車名である。東海大学工学部の木村英樹教授が総監督を務め、Zero to Darwin Projectのチーフエンジニアである池上敦哉(KYBモーターサイクルサスペンション勤務)がテクニカルディレクターを担当した。現在は、パナソニック、東レ、ブリヂストン、ミツバなどの企業とともに産学連携で開発・製作が行われる体制にあり、2009年から2017年の間に5台が開発された。2009年に1号車が開発され、2011年に2号車、2013年に4輪の3号車がデビューした。2009年と2011年には、オーストラリア大陸3,000km縦断ソーラーカーレースであるワールド・ソーラー・チャレンジに出場し、それぞれで優勝し2連覇を達成した。また、2010年と2012年には、南アフリカ共和国で開催されたFIA公認のソーラーチャレンジ大会でも2連覇を成し遂げた。2013年にはワールド・ソーラー・チャレンジのレギュレーション変更に合わせた4輪ソーラーカーが開発され、同大会で2位となった。2015年のワールド・ソーラー・チャレンジでは日本勢としては最高の3位に入賞した。30周年記念大会となった2017年は太陽電池面積が4m2に削減される中で、単胴(モノハル)型のモデルを投入し総合4位になるなど、国内外のレースで上位に入賞している。東海チャレンジャー フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示

「ソーラーカー」のニューストピックワード